<   2010年 01月 ( 34 )   > この月の画像一覧

 2010年1月31日(日)雨のち曇り

 NHKスペシャル、今日は無縁社会というテーマで無縁死・孤独死を取り上げていました。

 東京の水上警察は毎日のように身元不明の遺体を収容するそうです。社会から切り離された無縁死が1年間に3万2千人。単身者が多く、3万2千人の内身元不明が年間1,000人に及ぶとのこと。

 無縁死は「行旅死亡人」と呼ばれ、官報に掲載し遺体の引取りを親族に知らせるのだそうです。

 百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によりますと、「行旅死亡人とは飢え、寒さ、病気、もしくは自殺や他殺と推定される原因で、本人の氏名または本籍地・住所などが判明せず、かつ遺体の引き取り手が存在しない死者を指すもので、行き倒れている人の身分を表す法律上の呼称でもある」と書かれています。

 ある男性は、自宅の居間で亡くなったにもかかわらず、「氏名不詳」となっていました。本名を隠して賃貸契約を結んでいたんですね。こたつに入りテーブルにうつ伏せたまま、1週間以上誰も気付かなかったそうです。55歳、かつてはタクシーの運転手だったとか。

 非正規雇用の増加、団塊世代の退社と今後ますます社会とのつながりを失った人たちが増え、今も置き去りにされたまま死を迎える人が増加しているとのことでした。

 番組では、京都に子どもを残して東京に働きに出た人が、ある日残してきた娘がなくなったという知らせを聞いて部屋にこもってしまい、それを心配して屋根伝いにのぞきに着てくれた隣の子ども2人に心を癒され、それ以来家族同様の付き合いをすることになった自称・木下敬二(第2の人生は人に敬われて生きたいとの願いを込め)さんの東京での生活を取り上げ、無縁社会の広がりからの転換のきっかけがこうした人と人とのつながりにあることを示唆していました。

 独居高齢者の取り組みは行政でも色々取り組みがありますが、高齢者でなくても社会とのつながりをなくした人たちが増えていることに目を向ける必要がありますね。

 安心して老いることが出来ない、安心して死ぬことが出来ない…今の日本の現状を垣間見た気がしました。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2010-01-31 22:58

 2010年1月30日(土)晴れ

 大阪府後期高齢者医療広域連合は、後期高齢者医療制度の適正かつ円滑な運営のため、被保険者、医療関係者、有識者等から幅広い意見を伺う場として、「大阪府後期高齢者医療懇談会」を設置しています。  

 1月26日に、その大阪府後期高齢者医療懇談会が開催され、平成22・23年度保険料最終案が出され、昨年11月17日の広域連合議会で明らかとなった試算よりも値上げ幅が圧縮され、保険料は5%の伸びになったと報告されました。

それは、
 ①当初年3.7%の医療給付の伸びで試算していたが2.4%にして試算した。
 ②当初剰余金は0と考えていたが、調整交付金の増額があり、1,786,935,239円の剰余金が出ることとなり、全額投入する。
 ③財政安定化基金(国1:府1:広域連合1の財政負担)を取り崩し36億8462万円投入する。
の3つにより抑制されたとしました。

 その結果、保険料は平均1人年額104,667円、軽減措置後は80,728円になるもよう。最終的には2月の広域連合議会で審議採択の結果決まります。

 懇談会では、委員から「民主党は制度をやめるけど、4年待ってくれ、新しい制度にするからといっているが、保険料があがることに対しては国はなんのお金もおろしてこないのか」との声があがったそうです。

 この問題については、28日の参院厚生労働委員会で日本共産党の小池晃議員が「2重の公約違反だ」と追求しました。

 昨年、各広域連合宛の10月26日付事務連絡には「保険料値上げ抑制のための措置」を指示しており、そこには国庫補助を行うことも書かれていました。

 小池議員は「国会で答弁し、自治体にも通知していた国庫補助すら行わなかった」と追及しました。さらに、「(後期高齢者医療制度を)すぐ廃止するといったこともやらず、廃止するまでの間は痛みを抑える措置をとるといったこともやらない。国民に対して2重の裏切りだ」と厳しく批判しています。

