<   2008年 01月 ( 29 )   > この月の画像一覧

母べえ

 2008年1月30日(水)晴れ
                              c0133422_211053.jpg
 映画「母べえ」を観ました。午後3時50分、「池田中央2」は7割位の入り。
 昨日観た方は満席で、補助椅子も出ていたとの事でしたから、大丈夫だろうかと心配しましたが、無事座れました。昨年の「シッコ」の時は貸し切り状態だったので、今回はそれに比べると大入りです。
                                                  
 原作者・野上照代さんが幼い頃の家族の思い出をつづったノンフィクション作品で、c0133422_2122485.jpg映画では次女照美の目を通して(ナレ-ター)物語が進みます。

 舞台は1940年(昭和15年)の東京、日本が太平洋戦争へと歩みを進めていく不穏な時代です。
 ドイツ文学者の父・野上滋(父べえ)が、或る日突然「治安維持法違反」(思想犯)で検挙され、転向を迫られますが、教え子の検事に「君は支那事変のどこが聖戦だというのか、そんな嘘は書けない」と、信念を曲げなかったために、自由の身となれず獄中で死ぬ事になります。

 野上家はこの時代にはめずらしく、お互いを「父べえ」「母べえ」「初べえ」「照べえ」と愛称で呼び合う仲むつまじい家族。夫を信頼し娘たちを愛し、つつましく気高く生きる、「母べえ」。吉永小百合さんは実にぴったりでした。それぞれの役者さんも素晴らしく、悲惨な時代なのに、何故かユーモアに富み、そして涙を誘う、「山田ワールド」でした。

 「父べえ」の投獄中、教え子の「山ちゃん」が一家を支え、父べえの妹「チャコちゃん」も子どもたちを支え、母べえの叔父さん(鶴瓶)はデリカシーはないけれど本音でしゃべる事で母べえの心を和ませる、隣組の小父さんも親切にしてくれる、という温かさのある映画でした。

 「父べえ」への手紙を書くシーン、獄死した「父べえ」が家に帰ってくるシーン、片耳が聞こえず「丙種」で応召されなかった「山ちゃん」にもついに赤紙が届き別れを告げに来るシーン、そして泳げない山ちゃんが船を攻撃され戦死するシーン、広島に帰った「チャコちゃん」は原爆の被害に遭い、亡くなります。何より晩年の「母べえ」が死ぬ間際に「あの世で父べえに逢いたくない、生きている父べえに逢いたかった」と伝えて逝くシーンには、涙・涙でした。

 戦争は人々を異常な状態に巻き込みます。民主主義など無くなります。戦争に行きたくないなどと本音はもちろん言えずお互いを監視しあう、そんな時代に信念を貫いた強い人たちがいた事、同様に、日本共産党は反戦平和を貫き、非国民と言われ投獄されても頑張った事を、是非知って欲しいと思います。

 今でもイラクで、アフガンで戦争は続いています。毎日のように人が殺され、例外なく子どもたちや一般市民がその被害に遭っています。不戦の誓いをしたはずの日本が、歴史を巻き戻そうとするのではなく、平和への歩みの先頭に立つべきです。 
[PR]
by michiko_fujiwara | 2008-01-31 02:19

病院存続の危機!

 2008年1月29日(火)雨

 阪南市立病院で4月から入院受け入れ休止、尼崎市の関西労災病院では救急体制縮小を検討しているとのニュースに驚いています。
 早くも医師不足の深刻な影響が身近に出始めたようです。大学病院からの引き上げが原因で、阪南市立病院は11人の常勤医のうち7人退職とか。病院そのものの存続も危うい状況のようです。
 
 池田病院だって、何時同様のことが起こるともしれません。医師不足を助長するような「医学部の定員削減」閣議決定など、国民の命は二の次で、医療給付の削減を進めようとする政府の対応が問われます。

 今でも病院の受け入れができず、たらい回しの末に患者死亡という事件が頻発していますが、更に加速するのではないでしょうか。おちおち病気にもなれません。

 
 インドネシアでは、高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)に感染し、新たに2人が死亡したとの事。この国では感染死者数が累計100人に達したと報じています。

 世界各国でその対策が講じられており、プレパンデミックワクチンの備蓄を全国民対象にしている国もあるそうですが、それに比べて日本の対応は随分遅れているのではないでしょうか。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2008-01-30 01:00

橋下氏の言葉から

 2008年1月28日(月)曇りのち雨

 知事選一夜明けて今日は、「残念でしたね」「梅田さんは府民にとって一番いい政策を掲げているのに何でやろ」「共産党という名前を変えたら?」(梅田さんは明るい民主府政をつくる会から無所属で出たんですが…)「折角入れたのに全然遠いやんか」という声や、「一体これからどうなるのだろうか」などの不安の声も聞かれました。

 新聞のインタビュー記事によると、橋下氏は「大阪では企業が従業員手当てとか家族手当とか出さなくてもきちんと働ける、と全国発信することで、人と企業を呼び込みたい。補助金使って税優遇で企業を呼び込むことも平行してやる」と応えていますが、これは、「大阪の従業員は手当て無しでもきちんと働くから企業にとっては得だよ」と言っているように聞こえます。つまり安い賃金で働けと言っているようなものです。
 逆に、企業には補助金出して、税優遇すると言っているんですね。
 
