<   2008年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

社会保障 2200億円削減

 2008年7月30日(水)晴れ

 福田内閣が、2200億円の社会保障費抑制を盛り込んだ来年度予算の概算要求基準を閣議了解したとのニュースを見ました。

 これは、もともと小泉内閣が02年度から3000億円の抑制を打ち出したもので、以来毎年2200億円の圧縮が続いています。

 この間、医療の改悪から、介護、年金と次々改悪され、私たちの暮らしを脅かしてきました。
 09年度では、介護保険制度のさらなる改悪や、雇用保険の国庫負担削減が狙われているとのこと。

 先日、民商婦人部の自治体キャラバンの際、「介護保険料の引き下げはありえない」との回答がありました。
 しかし、05年の制度改悪により給付が伸びるはずなのに伸びていない、それは、給付抑制が強められたからにほかなりません。池田ではこの3年間で約6億円の黒字が見込まれる結果となっています。
 6月議会では第4期計画に反映させたいとの答弁でしたが、今の保険料より下がらなければ市民は納得できません。
 
 今度また、政府はあらたな改悪案を進めようとしています。介護度2まで給付の対象からはずすことなど、「保険あって介護なし」へと…。このままいくと、利用したくても利用できない人が増え、保険給付は高齢者が増えても政府の狙い通り抑制されて増えなくなるのではないでしょうか。それなのに保険料も引上げるなど、到底理解できるものではありません。

 雇用保険の国庫負担を減らすということは、これもまた、労働者の負担につながります。
 次から次へと国民への負担ばかり増やし、政府はこの日本を一体どうするつもりでしょう。本当に日本はルール無き資本主義です。 
[PR]
by michiko_fujiwara | 2008-07-31 02:22

政党助成金

 2008年7月29日(火)曇り一時雨のち晴れ

 明日は自治会の廃品回収の日。新聞の山を片付けながら読み返してみると、総務省が08年の政党助成金・第2回分として総額79億8,500万円を、自民、民主、公明、社民、国民新、新党日本の6党に交付したとの記事がありました。10月12月にも残りの助成金が交付されますので、総額は319億4,100万円となるようです。

 日本共産党は、支持政党にかかわらず国民の税金を各党に配分する政党助成金が思想信条の自由を侵すとして、廃止を主張しており、もちろん受け取りを拒否しています。その分まで6党で分け取るというのも「なんで~」といいたいところです。国民に返せばいいじゃないですか。

 ちなみに各党の交付額(100万円未満切捨て)は
   ◆自民党…39億6000万円(年間158億4200万円)
   ◆民主党…29億6900万円(年間118億7800万円)
   ◆公明党… 6億8200万円(年間 27億3000万円)
   ◆社民党… 2億2500万円(年間  9億 200万円)
   ◆国民新党…  9500万円(年間  3億8300万円)
   ◆新党日本…  5000万円(年間  2億 300万円)  にもなるそうです。

 財源がないといって社会保障費をどんどん削減し、税調を前倒しして消費税の増税を議論していますが、一方で政党助成金のように自分たちの取り分だけは聖域扱いにしてやめようとも減らそうともしない、これって納得できます?!

  こんな税金のムダ使いはまだまだ多くあります。すぐにやめれば、国民に負担増を押し付けなくても社会保障費増額も可能だと思うのですが…。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2008-07-30 02:01

池田で「夜スペ」?