 また懇談会では、「大阪府後期高齢者医療懇談会」が「大阪府高齢者医療懇談会」と名称変更するとの提案があったようですが、「新制度をつくるという国の動きに府民の声をいかに出していくのか、懇談会の開催日程では間に合わないのではないか」との積極的な意見も出されていたようです。

 新制度については、「後期高齢者から高齢者ということになれば65歳という年齢がでてくる。でも後期高齢者を抱え込むということになれば、新制度での保険料負担はまた高くなるのではないか」という声もあがっていたそうで、民主党が進めようとしている新制度が決して高齢者を救う事にはならないような様相です。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2010-01-31 00:07 | 福祉・社会保障

 2010年1月29日(金)晴れ
                                     c0133422_0241748.jpg
 園芸高校跡地についての構想は新しいまちづくりのようです。

 まず、池田・石橋の中間に新しい駅をつくります。これは阪急と協議中とのこと。根回しの良いことです。城南にある府営住宅を園芸高校のテニスコート跡地に建て替え、府営住宅跡地は新駅の駅前広場・ロータリーとするようですから、そのあたりが駅になるのでしょう。

 高校の跡地には、北豊島小学校と、北豊島中学校の小中一貫校とすること。1区画45坪程度の低層戸建住宅地100戸の計画。北豊島中学校の跡地にも同様の住宅70戸の計画となっています。

 その他障がい者支援施設、子育て支援施設、医療健康増進施設、R171号線沿いには大規模店舗、ショッピングモール…。便利な反面、池田石橋の商店街にとっては脅威となるかも。交通渋滞・交通事故、犯罪などの危険度もアップする可能性があります。

 一見カッコいいまちづくり構想です。

 大阪府にはこの構想で70億円差益が出るのだと試算していますが(土地の値段が正しいとして)、池田市にとってはどうなるのか、小中一貫校とする2haの土地購入費は?障害施設ゾーン、子育てゾーン、医療ゾーンの土地建物は?公園用地は?新駅の市の負担は? 池田では6~7,000戸も住宅があまっているそうですが、厳しい経済状況のもとで170戸の住宅が子育て世代に予定通り売れるのか?

 池田市の財政が厳しいと、あれこれ福祉予算がカットされたりしている中で、市民にとってこの構想が必要なのかどうか、そのことで市民への負担増につながるようなことはないのかなどなど、まだまだ解らないことも沢山あります。

 完成されたものが貼り付けられるわけではなく、12年かけた構想ですから出来上がるまでに紆余曲折あるでしょうし、挫折したらどうなるのでしょうね。借金だけが残ったら大変です。

 大阪府がこの構想に乗ってくるかどうかが問題ですが…。高校のOB会は移転に反対との声も聞きますがどうなるのでしょうね。市民の皆さんの率直な声を沢山たくさん聞く必要がありますね。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2010-01-29 23:17

 2010年1月28日(木)雨のち曇り

 大阪府に提出するための「大阪府立園芸高校移転構想」・「府立園芸高校誘致移転に伴う“まちづくり”構想」がプロジェクトチームにより作成されました。

 提案の一つは小中一貫構想をすすめること。伏尾台小学校と細河小学校を統合し、細河中学校との小中一貫が一つ。もう一つは北豊島小学校と北豊島中学校の小中一貫構想です。

 高校のほうは、園芸高校と池田北高校を再編し、農業に関する学科の他に音楽科と園芸療法を取り入れた福祉ボランティア科、多国間交流を見据えて中国語コースを設置し、専門高校とする構想。
 ついでに、普通科高校としては市内にある池田高校を進学校、渋谷高校に英語科をつくり4つの府立高校を3つに再編する構想です。…要望とはいえ府立高校の内容まで池田市が決める?

 校舎は既存の池田北高校の校舎とグラウンドを利用。実習農場と研究棟は細河地区(東山)に13haの新規用地を取得し(95%の地権者が売却に同意済み?…下準備のいいこと)シャトルバスで移動する構想です。

 通勤・通学は、千里中央駅から箕面新町ルート(22分)、石橋駅から阪神高速を利用したルート(10分)他、通常の路線バスのルートなどシャトルバスを走らせるようです。その費用のうち年間2500万円を池田市が負担するんだそうです。

 市民の国保料の負担軽減には財政が厳しいので増額は考えられないということでしたが、市民以外の生徒たちも利用するバスのためには2500万円出せるのですね。それなら阪急バスが減便した南部ルートにバスを走らせて欲しい?

