<   2010年 09月 ( 34 )   > この月の画像一覧

 2010年9月29日(水)

 午前中は毎年恒例となっている、大阪社保協の対市交渉に参加しました。

 朝のうち、市民の方からの相談が入り、途中からの参加となったため前半はよく解りませんでしたが、国保料が高くて負担が重いこと、広域化の問題で住民にどんなメリットがあるのか、生活保護の計算方法がわかる資料を渡さないのか、保護受給者が病院に通院する際の移送費は保護費で認められているのに何故、パンフレットや栞に載せないのか、子どもの医療費の所得制限をはずして欲しい(担当者が昨日の市長答弁を報告)、医療費助成を中学まで拡充して欲しい、就学援助についてなどなど幅広い質問で2時間しっかり要望されていました。

 国保広域化については、大阪全体で800億円も各自治体の一般財源から繰入をしており、これを止めると言っているのだから確実に保険料が上がる。高い水準での統一保険料では困る。広域化をして病院に行かなくなるということはない、ガンにならないということではない、広域にすれば国が補助金を増やすという話も聞かない。一体何が市民にとってメリットだといえるのか、と手厳しい質問が飛びました。

 また、広域化すれば大きな自治体に飲み込まれ小さな自治体の意見は届かない。大阪市や堺市・東大阪などの赤字額はとても大きくこれらを小さな自治体が被ることになる…どこが良いのかと指摘。

 就学援助金が学校に直接支払われること、初回支払いが7月なので入学時の制服代など指定業者には7月まで待ってもらえることは初めて聞き、これらの内容を入学時・申請時に伝えているのだろうかと疑問を感じました。知らずに借金してまで支払っているということはないのだろうか…。

 昨年度所得で対象になるかどうかを判断しているが突然の失業などには直近の実態に合わせ対応していると頑張っているところもあるのだとの答がありました。

 しかし、最近まで所得制限をしていなかったのに生保基準の1.1倍~1.2倍などの制限を持ち始めたなどは後退している部分ですが…。窓口は学校だけでなく教育委員会でも受け付けるとの答弁は、ここは頑張ってくれているとホッとした部分です。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2010-09-30 00:42 | 福祉・社会保障
 2010年9月29日(水)晴れ

 一般質問では他会派と同じような質問になることがままあります。

 今回は児童虐待の質問が多かったようです。6月議会でも我が党が提出した意見書が採択されたところですが、児童虐待の被害は増え続けており、表面的な対策だけでなく親としての育ちを支援することも重要です。資格がなくても親にはなれます。核家族化で、親から子へ、子から孫へと育ちあいの継承がなくなりどう育てたらよいのか解らない母親が、父親が増えているのかもしれません。

 私たちは、母に教わり、保母さんに学び、親同士のネットワークで学習をしながら試行錯誤しながらそれぞれの子育てをしてきましたが、集団遊びをせずに競争の社会に育ってきた世代には人付き合いの仕方も弱まっているのかもしれません。

 垣田議員の「母子手帳とは別に子どもが成人するまで記録できる家族手帳のようなものを作ってはどうか」との質問に対し、市長は「こども手当てとの関係でエンゼル祝い金のあり方を見直す予定で、その中で親子の育ちの手帳的なものを来年度から実施できるよう検討したい」と答えました。

 さて、もうひとつ質問がダブったのは「子どもの医療費(乳幼児医療費)の助成制度」です。今年7月から就学前まで医療費助成が拡大されましたが、同時に所得制限を設けてしまい、多くのお母さん方から所得制限を何故設けたのかと苦情が寄せられていました。予算編成のとき、市長は出来るだけ早いうちに無くしたいと答弁されていましたが、今回の質問の中で来年7月から所得制限をなくしたいと答弁されました。

 予算編成のときは全国平均並みに年齢の引上げについても、「どちらかから先にではなく、同時に行いたい」と言っておられましたが、年齢引き上げについては財政的理由で、学校耐震化を優先するとの答えでした。

 しかし、平成21年度も8億の黒字で9年連続黒字が続いていること35億円の基金積み立てに至っていることを考えれば、実施できないはずはありません。子どもの医療については、就学前が最も医者にかかりやすい年代であり、年齢が上がるごとに受診が少なくなっています。単純に2倍3倍の予算とはならないはずです。

 医療費助成の充実している自治体に転入する若者世帯が多いといわれており、少子化対策が充実するほど出生率も高くなっています。これは生きた税金の使い方だと思うのですが…。

 できるだけ早く医療費助成の拡大を望みたいですね。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2010-09-29 23:24 | 議会報告
 2010年9月28日(火)曇り