 2008年7月28日(月)晴れのち雷雨

 池田市教委が 塾の講師や教員OBを活用して、東京・杉並区立和田中学が実施した夜間授業「夜スペシャル」同様の課外授業を実施するとのニュースを読みビックリしました。

 和田中の藤原元校長(リクルート出身)は、成績上位の生徒だけを対象にし、はっきり進学塾だといっていましたが、公立の義務教育である中学校で、本来の教育とは別に、一部の子どもたちを対象に塾代わりをすることが良いのでしょうか?教育格差をすすめるように見えますが…。

 記事には、モデル校として池田中学校で早ければ2学期中にも実施し、順次拡大する予定と書かれていました。

 どうやら、橋下知事が倉田市長に打診していたとか、「橋下おこし」といい、いわくつきのお二人ですね。

 専門家の中でも、この取り組みには疑問の声が聞かれます。

 教育評論家・尾木直樹さんは、和田中の取り組みについて「学校の塾化が進むだけで総合的な学力向上にはつながらず、やめた方がいい。塾は教え込むやり方で知識をつけるにはいいが、安全で安心な居場所を確保し、子どもが自ら学ぶように促す学校の役割とは異なる。子どもが先生を見る目も変わり、塾の講師を学校の先生より上に見てしまうだろう」と心配されています。

 生徒の知識・教養レベルを向上させることは、“放課後”ではなく、平常時間内で取り組めるカリキュラムを組んで、平常時間内に実施すべきことではないのか、といった声もありました。

 また、和田中と同様であれば、午後9時30分まで特別授業を行うという、事実上の「9時間制」になりますが、結果、生徒たちが“精神的ゆとり”をもって学習することを阻害してしまうのではないか。それとも初めから、、生徒たちの“精神的ゆとり”などどうでもいいと考えているのだろうか?などの不安や疑問が生まれます。

 公教育・義務教育とは何なのか、原点に立ち返り慎重に考えるべきではないかと思いますがいかがでしょうか。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2008-07-29 00:15

レディース卓球講習会

 2008年7月27日(日)晴れ
                              c0133422_22552396.jpg
 今日は「卓球のまち池田」推進事業として開かれた「第5回池田レディース卓球講習会」のオープニングに参加しました。

 小山ちれさんや近畿大学卓球部のメンバ-が講師陣です。
 卓球台は昔の濃い緑ではなく青色でうんと明るくなっていました。明るいといえばユニフォームもカラフルで色とりどり、白いTシャツもあり「良いんですか?」と聞くと、カラーボールが出来て何色を着ても良くなったのだとか。c0133422_22562696.jpg

 昔は白はダメ、単色のユニフォーム、とファッション性もなく地味なイメージがありましたが、時代は変わるものですね。

 始球式は倉田市長と小山ちれさんのラリーでした。市長は左利きだったんですね。結構ラリーが続いていましたよ。
                                   
 c0133422_22572942.jpg
12台にそれぞれ講師が付き、7~8人の生徒が順番に打ち合うという基礎練習を見学しました。池田女子卓球クラブや友々会などでクラブ活動をしている方が多く、皆さんとても上手でした。私より年配の方も多く、いくつになっても続けられるスポーツとして継続できるのがいいですネ。

 知り合いを見つけたので、休憩時間に私も打たせてもらいました。c0133422_22575585.jpgちょっと打つだけで息切れしてしまい、いかに運動不足になっていたか思い知らされました。 
 これじゃハイキングにもいけないとがっくりです。ストレッチタイムを見つけなくては…。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2008-07-27 23:19

怒りの声2つ

 2008年7月26日(土)晴れ

 赤旗新聞のお勧めに伺った先で、「池田市に腹が立って…」と一方的に怒りをぶつけられました。よく聞くと国保の納付通知書を示し「これ誰の分かわかる?」。ご主人の名前で奥さんの保険料の納付通知書が届いていることに対しての怒りでした。

 「自分が働いて自分の年金で払うのに、何故夫の名前で送ってくるのか、何ページかめくるまで自分の名前が出てこない、一体誰の保険なのか解りにくいではないか」…と。

 家父長制度の名残は税制だけでなく国保制度にもあり、世帯主が一家の保険料を払う仕組みになっています。夫は社会保険で妻のみ国保だったこの方は、妻の所得に対する保険料なのだから妻名義で送れば解りやすいではないかと主張されます。

