藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 06月 ( 29 )   > この月の画像一覧

 2008年6月30日(月)曇り

 職員の方を対象に「新型インフルエンザ」の研修会がありました。講師は医師会の中務光人先生。実は先生は、12年前に亡くなった夫の主治医でした。お変わりなくご活躍の様子でした。

 63%の致死率を持つ「新型インフルエンザ」がやってくるのは確実ですが、いつ来るのか、どの程度の強さかは不明とのこと。
 SARSの場合は熱が出てから感染し、封じ込め作戦がとれたけれど、インフルエンザは発症する前に感染するため、封じ込めることは不可能となる。大正7年のスペイン風邪を見ると新型の発生は季節を問わず、2年目3年目と続くと考えられる。被害予測は最大64万人と厚労省は考えているけれど倍くらいは考えておかなければならない。…とプロジェクターを使って話をされました。

 国の対策は、世界各国と比べ
1、ワクチン…△~○ 平均より少し上   3,000人分造る予定(現在半分くらい)
2、タミフル備蓄…×
3、体制づくり…××× いくつあっても足りないくらい遅れている。
    感染拡大阻止(国民や企業への啓蒙地準備)
    医療体制(発熱外来、入院)
    その他
 オーストラリアは国境封鎖をするとのこと。日本は1月のNHKスペシャル(1月13日ブログ参照)以降やっと対策プロジェクトが出来たそうで、少し体制づくりが進むでしょうか。

 日本の医療体制は、
 ○ごく初期の場合、疑いのある患者は入院(隔離が目的)…この辺りでは豊中市民
    病院か刀根山病院が隔離しやすい病院となる。
 ○患者の数がある程度増加したら重症のみ入院

 池田では可能性の高い人は、発熱外来(市民文化会館を想定)へ、可能性の低い人は非発熱外来・各診療所へと誘導したい。
 発熱外来は発生までに事前登録をする。発生後直ちに全市民に郵送で知らせる。希望者は登録し、診察券を受け取る。診察は予約制で、TELで看護師が問診し発熱外来かどうか判断するとのこと。

 まず、かからないためには家から出ないこと、勤労者は在宅勤務にすること、必要なものをしっかり備蓄すること、どうしても外出や勤務に出る場合は1~2mの距離を持ち咳きエチケットを心がけること、病気の人も健康な人もマスクをしておくこと、などなど具体的な対応策についてお話がありました。

 何より、市民の皆さんに「新型インフルエンザ」についての危険な内容と対策について知っていただくことが、パニックを最小限にする第一歩ですね。


 

 
[PR]
by michiko_fujiwara | 2008-06-30 23:48

住民税が還付されます!?

 2008年6月29日(日)雨

 7月1日~31日まで、市町村では、税源移譲で下がるはずの所得税が無かった人、つまり失業・廃業・収入減などで所得税が0になってしまい、損をしてしまった人たちの還付申請を受け付けます。(所得税がなく、住民税だけ上がった人が対象)
 
 平成19年1月1日現在住民票のあった市町村に申請をすれば、上がった分の税金が還付されるというものです。申請をしなければ返してくれませんので、忘れないようにご注意下さい。

 何故こんなことになったのか?

 税源移譲で昨年度より住民税が5%、10%、12%の3段階から一律10%になりました。所得の低い方は倍になったわけです。その分所得税で調整することを決めましたが、いくつか問題点が明かになりました。

 通常、所得税は所得のあった年度に税金がかかりますが、住民税は所得が確定した翌年にかかります。ですから退職をして収入がないときにでも、前年の所得に基づいて住民税がかかってくる仕組みになっています。

 従って、「税源移譲で所得税を下げるのなら、その翌年に住民税をが上げる」というのがこれまでの考え方になります。
 
 ところが、今回の税源移譲は所得税が下がる年度に住民税も上げてしまいました。住民税は通常より1年早く上がってしまったわけです。税率5%だった人たちは倍になったわけですから二重取りをされたことになります。

 そこで政府は、所得税が「ゼロ」になった人の分だけ返しましょうと救済措置を決めたわけです。しかし、所得が少し下がっても所得税がまだ掛かる人は対象外という、不平等な措置となっています。(この人たちは税金とられ損ですね)

 しかも取るだけとっておいて、返すときは自己申告です。自分で申請しなければ返さないというやり方は、政府が詐欺を行っているようなものです。住民税と所得税では控除額も違います。人的控除だけは調整していますが、生命保険などはそのままです。
 1年先取りをしたことのひずみではないでしょうか。
 