 一方「必要なら職員の給料を削る、中小企業の支援策も見直し無駄を削る」といっているわけですから、やっぱり、橋下氏は大企業に優遇策、中小業者や労働者など府民にはサービス削減を押しつけるという考えのようです。府民はこれまで以上に辛抱を強いられるのではないでしょうか。
 彼にとっての「元気な大阪は、企業が元気な大阪」でした。

 男女共同参画推進事業団の廃止も口にしており、女性の権利、地位向上は頭に無さそうです。中国での集団買春を一種のODAだと言ったことにも通じます。

 著書に「ウソをつけない奴は政治家と弁護士になれないよ」と書いているそうですが、こんな人に大阪を任せることになって本当に心配です。皆さんはどう思われますか?
[PR]
by michiko_fujiwara | 2008-01-29 00:59

 2008年1月27日(日)晴れ

 投票箱の蓋が閉まった途端に、開票を待たずして「橋下氏当確!」のニュース。出口調査だけで当確だなんて、正直がっかりです。
 黒田革新府政のように府民を大事にして欲しいという声も結構多かったのですが…。

 タレント効果で投票率が上がったことは喜ばしいことですが、「大阪を変える」という点で、その内容が府民の期待通りになるかどうかが心配です。議会とは是々非々で激論を交わすということですが、自民党・公明党に頭を下げに行ってそれが出来るでしょうか?大型開発というムダを削れるかどうか、庶民の暮らしにとっての是々非々となることを期待したいと思います。


 久しぶりに、フーテンの寅・「男はつらいよ」を観ました。マドンナは吉永小百合。みんな若い!ストーリーの流れは決まっていても新鮮に観てしまいました。毎年、盆と正月の定番で観に行った事を思い出します。渥美清のようなキャラクターはなかなかいないですね。
 案内役の吉永小百合が「かあべえ」の紹介をしていました。池田にも来ている様ですから、時間をつくって観にいかなくては…。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2008-01-27 23:10

 2008年1月25日(金) 晴れ 雪もチラホラ

 今朝は屋根にうっすらと積雪。選挙後遺症の肩の痛みは寒さに敏感です。暖めるとましになりますが、ここ数日の寒さはいっぱい重ね着をしても、右肩だけは冷たく感じます。

 ところで、トラック協会が都道府県からの補助金「運輸事業振興助成交付金」を財源として基金を積み立てていたんですね~。その基金残高が1200億円。それなのに全国で年間180億円もの交付金が毎年支出され続けている、これって私たちの税金ですよね。(国の要請で76年に導入された)
 そして、トラック協会の関連政治団体が自民党議員(トラック輸送振興議員連盟)70人に1億円を超す献金をしていたことが明らかとなりました。
 しかも、トラック協会トップに運輸省や自治省からの天下り組。

 事実上、協会に交付された補助金(税金)が、自民党議員や天下りの役員OBに流れていたというもの。そして全日本トラック協会はこの制度の延長や道路特定財源の一般財源化反対を自民党議員(トラック議連)に陳情しているとの事。
 まさしく政・官・業の癒着の構図ではないですか。 怒!怒!怒! 
 こんなの他にもいっぱい有るんじゃないでしょうか?
 
 この交付金制度は今年3月末で期限切れを迎えるそうですが、政府与党の税制改正大綱では10年間の延長方針がすでに決まっているそうです。
 私たち庶民には年金控除や老年者控除など増税を押し付けてきました。さらに税制改正大綱では消費税増税や、サラリーマンの給与所得控除、扶養控除などの見直しまで謳っており、税の取り方・使い方が問われます。

 やっぱり政治変えなきゃダメですね。国も府も。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2008-01-26 00:28

 2008年1月24日(木) 晴れのち曇り でも1日中雪がチラつく寒い日

 今日は数人の方から、ガソリン税の暫定税率について意見が出されました。「ガソリンは安いほうがいい」「10年も暫定というのか?」「そろそろ一般財源にして暫定税率は止めたらいいんじゃないか」…などなど。みなさんよく新聞やYVを見ておられるので、とてもニュースに敏感です。「今の政治家は2世・3世議員が多く、庶民の苦しみを知らない」…と怒っておられました。

 また、家に帰ると新しい家族を伝える1枚のハガキが届いていました。Yさん無事ご出産おめでとうございます。これからは、お子さんが間違いなくご家族の生活の中心になるでしょうね。大変でしょうが明るく楽しく、親も子も「育ちあい」の子育てをしていって下さい。

 一方、深刻な医師不足で、地方でも都市でも「お産難民」が急増しています。日本産婦人科学界の調査によると、「出産のできる病院・診療所」は2002年に6,398ヵ所だったものが2006年には3,063ヵ所と半減、救急医療を担う施設もこの5年間に1割減少しているとか。救急車で受け入れ先が見つけられずに死亡するという悲惨な事件も増えています。
 医療費削減のために「医学部定員の削減」を閣議決定までして、医師の養成数を減らしてきたことが大きな原因です。