 最終本会議でした。今日は昨日の続きで一般質問が8人。その最後に自民議員の質問という形で倉田市長の5選出馬表明がありました。

 来年のいっせい地方選挙にあらためて市長選挙に挑戦するということです。ご自身は現在の4期が市長としての集大成だとしておられたようですが、後援会の後押しもあり正式に出馬するとの表明がありました。

 また、自民・公明の共同で、市議会議員の定数を1名削減するという提案があり、民主市民連合からは、これまでのように10%の削減をすべきと2名削減の修正案が出ました。

 私たち、日本共産党議員団は、定数削減と経費削減を同列で見てはいけない。議員は市民から選ばれ市民の声を議会に反映させる役割、市民要求実現のための政策提言、さらには首長の専横をさせないようチェックする役割があり、定数を削減することは市民要求をつなぐパイプを弱くすることであり、首長の専横を強めることになる。経費削減というなら議員報酬を削減しても、民意をつなぐ定数は削減すべきではないと主張しました。

 市長自身が出馬表明で言われたように、池田の財政は、行革で市民や職員に犠牲を強いながら、9年連続の黒字を生み、30億円を越える基金を積み立ててきました。財政がないとはいえません。経費を節減することはもちろん大事ですが、市民の声を届けるという市民自身の権利を失ってまで定数を減らす必要はない、少数意見を反映させるという民主主義すら自ら削減することになると反対しました。

 さらに、2年前女性の会から4名削減の陳情が出された時、全員が議会の権能を主張し、4つの委員会運営も現状ではギリギリの限界まで来ていることを全会派が主張し、否決してきたことと矛盾することも指摘しました。

 結局、民主党は修正案を否決され退場。自民・公明の賛成で1名削減案が可決しました。

 ところが、このすぐあとにオーストラリアのローンセストン市へ周年事業に参加するため、議長以外に自民2名、民主2名、公明1名が税金を使って参加することが報告され議場は騒然となりました。

 だって、一方で経費削減のため、自ら身を切ると言って市民の議会へのパイプをカットしておきながら、自分たちは税金を使って海外旅行(?)するのですから…。(1週間も周年事業はありません)

 私たち共産党は、姉妹都市への周年事業への参加は相手市に礼を失しないよう議長と随行者だけでよいのではないか、行きたいのであれば市民同様自費で参加すべきだとして参加を辞退したところです。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2010-09-29 00:44 | 議会報告
 2010年9月27日(月)

 市民から出された請願についての討論も行われました。

 幼稚園や小中学校に緊急にクーラー設置を求める請願について我が党は、この夏の「異常高温」のなかに子どもたちをおく訳にはいかない、一刻も早くクーラー設置を求めるのは当然であり教育振興基金を取り崩してでも採択すべきであると賛成しましたが、必要性を認めながら、財政が無いとして自民・民主・公明が反対しました。

 「涼しくなっているのに緊急とはおかしい、緊急とは5分以内のことだ」などと請願の内容ではなく言葉尻を捉え妙な理屈を言う議員もいたのには唖然。

 子宮頸がんワクチンの無料定期接種化を求める請願に対しても、我が党は、20代の女性で最も発症率の高いガンだけれど唯一ワクチン接種で防げるガンであり、命を守るために採択すべきだと賛成。

 ところが、自民同友会が、「市長が来年約束しているから採択は必要ない」と反対討論をしたのには驚きでした。議会に採択を求められているのに議員としての意見を述べず市長にお任せでは、それこそ2元代表制の意味がありません。市長も一部助成を約束して応援しようとしているのだから、何故議員としても市民の要求に応えようとしないのか不思議です。

 ヒブワクチンの接種助成にいたっては、当然我が党は賛成討論を行いましたが、他会派は反対討論すら行わず、市民の声に背を向けてしまいました。

 今度総務相に就任した片山氏は、鳥取県知事になった時に与党議員に対し、「自分が間違っていたら与党だからと遠慮せずはっきり指摘してくれるよう」に伝えたそうです。「人間誰だって間違った判断をするときがある。間違いを正して恥ずかしくない知事にしてもらいたい」と言われたそうで、この話を聞いたとき大した人だと思ったものです。

 『市民のために』の思いは、市長・市職員であっても、議員であっても、立場や考え方が違えど同じです。意見を交わしながら何が最も市民のためになるのかをそれぞれが判断すべきだと思いますが…。池田では与党なら何でも賛成という考えがあるようです。チェック機能はどこで果たすのでしょうか?
[PR]
by michiko_fujiwara | 2010-09-28 01:10 | 議会報告
 2010年9月27日(月)曇りのち雨