 また、来年度から住民税の年金天引きまで決めてしまっているんです。取るときは否応なくむしりとり、返して欲しかったら言ってきなさいとはなんと高飛車なやり方でしょう。 
 
 ともあれ対象の方はお忘れのないように!
[PR]
by michiko_fujiwara | 2008-06-29 23:54

6月 最終本会議

 2008年6月28日(土)

 26日~27日は、6月議会の最終本会議でした。
 26日は、各常任委員会の報告があり、施設再編に関する条例改正については、「勤労者センター条例」をなくすという内容に対し、わが党の山元議員が反対討論、自民同友会の小林議員が賛成討論をしました。他会派も賛成起立で提案通りとなりました。

 私は、「市民文化会館条例の改正」に対し、議会軽視になると反対討論。自民同友会の細井議員が賛成討論、無所属・中西議員は反対討論を行いました。他会派は賛成起立。
 報告のあとは8人の議員が一般質問しました。

 日本共産党議員団は、5人全員27日に一般質問を行いました。
 私は13番目、午後からの2番目でした。概要は下記の通り

1、結婚、出産、子育てと一貫した子育て支援策を求めました。
   この中で、子どもの医療費については、助成年齢の引き上げに含みを持たせた答弁がありました。具体的に何歳まで引き上げられるかについては、今後の計画に期待するところです。

2、橋下知事の「維新プログラム」については、乳幼児、ひとり親、障がい者、老人医療削減案 に対し、市の対応について問いました。
  市町村の事務の煩雑さと、医師会の協力が得られなければ簡単に進まないと思うが推移を見守りたいとのこと。

3、夫婦池を子どもたちのスポーツ広場にするため、具体化を図るよう求めましたが、部長答弁は、12月議会の答弁と全く同じで計画はないとのこと。以前市長からは伏尾台のコミュニティ広場の例もあり、検討することはやぶさかではない旨、答弁があったと思うのですが…。

4、介護保険事業について、来年の改定期に向け決算の推移を問い、値下げを求めました。また、療養病棟廃止による影響と、政府の給付抑制計画についても質問しました。
 平成18年度~20年度の第3期は、このまま推移すると6億円強の黒字が見込まれるため、値下げを検討するニュアンスの答弁がありました。

 20分の質問時間は、長いようで短く、1回目の質問に14分を要し、残り6分では一つひとつ全部を再質問することが出来なくて、またまた消化不良に終わりました。まだまだ未熟ですねー。 
[PR]
by michiko_fujiwara | 2008-06-29 00:23
 2008年6月28日(土)曇りのち雨
                               c0133422_2310312.jpg

 本会議のため、2日間ブログを休みました。
 今日は、空港敷地内につくられた「空港緑地グラウンド」のオープンセレモニーに出席しました。グラウンドは、80m×50mのきれいな天然芝でふわっとした感触でした。

 あいにくの小雨の中でしたが、式典の前に、子どもたちのチアリーディングの演技が披露されました。柔軟性、バランス感覚、力強さも必要な団体競技ですが、なかなかのものでした。
将来が楽しみですね。c0133422_2342391.jpg

 また少年サッカーやアメフトチームもスタンバイ。こちらは式典の後のエキシビジョンゲームで、残念ながら式典終了後帰らせていただいたため観る事が出来ませんでした。 
 
 式典には国土交通大臣も参加。伊丹市長など多くの来賓に加え、アメフトの木下典明選手も出席、アメリカのプロリーグ・NFLにキャンプインすることになった彼は、子どもたちの憧れの的でしょうね。
 c0133422_235142.jpg
                                                         
 市のはずれで少し遠く、交通の便がもうひとつというのが難でしょうか。 ともあれ、スポーツ人口の裾野が広がればいいですネ。

c0133422_2355392.jpg






c0133422_2335210.jpg
[PR]
by michiko_fujiwara | 2008-06-28 23:20

公契約?

 2008年6月25日(水)曇り

 明日の本会議にむけて、討論や一般質問の準備中でしたが、「公契約」について府的労働団体の方たちと懇談の機会がありました。

 行政が最低価格を決める時、下請け労働者の賃金も積算をして提示されるのが一般的ですが、実際には下請け業者や労働者には積算価格の6割くらいしか廻っていないようです。元請に4割程度はピンはねされているらしい。

 少なくとも下請けの人たちが生活できる賃金を補償しなければなりません。
 しかし2省協定から積算単価を起算するため、落札を目指す業者は安く入札する代わりに、下請代金を下げて、元請の利益を確保することになってしまう実態があります。

 このままでは、役所が財政難を理由に、税金を使って貧困をつくるようなものです。
 
 北海道の函館市では、抜き打ち調査をして適正価格を守らせる努力をしているとのこと。
 静岡市ではハローワークの募集金額を積算単価にして実勢価格を反映しているとか。

 安い価格の入札は、市にとっては経費削減につながりますが、行き過ぎると下請け泣かせだけではなく、手抜き工事や粗末な材料を使うことにもつながり、要注意です。どこで線を引くか、難しいですね。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2008-06-25 21:15
 2008年6月24日(火)曇り