 細河地域は園芸高校の移転誘致により、農園芸の発展や世代間交流の推進が見込まれるとしていますが、この点に関しては、園芸高校から反論があったように思います。高校は大学と違い研究機関ではなく、地域の活性化に取り組むには大きな限界がある。学校にとっても移転のメリットはないと反対の表明がありましたが(09年10月2日付ブログ参照)…。

 流入人口の増加を図るため、都市近郊型の観光拠点として整備する。農場用地周辺を植木園・貸農園・収穫体験ゾーンとする。木部インター周辺の細河地域南部は流通ゾーンとする。源氏ほたるの生育環境の整備、休耕田はバイオマス事業を…と描かれていますが、園芸高校に関係なく実施できるのでは?

 などなどです。北豊島地域(園芸跡地)については次回に紹介します。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2010-01-29 01:09 | 議員活動

 2010年1月27日(水)晴れ
c0133422_1144142.jpg                             今、石橋地区で浸水対策のための地下貯留施設として「石橋第1増補幹線築造工事が行われています。

 住吉神社近くから住吉交差点を左折しR171号線を西に進み、次の住吉西交差点でさらに左折、中国自動車道を越えて中央環状線速度までの距離825mの地下を、c0133422_1152811.jpgトンネル状に大型のシールドマシン(機械モグラ)が掘り進みます。 土砂はトロッコのような箱車に積み込んで入り口まで運びクレーンで吊り上げ、外へ運び出します。

 掘った後はセグメントという管の外周の壁となるものを組み合わせ貼り付けてトンネル状にしていきます。
                                        c0133422_118770.jpg
 現在全長825mのうち722mまで掘り進み、ちょうど中国自動車道のあたりまで出来上がっていました。ほとんど機械が作業しますので、作業員は先端部分でセグメントを設置する人、土砂をトロッコに載せる部分、降ろしてクレーンに吊り上げる部分など少人数で済んでいるそうです。

 今日は議員視察のため作業はお休みです。       
                                   
c0133422_119996.jpg
 しばらく穴の中にいるとセメントっぽい臭いの中で何となく息苦しくなりそうな気分です。長期間作業していると何らかの職業病になるんじゃないかと思いました。掘り進むと中でお弁当を食べるそうですから、気をつけていただきたいものです。
                                  
 最初に全容についての説明があり、注意事項を受けてヘルメットとジャンバー、c0133422_1212525.jpg手袋を借りて、さあ地下にもぐります。まず、組み立てられた長い作業階段を下ります。高所恐怖症の方は上から下まで見えますのでとても耐えられないでしょうね。狭いですから横幅も大きい方はちょっと…。私たちは何とか通れて良かった~!
                                   
 線路に沿って案内していただきました。「ここから171号線に入ります」 「このあたりが十二神社です」と説明があり、c0133422_122483.jpg壁にそれらの写真が貼ってありました。 

 先端まで行くとシールドマシンを動かすコンピューターが設置してありその先にマシンがありました。セグメントを貼り付ける作業を見せていただきました。    
                                    
 大雨が降り水路が溢れると取水孔からこの増補幹線に流れ込むことになります。c0133422_1224395.jpg1000mで3mの傾斜がついているそうですから、 その水が空港のほうへ流れ最終的には猪名川に放流されるそうです。

 以前黒部ダムの映画を見ましたがトンネルを掘る作業も人の手から機械化で随分簡単になってきたものだな(規模は全く違いますが)と思います。こんな機械を持っているとあちこち掘りたくなるんでしょうね。

 今日は比較的暖かく、市役所から自転車で現地まで行くのに汗をかき、地下にもぐり700m往復すると結構暑くここでも汗をかき、少し痩せたでしょうか? あにはからんや、控室に帰ってジュースとイチゴ大福で元通り…?