 国保上の世帯主を奥さんに変えてはどうですか?といいますと、自分が手続きに行くというのではダメなのだ、自動的に全員そうすべきだというのです。

 おっしゃることはよく理解できます。しかし国保制度そのものを変えねばならないことを伝えすぐには正せないと言いましたが、怒りは収まらないようでした。
 ただ、納付書の表示方法をを改善することは可能かもしれません。

 また、夜には自宅に別の方からTELがあり、「年金収入は変わらないのに国保料が随分高くなった」とのこと。12回納付が9回になったせいではないかと尋ねますと、総額そのものが増えているというのです。

 もしかすると、税制改悪で年金控除の引き下げや老年者控除がなくなったため、収入は変わらないのに計算上の所得が高くなり、税金が増えると同時に国保料も高くなりましたが、急激な負担増を避けるため、激変緩和措置がとられていました。それが今年無くなったせいかもしれません。

 今年の国保料は最高限度額が引き上げられたことにより、平均保険料は昨年より2000円強の引き下げとなる、とのことでしたが、納付方法の変更とあわせ、激変緩和措置の終了により年金収入の方にとってはやっぱり負担増になっている様です。

 おおもとは国の税制改悪が原因ですが、税にとどまらず、国保や介護保険にも影響することから、高齢者の負担増はいまだに続いていることになります。

 この上、消費税増税など、いくら社会保障のためといっても反対の声が大きいのは当然です。ましてや国には何度も騙されていますからね。本当に社会保障に使われるかどうかの保障も全くありません。
 増税せずとも税のムダ使いを改めれば良いのに、国民いじめはもう止めて欲しいものです。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2008-07-27 00:07

 2006年7月25日(金)晴れ
                              c0133422_093991.jpg
 市民文化会館で「北京オリンピック出場選手激励会」がありました。小ホールは応援する市民の方が沢山来られていました。

 シドニー・アテネに続き3度目の出場となる、競泳・バタフライの中西悠子選手は抜き打ちドーピング検査とか。バルセロナ以来16年ぶり出場のバレーボール男子主将・荻野正二選手は強化合宿中、とのことで、ビデオメッセージとなりました。               c0133422_0104537.jpg

 今日は、親子2代出場となった外村哲也選手と中西選手のお母さんが出席。外村選手のお父さんは元体操選手で銅メダリスト。彼はトランポリンで出場となります。先日TVジャンクスポーツで見ましたが、同じ顔でした(当たり前?)。お父さんとは違う色のメダルを、一番いい色を狙いたいと言ってましたね。しっかり握手してもらいましたよ。 
             c0133422_012513.jpg
 文化会館でなく体育館で模範演技でも見たかったなー!

 市長の「ご挨拶」によると、池小体育館の屋上に建設予定のプールには中西悠子選手の銅メダルを埋め込む予定だそうです。外村選手がメダリストになれば記念のトランポリンができるかも…。
                                                     
 外村選手の後援会長はあの藤本登紀子さん。それぞれの後援会長さん登壇のあとは、歴代
の池田出身オリンピック出場選手がそれぞれ激励のごあいさつ。

c0133422_0204820.jpg グルノーブル冬季オリンピックの岡本さんはいしだあゆみさんのお姉さん。「水や食べ物に気をつけ万全の体調で臨んで下さい」…と。8年前のシドニーに出場した小池さんは競歩。選手村で中西裕子さんに逢ったこと、同じ選手団でも中々話しかけられないものだけれど、同じ郷土ということで連帯感が得られること、自分も一緒に参加したかったことなど心温まるお話でした。

 卓球で2度出場の小山ちれさん、外村選手のお父さんはロスアンゼルスの体操、谷田さんはなつかしや東京オリンピックのバレーボール金メダリスト。

 現役の小池さん以外は皆さんそれぞれ指導者として現在も活躍中とか。すごいですね。c0133422_0183499.jpgc0133422_0285445.jpg
[PR]
by michiko_fujiwara | 2008-07-26 00:14