 昨日質問通告を出してホッとひと息ついてしまい、質問の本文に向かう集中力が切れてしまった一日でした。

 生活保護の相談が2件、低家賃の住宅を探している方からもTELがありましたが、後日相談タイムを取ることを約束し、今日は、市民文化会館の使用料を指定管理者に任せてしまう「利用料制の導入」のための条例改正に対し、反対討論の準備をしました。

 夕方からやっと、一般質問に取り掛かり、資料をもう一度チェックです。
 質問は4項目。一つは子育て支援策。若い世代に「池田に住み続けたい」と思ってもらえるためには、子育て支援の充実は欠かせません。
 
 結婚したらまず家賃補助。
 出産に当たっては妊婦健診の公費負担。昨年厚労省は、「14回の公費負担が望ましい、財政の厳しい自治体でも5回が原則」と通達を出しました。これをうけて、池田でも1回から3回に増えましたが、全国平均は5.5回。14回実施の自治体も増えています。
 ちなみに箕面市や豊能町は5回になりました。吹田市は6回で、里帰り健診も実施予定です。助産所でも公費負担OKの市町村も多いようです。 さて、池田市の実態は…?

 保育所は待機児童なしとしているため、転入が増えている様です。子育て支援が充実すれば若い世代が増えることが証明されていますね。

 安定した仕事があり、安い住宅があり、妊婦健診、乳児検診が充実し、子どもの医療費は無料。保育所、幼稚園、教育の充実…こんな「まちづくり」を実施してみてはどうでしょうか。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2008-06-24 23:37
 2008年6月23日(月)曇り

 今日夕方、バレーボール日本代表のキャプテン荻野正二選手が池田市に表敬訪問。たまたま私は相談に来られた方と1階の国保年金課におり、玄関で市長や議長が出迎えているところに出くわしました。残念ながら写真を撮るまでには至りませんでしたが、やっぱり身長がかなり高かったですね。テレビで見るよりもうんとスマートに見えました。

 荻野選手は池田市に在住だそうです。そんなこととは露知らず、女子に続けと毎日テレビ観戦をしていました。あのクールに見える植田監督がコートに突っ伏し泣いている姿を思い出します。一試合一試合集中して頑張ってもらいたいですね。
 
 これで池田出身の北京五輪代表は、水泳の中西悠子選手とトランポリンの外村哲也選手に加え3人となりました。
 テレビにかじりつく暑い夏になりそうです。


 また、今日は一般質問の通告締切日。いつもぎりぎりまで通告書作りに追われていますが何とか提出しました。今回の議会では24人の議員のうち16人が一般質問します。通告書提出順になりますので、日本共産党の5人は白石議員10番目、私・藤原は13番目、山元議員14番目、難波議員15番目、最後が垣田議員と終盤に続きます。おそらく27日の本会議になるでしょう。是非傍聴にもお越し下さい。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2008-06-24 00:45

根担保にご用心!

 2008年6月22日(日)曇り&雨

 兵庫県で飲食店をしている方からTELがありました。その方の友人が同様に商売をしているけれど、住まいを担保に借り入れをしていたそうです。
 
 その借り入れに関しては返済が終わったそうですが、その後保証協会付きの無担保無保証人融資を受け返済を続けてきたけれど、このところの不況で返済が厳しくなり、代位弁済を受けるつもりで相談に行ったところ、銀行から「根抵当に入ってますので…」と言われ、「何故無担保で借りたのに」と怒っておられるとか。

 どうやら、最初に担保を差し入れた時が、根抵当設定だったようです。
 単なる抵当権と根抵当では似ているようで大きな違いがあります。普通に返済ができている間は何の問題もありませんが、根抵当を設定した場合、抵当権の枠内で簡単に借り入れができる代わりに、担保設定せずに借り入れたものでも返済できなくなった時は担保物件を押えることができるのが根抵当の特徴です。

 つい便利に借り入れができるからと、根抵当権をそのままにしているとこんな悲劇を生むことになります。

 銀行は取りはぐれのないように根抵当を設定したがります。たとえば、親しくなった行員さんから「根抵当にすればもっと融資できますよ」とか「設定の範囲なら簡単に借り入れできて便利ですよ」などと、あたかも借り手側のために勧めているように言いますが、銀行に損が生じないようにするためであることを理解しておくことが大切です。