 
[PR]
by michiko_fujiwara | 2010-01-28 01:28 | 議員活動

就職未内定者を臨時雇用

 2010年1月26日(火)曇り

 豊中市が就職の決まっていない高卒、大卒の卒業生20人を臨時職員として1年間雇用するとした就職支援策を発表しました。市役所の仕事を体験させ職業観を育て、市職員を目指してほしいとのこと。

 市職員を目指してほしいのなら、1年の臨時雇用ではなく正規の職員として雇用すれば良いのにと思いますが、次の就職が決まるまでの支援策としては一定の対策といえるかもしれません。

 日給7500円で通常の有給休暇とは別に就職活動のための「就職支援特別休暇」(無給)を年10日間与えるそうです。豊中市民でなくても応募できるとのことです。詳しくは市のホームページをご覧下さい。

 募集期間は2月1日~10日迄だそうですから希望される方は遅れないように。

 摂津市では面接の心構えや履歴書の書き方など実践練習も含めた講座を開いて就職支援するそうです。

 池田市も、支援策が必要ですね。

 基本的には、企業が正社員を非正規社員に置き換えるようなリストラを奨励してきたことにあります。ここ1~2年利益が減少したとしても10年間で200兆円から400兆円にまで内部留保金として溜め込んできたのですから、政府はそれを還元させ社会的責任を取らせるべく企業に申し入れることが必要ではないでしょうか。

 労働法制の抜本的な改正が急がれます。

 
[PR]
by michiko_fujiwara | 2010-01-26 23:48

 2010年1月25日(月)曇り一時雨
                                    c0133422_021288.jpg
 先週末、1冊の本を預かりました。中村勝さんという方が「私のレール」(文芸社)という自分史を書かれ、国会図書館に永久保存されているそうです。

 何かの番組で国会図書館のことが紹介されていたそうで、国が選んだ本が約5万冊あるそうですがそれらはみんな永久保存版とのこと。

 それを聞いて、自分の本がその中の1冊なんだという喜びをかみ締め、手元にある本を知人に送っておられます。読み終わったら本が好きな方に差し上げてくださいと手紙が添えられていたそうです。

 その1冊を受け取られた方が、是非池田市立図書館に寄贈したいと申し出られました。早速担当課に相談しましたら、石橋プラザに置いて頂くことになりました。図書館には既に1冊あったそうです。

 九州・三池から大阪に出て世話になった恩人であっても莫大な利益を上げている社長の手先になるより労働者の味方になることが悔いを残さない人生だと組合に入り、社長には別の形で恩返しをしたいとと心で手を合わせながら自分らしく生きてきたのだという自らの歩みを本に残されたとのこと。

 作者の中村さんは現在病気療養中のようですが、何人かに川柳を教えておられるそうです。郵便で添削指導されている様ですが、書かれた本も川柳をおりまぜたものになっているそうです。

 石橋プラザに行かれたら手にとって見てください。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2010-01-26 00:03

沖縄は基地ノーです!!

 2010年1月24日(日)晴れ
                                   c0133422_23371697.jpg
 名護市長選は日本共産党が推薦する稲嶺ススム候補が勝ったようです。

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設受け入れの是非が大きな争点でした。移設に反対する稲嶺さんが、条件付きで容認する現職の島袋吉和氏(自民・公明支持)を破ったと沖縄から大阪に電話があったそうです。そのあとニュースを見ると開票はまだでしたが当確が出ていました(先ほど当選)。これで沖縄の意志がはっきり示されました。

 鳩山首相は名護市長選の結果が移設先の検討に影響すると言っており、辺野古移設は事実上難しくなったといわざるを得ません。
 しかし、米国は現行計画の履行を強く求めており、日本側が新たな移設先を提示しても、合意に至る見通しは乏しいとも言われています。

 アメリカに強奪された土地は県民に返せといってこそ日本の首相です。アメリカに守られるどころか、基地のもとで虫けらのように扱われ命まで奪われてきたのが実態です。

 鳩山首相が沖縄県民の立場に立って米国に立ち向かえるかどうかが問われます。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2010-01-24 23:42

 2010年1月23日(土)晴れ時々曇り
                                   
 後援会と一緒に「池田新春の集い」が開かれました。会場一杯の参加者で「今年は日本共産党の躍進の年に」と熱気ムンムンでした。
                                   c0133422_0281369.jpg

 後援会長の挨拶の後、前進座の俳優・藤井偉策さんが国立文楽劇場で2月14日に行われる「山椒大夫」の宣伝に来られ、その内容と唄を一節謳われました。さすが俳優さんで会場の隅まで朗々とした声が響きました。