 2008年7月25日(金)晴れ
                              c0133422_22472132.jpg
 民商婦人部北摂ブロックの自治体キャラバン交渉に参加しました。
 池田をはじめ、豊中、吹田、摂津、茨木、高槻の業者婦人たちが揃って各自治体と懇談・交渉をし始めて何年になるでしょう。毎年頑張っておられます。懐かしい顔ぶれにも逢いました。
 
 それぞれの自治体で対応が違いますが、池田市は要望に対しそれぞれの担当課の課長さんたちが出席をして回答をするという点で真摯に応対されているように思います。

 業者婦人の実態はここ数年一段と厳しくなっており、改めて実態調査の上、適切な施策を求める要望が出されました。

 所得税法56条では、ともに事業を切り盛りする業者婦人の所得を認めず、白色申告の場合は年間86万円の専従者控除しか認められていません。自分の店で働くと103万円以下であっても扶養控除はとれません。
 交通事故に遭えば家庭の主婦でも日額4500円の保障が出るのに業者婦人は2500円と低い地位に置かれている。といった実情が出され、是非国に要望をして欲しいと訴えられました。

 担当課長からは、「主旨はよく理解しているつもりであり、市長会を通じて要望を出しているところ」との回答がありました。

 妊婦健診は来年度から公費負担回数引き上げを考えていること、一子目の子どもの医療費は、子育て支援の一環として担当課としては就学前まで引き上げたい、といった前向きの回答がありました。

 市民病院での出産については、医師の出身大学が変わったことで使用する機器類も変わり、安全に使えるようになるまでは受け入れ患者の抑制をしているとのこと。
 17年度に比べると、18年度19年度ともに随分患者数が減少している様です。
 慣れるまでというのはどの位経てば元の人数が受け入れられるのでしょう。

 その他、国保に出産手当・傷病手当を付けて欲しい、資格証発行の件、後期高齢者医療制度に減免制度を、介護保険料の軽減策、健診制度など要望・意見が出され、2時間では時間が足りない位でした。

 皆さんお疲れ様でした。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2008-07-25 22:57

穀田恵二さん 箕面へ

 2008年7月24日(木)晴れ
                                c0133422_0212139.jpg
 箕面市民会館で「みどりとくらしをまもるみんなの箕面市政をつくる会」主催の小林ひとみさんを励ます市民大集会が開かれました。衆議院議員の穀田恵二さんがこられるというので、池田からもお話を聞きに行きました。

 ケイ・シュガーさんのピアノ弾き語りは、アメージンググレースで始まり、多喜二のレクイエムまで数曲、澄んだ声で会場に響き渡りました。c0133422_022297.jpg

 客室乗務員、中小業者、元外大生、新稲墓地開発反対の運動をされている自治会の方、農民組合等々、各分野から小林さんがいかに自分たちと同じ目線で相談に乗ってくれる人であり頼もしい人か、市政を変えるうってつけの人であるかを訴えられました。
 小林さんとともに市政を変えたいと、日本共産党3人の議員とくらしと福祉の相談室長があいさつしました。                                                                                              
c0133422_0223798.jpg
 穀田恵二さんは、国会で日本共産党がどんなに政局をリードしてきたかについて、後期高齢者医療制度や道路特定財源(6つの湾を横断する道路、四国新幹線計画もすすめようとしている)にも触れ解りやすくユーモアを交えて話されました。
 
 箕面市でもみどりを破壊し財政破綻をまねく「水とみどりの健康都市開発」c0133422_023997.jpg「新名神高速道路」など大きなムダづかいをすすめ、一方で市民サービスを切り捨てています。税金の使い方を改めれば、市民の暮らしは守れる、そのために小林さんをと訴えられました。 

 <みどりを守りたい> 

 池田市でも、五月山の大規模墓地開発計画(民間業者が土地を買占めています)がありますが、先日駅前で市政報告の宣伝をしていると、報告ビラを配っていたスタッフに、女性の方が「みどりを守りたい。山を買うために融資も受けられるのか?」と聞いてこられたそうです。
 池田のみどりや自然を守りたいという市民の思いが感じられるひと時でした。