 この方の場合、担保付で借りたものは終了しているわけで、その時点で設定を解除しておくべきでしたね。本当は今借りているのは無担保無保証人だから、事故があれば保証協会が肩代わりをするため、銀行が損をすることはないと、根抵当をはずしてもらうよう頼んでみたらどうかとアドバイスしましたが、現に返済不能となっているのであれば銀行は認めないでしょうね。
 
 また、もし借り入れが小口融資でなければ、昨年秋から責任共有制度が導入されたため、8割は保証協会が負担しても、残りの2割は金融機関が被ることになり、いよいよ担保ははずさないでしょう。

 無理な借り入れはひとつ歯車が狂うと返済不能に陥ります。つい景気のよい時のことを基準にを考えがちですが、最悪の売り上げでも返済できるよう、無理のない借り入れにとどめることをお勧めします。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2008-06-22 23:49

文教委員会では…

 2008年6月21日(土)曇り

 前後しますが、一昨日の19日は文教・病院常任委員会でした。

 一般会計の補正で、池田小学校の屋内運動場(体育館)改修ののための設計費用が計上され、その内容に対して質疑が行なわれました。

 現在の場所より約10mほど南に移して4階建てにし、1階はアリーナ、ステージ、倉庫等、2階はギャラリー、更衣室等、3階はホール、倉庫、4階屋上は25mプールという計画です。
 現在あるプールの位置は売却予定とのうわさもあります。

 池田小学校区はライオンズマンションや槻木のマンション建設で子どもたちが急増し、小学校も幼稚園も教室が不足していますが、敷地売却でますます窮屈になりそうです。教室不足にどう対応していくのか、今後もマンション建設の動きがあり、幼稚園の統廃合が悔やまれるところです。

 また、市内学校施設の耐震化優先度調査結果も資料が出されました。64棟中16棟は耐震性のある建物となっていますが、残り48棟のうち優先度の最も高いランク1が30棟(63%)、ランク2が9棟と、ランク1~2合わせると81%という大変な状態であることがわかりました。

 最近新聞紙上でも、全国の学校のうち1万棟は震度6強の地震で倒壊のおそれがある(大阪が全体の1割を占めている)と報じていましたが、池田では築後70年を超える建物もあり建替えも含めた耐震化計画が指摘されています。総額150億円といわれていますが、子どもたちが安心して通えるよう、急がれる事業の一つであります。

 国は、専門家から疑問視されている淀川流域の4つのダム建設を実行すると発表しましたが、こんな無駄使いこそ止めて耐震費用をもっと出してはどうでしょうか?
[PR]
by michiko_fujiwara | 2008-06-21 15:10

箕面川に車が転落!?

 2008年6月20日(金)曇り&雨
c0133422_14203561.jpg
 石橋・箕面川に車が転落する事故がありました。赤い橋そばの駐車場からブロックを突き破っての転落だったようです。通常は考えられない事故ですが、ブレーキを踏むつもりがアクセルだったのかもしれません。
 
 そういえば、もう何年前になるのか、池田の商店街に車が飛び込んできて、アーケードの柱や商店の壁にぶつかって止まったというc0133422_14211684.jpg事故がありましたが、 あの時も信号で止まるつもりがアクセルを踏んでしまったための事故だったように思います。

 どちらも高齢の方だったようですが、命に別状なくまずはひと安心というところでしょうか。
 それにしても、箕面川は川床まで結構高さがあり、車も完全に裏返っていましたから、雨の中よくぞ助かったものだと思います。

 みなさんも運転にはくれぐれもご注意下さい。

 
 朝そんなニュースの入ってきた委員会でしたが、今日は総務委員会。委員の自己紹介と担当部局の紹介のあと議案審議に入りました。

 議案は施設再編のための関係条例の改正。
 コミュニティセンターにNPOセンターや男女共生サロンが入り、会議室は共用ということになるとNPOや共生サロンの会議予定が先に予約されてしまって、地元利用・一般の利用は後回しになりはしないか、コミュニティセンター本来の役割よりもNPOビルになってしまわないか、子どもたちの学習室はなくなるのか、休日はバラバラだがどうなるのか、それぞれ別々の指定管理者がいるが、管理はどうするのかetc不安材料はいっぱいです。経費削減のため協力して欲しいという事のようです。

 今回条例改正が可決すれば、改装等今後のことは9月議会で改めて上提するとのこと。

 城山の勤労者センター条例は廃止し、行政施設として市史編纂事業が終わる予定の平成24年には売却も考えているという問題には、勤労者センター設立の目的をもう不要だというのか、他の方法を考えているのかなど質問が出されました。
 ニートやフリーターなどの就労支援や労働相談といったソフト事業は国の補助金も踏まえて検討したいとのことでした。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2008-06-20 21:27

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara@wombat.zaq.ne.jp


by michiko_fujiwara