 「1月3日の京都・南座の公演を観にいきましたよ」と言いますと「瓦版売りと、駕籠かきを演じていました」とのことでした。早速帰ってパンフレットを開いてみるとちゃんと載っていました。でもパンフの写真と随分雰囲気が違ってカッコいい若者でした。山椒大夫観にいかれる方はチケットを預かりましたので是非ご一報下さい。

 山元議員は25回党大会で、清水さんを先頭に大阪がとても元気だったとの報告をしました(詳しくは山元議員のブログをご覧下さい)。来賓の挨拶、代議員の挨拶などから情勢の変化を大いに感じたとの感想が述べられました。
                                   c0133422_0292840.jpg
 堀田文一府議は、空港問題や園芸高校移転問題など池田市民にとって関心のある問題について橋下知事の態度、府教委の微妙な変化について報告。

 ドイツのコンクールにも参加したというハーモニカ演奏、うたごえ、南京玉簾、太鼓演奏などなど特技の披露もあり楽しいひと時でしたが、なんといってもやんやの喝采はご存知われらが「清水ただし」さん。c0133422_0303343.jpg
 ねじり鉢巻・ハッピ姿に憲法9条の前掛けで登場です。 

 「今日1月23日は何の日かご存知ですか?…と気を持たせ…1月23日に生まれた方の誕生日です」と笑わせながら、しかし「今日も明日も新たに75才になる高齢者が毎日後期高齢者医療制度に追い込まれているんです」と一日も早い廃止を訴えます。

c0133422_0324066.jpg 政治とカネの問題では、時代劇をなぞらえ「越前屋、おぬしも悪よのう…いえいえお代官様ほどでは…」「今で言えば越前屋は西松建設であり水沢建設など大企業である」とつなぎます。この調子で25回党大会でも清水ワールドを繰り広げてきたそうです。志位さんも小池さんも転げんばかりに笑っておられた由。
                                   
 このエンターティナーを是非、c0133422_033367.jpgダイエー前で市民のみなさんに紹介したいと思いました。  きっとスーパー前で「私はスーパースター」とやるでしょう。

 バナナの叩き売りは高額で買ってくれるお客さんが出ましたよ。
 新春の集いならではの催しとなりました。 

c0133422_0332942.jpg
c0133422_0485664.jpg
[PR]
by michiko_fujiwara | 2010-01-24 00:41 | 演説会、つどい、市政報告会

動物園のシカが殺処分!

 2010年1月22日(金)晴れ

 五月山動物園の鹿に結核感染の疑いがありその調査のために動物園が休園となっています。今日はその検査結果の報告が届きました。

 ツベルクリン反応検査の結果は18頭の飼育シカのうち12頭が結核感染していたようです。検出された結核菌の種類は、人に感染しにくい「ウシ型」とのこと。

  結核菌にはヒト型結核菌、ウシ型結核菌、ネズミ型結核菌などがあるそうです。ウシ型菌はウシ、シカなど動物の感染例が大部分だそうですが、欧米ではヒトへの感染例もまれに報告されており、汚染した牛乳の摂取によるとされています。日本ではどうなんでしょうね。

 検査結果を受け、大阪府北部家畜保険衛生所の指導で、全頭殺処分されるそうです。全頭ということは感染していないシカも全部処分されるということなんですね。動物は人間のように入院治療して治すなんてことは出来ないのでしょうか?可哀想ですね。

 ともあれ開園に向け飼育舎の消毒作業など準備中とのことです。もうしばらくお待ち下さい。

                                 c0133422_0304998.jpg
 同じ五月山公園内に、新型ローラー滑り台が設置されます。ステージ広場からちびっ子広場へと段差を利用して今もコンクリート滑り台が設置されていますがその右手に設置される予定です。完成予想図は右絵の通りです。既存の滑り台は約15mですが、今度新設されるローラー型滑り台は約36mと倍以上の長さとなります。子どもたちが沢山集まるといいですネ。

 工事期間は1月25日から3月19日までの予定です。工事中は事故のないように気をつけて欲しいですね。

 
[PR]
by michiko_fujiwara | 2010-01-23 00:30 | お知らせ