 今日は本会議でした。午前中は議案に対する常任委員会での審査報告と討論。

 市税条例は、こども手当てや高校授業料無償化の財源として15歳以下の年少扶養控除の廃止、16歳~18歳の特定扶養控除上乗せ分の廃止を含むものであり、庶民大増税です。一方で平成24年~26年の間に100万円以下の上場株式を買えば向こう10年間は非課税の制度を創設するなど、庶民増税を課しておきながら株式を買える人には税を負けてやるわけですから、我が党は当然反対を致しました。

 賛成討論は公明党がおこない、自民も民主も賛成しました。国会では自民・公明は反対しているのですが、池田ではオール与党ですから、市の提案に反対したことはありません。

 働く婦人の家条例の廃止は、利用者の減少と、男女共同参画事業の中で新たな事業展開を検討するとのことですが、その肝心な男女共同参画の受け皿は何の具体化もありません。市の中の位置づけも、当初は男女共同参画課がありましたが、その後、人権課の中の一担当部署になり、今では担当らしき位置づけにもなっていません。年間900万円の運営経費に対する補助金カットが目的としか思えず、男女間格差が根強く残っている段階で、受け皿の男女共同参画の事業計画も無いまま一方的な廃止は認められないと反対しました。

 もう一つは、大阪府広域水道企業団の立ち上げに関する条例提案ですが、何故府営水道を廃止して企業団設立が必要なのかの根拠が無く、府職員の身分についても変わる可能性があり労組との合意が出来ていないこと、実際に府営水道を廃止することが府議会でまだ何も決まっていない段階で議論するのはおかしいといった理由を挙げ反対したところです。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2010-09-28 00:13 | 議会報告
 2010年9月26日(日)晴れ

 今日は清掃デーで、自治会で割り当てられた場所の草引きを行いました。夏の異常高温は街路樹や低木にも影響を与え、歩道の植木スペースは枯れ木になっているところ、雑草だけになってしまったところなどがありました。…しかし雑草は強い、どんな場所でもしっかり根を張り引っこ抜くのに一仕事でした。

 空き缶も投げ入れてあり通行人や車に乗車する人の、モラルが問われます。

 みんなでやれば、雑草との対決も短時間で終わり、自宅の草引もみんなで順番に回ろうかなどと冗談も…。
しかし、明日は本会議ですので、反対討論と、一般質問の準備で精一杯。自宅は後日に致しましょう。

 一般質問も何とか一通り書いてみましたが、20分の質問時間に収まらず、あれを削り、これを削り…。早口でいけるかな~などと悩んでおります。

 反対討論は、委員会と逆にして私が「働く婦人の家」廃止条例に対する反対討論を行います。市税条例の一部改正は山元議員に任せます。

 また、白石議員が広域水道企業団の設立について討論します。難波議員は幼稚園・小中学校へのクーラー設置を求める請願に賛成討論。垣田議員は、子宮頸がんワクチン接種に対する公費助成と細菌性髄膜炎の原因菌・ヒブに対するワクチン接種助成についての請願に賛成討論する予定です。

 是非傍聴にお越しください。
 
[PR]
by michiko_fujiwara | 2010-09-27 00:15
 2010年9月25日(土)曇り

 酷暑から急激に秋がやってきたという感じでしょうか。太陽が隠れると少し寒いぐらいです。

 イチローが10年連続200本安打、すごいですね~。淡々と記録をつくって今日も安打が続いているなんて。すでに日米通算3500安打を超えているそうですが、本当に「心技体」が整ってなければ続けられるものではありません。自己管理がここまで出来るなんて驚きです。

 張本勲さんが、日本でだったらこんなとてつもない記録は生まれなかったかもしれないといわれたそうですが、逆じゃないのと思ったら、日本なら勝負を避けるだろうと聞いて納得!大リーグの場合は投手に自信があるのか、大抵向かってくるし、コントロールも甘くイチローには打ちやすいのだそうです。

 大相撲では白鵬が60連勝と昭和以降では双葉山(私は名前しか知りませんが)以来2人目だそうでその69連勝もおそらく抜くだろうといわれており、大したものです。一日も負けることなく勝ち続ける集中力はすごい。しかし倒せる日本人力士はいないのかね~。 
[PR]
by michiko_fujiwara | 2010-09-25 23:54
 2010年9月24日(金)曇り
                                     
 毎朝楽しみに観てきた「ゲゲゲの女房」がついに明日最終回を迎えます。
                                 c0133422_23524994.jpg
 なぜかNHKではなく4チャンネルで特集をしていました。私は途中からしか見ていませんので、境港の「水木しげるロード」の成り立ちの部分しか観ていませんが、この部分がちょうど2007年に厚生常任委員会で視察に行った時(2007年10月26日付ブログ参照)の職員の方からの説明と同じでしたのでつい現場の映像を懐かしく観てしまいました。

 今年は朝ドラのおかげで、約800メートルの水木ロード(お化けロード)に1日7万人の観光客が押し寄せ、すでに250万人の来訪者を得ているとのことですが、当時(07年)は8月末で100万人を超えたときき「すごい!」と思ったものです。今年は倍以上ですね。TVの影響はすごい!