 普段は空気のようにその有難味が眼に見えませんが、景観だけではなく地球温暖化を抑止するうえでも、災害から市民を守る上でも、開発規制は強めるべきですね。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2008-07-25 00:39

 2008年7月23日(水)晴れ
c0133422_10372785.jpg
 知人の家に「民事訴訟裁判告知」と書いたハガキが届きました。
 
 「貴方は回収業者及びお取引契約会社に対しての契約不履行につき原告側が提出した訴状を管轄裁判所が受理した事をご報告します。~こちら民法188条に基づいた財務省許可書となっておりますので出廷拒否されますと~差し押さえを執行官立会いのもと強制執行させていただきます。~ご連絡なき場合には、本書を勤務先へ郵送させていただきます」といった内容が書かれたものです。

 発送人は東京都練馬区の財団法人関東第一財務センター。今日・7月23日が裁判取り下げ期日とあり、埼玉の消印で19日に投函されたようです。
c0133422_1038177.jpg
 具体的内容は書かれていないし、もちろん、全く思い当たる節はありません。

 よくある詐欺のひとつで、自分なりに心当たりのある人、関係ないから断ろうと思う人など連絡を取ろうとすると、事実がないにもかかわらず、そこからなんだかんだと話を合わせて事件をつくり、「自分たちが示談に持ち込んで裁判を回避してあげよう」などと言ってお金を巻き上げようというわけです。

 以前は時々こんなハガキが届いていましたが、久しぶりに見ました。

 裁判所が本当に受理したのなら、こんなハガキでしかも民間団体を使って告知することなど有り得ません。裁判所から直接封書が「書留」で届きます。

 こんな場合は下手に連絡を取ろうとせず、無視するに限ります。心配でしたら無料法律相談もあります。決して直接連絡をとろうとしないで専門家にご相談下さい。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2008-07-24 00:19

療養病床大幅削減計画

 2008年7月22日(火)晴れ

 06年の医療改悪で、後期高齢者医療制度だけではなく、全国で38万床ある療養病床を15万床に減らすことも決められました。介護型13万床は全廃です。医療型は25万床のうち10万床を減らして15万床にするという計画です。しかし医療型はどうしても25万床なければ治療に差しさわりがあるということも削減を進める政府筋から出ている声でもあります。

 これを受けて、都道府県は「医療費適正化計画」を作成しています。2012年度末で約11万5000床減らす内容になっています。大阪では7,373床削減予定です。6月議会で私が質問するために調べた数字は107病院・7435床でしたが62床減ったとはいえ大量にベッドが無くなる事になります。
 豊能高齢者福祉圏は2病院・257床で、豊中の坂本病院とその別館が対象となり、医療型病院に転換されるとの答弁でした。

 私の母は一昨年転倒して腰椎圧迫骨折で巽病院に入院しました。入院して2~3日もすると、「ここは急性期の病院のためいつまでも入院できないため後の事を相談したい」といわれ、巽今宮病院でリハビリをすることになりましたが、急速に食欲がなくなり流動食を管で流し込む「胃ろう」状態になりました。リハビリは3ヶ月と定められ、こんな状態で家にも連れて帰れず本当に不安を覚えました。

 今でもこんな長期療養が必要な高齢者が沢山います。受け入れ施設も少なく、民間の高齢者住宅にやむを得ず入居した方もあります。その方は一気に症状が悪化しています。医療が必要であったのに病院から退院を余儀なくされたためです。

 政府は国の負担する医療給付費を削減する目的で医療改悪を強行しました。
 後期高齢者医療制度、療養病床の大幅削減、混合診療等々です。国民の命はどんなことがあっても守ることが、国家の役割です。それを放棄するような医療改悪、社会保障費の削減など許せませんね。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2008-07-23 01:08