 聞けば、いまは隠岐諸島にも水木ロードが出来つつあるそうです。私たちは水木電車に乗りましたが、隠岐へ渡るフェリーにも水木マンガが描かれているとか…フェリーなので巨大な絵が必要で費用の面も絵を描くのも大変だったようです。

 ドラマは、これでもかというほど貧しい暮らしから、やっと売れ始めても紆余曲折ありましたが、水木プロダクションを立ち上げて20周年を迎え、支えられた多くの人たちに感謝をと謝恩会を開きます。

 謝恩会では、今は独立したアシスタントや、貸本マンガの時代から水木茂のマンガの素晴らしさを見抜いて支えてきた同僚や出版社の人たち等々この間の出演者総出(商店街の人たちは翌日家に)で、さながら舞台でのフィナーレのごとくでした。実際ドラマのフィナーレというところでしょう。

 参加者からの祝いの言葉は水木しげるだけでなく、夫を支え続けてきた妻・芙美枝にかけられ、それを見守る家族たちの暖かいまなざしが、そうだこのドラマの主人公は「ゲゲゲの女房」だったと思わせられるのです。

 な~んて、こんなに一生懸命朝のドラマを見たのは久しぶりで、半年間があっという間でした。明日で終わりだと思うと淋しいですね。
[PR]
 2010年9月23日(木)雨のち曇り

 久しぶりの雨、大雨洪水警報の割にはそれほどでもなく涼を呼ぶ雨でした。

 しかし、楽しみにしていた北豊島子ども会の運動会は中止に。考えてみれば昨年は前日の雨でグランドが心配でした。雨の降りやすい時期なのでしょうか。

 これからは台風シーズン。夏の熱帯夜続きで台風の発生が多いそうです。適度な雨は必要ですが、台風は避けたいですね。

 今日は27日の本会議に向けて討論の準備をと思いましたが、運動会の中止を聞いて転寝をしたのが悪かったのか頭痛が…。バファリンがあまり効きません。集中力に欠けるため中止です。また明日頑張ろう!
[PR]
by michiko_fujiwara | 2010-09-24 00:08
 2010年9月22日(水)晴れ時々曇り

 虫の音が聞こえ朝夕は涼しくなってきましたが、まだまだ昼間は暑い日が続いています。

 いつもこの時期、夫の田舎・丹後の姉から丹後梨(二十世紀)と、千葉の従妹からもビッグサイズの梨(豊水)が届き、収穫の秋・食欲の秋…を感じる季節ですが、異常気象は果物にも大きな影響を与えていたようです。

 丹後に電話を入れると、猛暑が続いて水分が足りないのか大きくならず小粒である上に、二十世紀のみずみずしさがなく、産地では困っている様子でした。

 千葉では、春先に雪が降るという思わぬ出来事に梨の花がやられてしまったとか、結局今年は実がつかず別の出荷元から送られてきました。一番大きなサイズをと指定したようですが、こちらも大きなサイズが不足している様です。

 果物も熱中症でしょうか026.gif

 今日は22日ですが、15夜、中秋の名月だそうです。空を見上げましたが、雲の合間から見え隠れする満月(?)をみました。

 一年には「春夏秋冬」の四季がありますが、旧暦では3ヶ月毎に季節が変わり、「1~3月」は春、「4~6月」は夏、「7~9月」は秋、「10~12月」は冬とされていました。これで行くと8月が秋の真ん中で「中秋」となるのだそうです。

 旧暦は太陰暦の一種ですから日付はそのときの月齢に対応します。月の半ばである15日はだいたいにおいて満月になりますから、「十五夜の月」 = 「満月」と考えられるようになりました。

 したがって、旧暦の8月15日が「中秋の満月」となります。ちなみに八月十五日と書いて「なかあき」さんと呼ぶ方がおられるそうですがちょっと読めませんね。

 しかし何故9月22日が中秋の名月なのかですが、新月から満月までの平均日数は、約 14.76日であるとか、月の軌道が円でないなど、実際の満月は旧暦15日より遅れる傾向があるそうです。

 そのため、2008年 9/14 、2009年 10/3 、 2010年 9/22 、2011年 9/12 、2012年 9/30 が中秋の名月なんだそうです。

 う~ん よくわからん042.gif
[PR]