 現在、日本の医療機関で働く医師の数は26万人。OECD加盟国の平均と比べて14万人も足りないそうです。その為、医師は長時間労働、患者はたらい回しという、国民の命と健康がおびやかされる事態となっています。それなのに何故「医学部定員の削減」を閣議決定しなければならないのでしょう。

 福田首相は、道路特定財源維持の理由のひとつに「救急病院への交通の利便性」をあげたそうですが、巨額の財源を投じて道路をつくっても、行った先には病院がなくなっている、ということになりかねません。
 もちろん生活道路の改善は必要ですが、59億円と道路にしか使えない特定財源をつくり、不要不急の高速道路などは、私たちの暮らしや、医療よりも大事なことなのでしょうか?

 市田書記局長は参議院の代表質問で、この問題を取り上げ、「あちこちで病院の閉鎖を余儀なくさせておいて、道路で病院を結ぼうというほど本末転倒の政策はない」「公立病院や診療科を減らす計画を自治体に押しつけることをやめ、国と自治体が地域医療を守る責任を果たし、国公立病院が小児科・産科・救急医療を守る先頭に立つよう改めるべきだ」と求めました。経済のゆがみを打開し、命を守る政治に転換せよと迫りました。
 しかし、あまりやる気の無さそうな首相の答弁に失望です。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2008-01-25 01:21

ねんきん特別便 その2

 2008年1月23日 雨のち曇り

 インフルエンザが広がっている様です。小学校や幼稚園で学級閉鎖が相次いでいます。明日からまた一段と寒くなるそうですから、ご注意ください。

 さて、「ねんきん特別便」について、驚くべき社保庁の「裏マニュアル」があったことを日本共産党の小池参議院議員が公表しました。
 
 社保庁が、昨年12月に全国312の社会保険事務所宛に送ったメール文書は、「最初の一文字を告げて、『○から始まりませんか?』などの誘導はしないこと」「『○○年~○○年頃に勤めていませんか?』などの誘導はしない」などと、なるべく情報を示さないように対応するよう指示をしていた、というものです。

 なりすまし防止の為だということらしいですが、国民の権利が侵害されているのに、その国民を犯罪者扱いするとは本末転倒です。これでは解決がおぼつかないではないですか。
 結局、厚生労働省は「ねんきん特別便」を、内容を改めて、再送することになったようですが…。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2008-01-23 23:49

 2008年1月22日(火)曇りのち雨
 
 850万人に送られた「ねんきん特別便」、社保庁で分かっているデーターを載せずに送ったため、8割が「訂正なし」と回答してきたとか。結局ほぼ本人と分かっていた約500人に再度情報を伝えると、「二百数十人」が思い出して、記録が統合されることになったそうです。

 今送られてきた人は、年金記録洩れの可能性のある方なのに、あまりにも長い期間放置されてきたため、しかも高齢で、本人ですら間違いに気づいていないということでしょうか。

 せっかく分かっている情報を隠していて、本当に宙に浮いた5000万件を解決することができるのでしょうか。見直しの検討を始めたということですが、2度手間、3度手間をしているようです。自分たちのずさんな管理の責任を、加入者に転嫁して挙証責任を求めるのは筋違いのように思います。時間を掛けているうちに当事者が亡くなり、分かるものまでわからなくなるという事もあり得ます。出し惜しみをせず、情報を伝えるべきでしょう。

 昨年相談のあった方は、2度記録漏れを発見したけれど、納付の証明を求められ1つは領収書が見つかり繋がったけれど、もう一つは認められなかったそうです。これって本人が悪いのでしょうか?これでは「最後の1件まで調査する」という言葉もむなしく聞こえます。


 ところで、最近TVを見ると、やけに宮崎の「東国原知事」が取り上げられています。1年目の検証などと毎日のように見かけますが、あまり続くと、大阪の知事選挙への影響も計算しての企画かしらと穿った見方をしてしまいます。これは考えすぎでしょうか?
[PR]
by michiko_fujiwara | 2008-01-22 23:58

記事に思う

 2008年1月21日(月)曇り

 毎日新聞の夕刊に、橋本大二郎・前高知県知事が大阪の知事選について意見を述べておられる記事が掲載されていました。

 「知事は権限が大きくて、大統領と同じような存在とも言われますが、実際は逆です。非情に制約が多かった。特に、国と地方の関係の中での制約は大きい。これぞと思う政策も、なかなか推し進めることができませんでした。~~~苦しい状況の中で、知事の重要な役割は、教育、福祉、防災などの住民の安全にかかわる制度設計でしょう。~~~候補者選びでは公約の実現可能性を見ることも重要です。厳しく見てほしいし、候補者自身も語るべきだ。でないと、単なる人気投票になってしまいます。~~~大(だい)大阪府であっても霞ヶ関にお伺いを立てなくては動けないなら、大阪再生は難しい。そのおかしさを国にぶつける人を選ぶのも一つでしょう。」・・・・・と。

 経験に裏付けられた言葉でしょう。住民の暮らし・福祉を守るという地方自治体の長としてのあり方を端的に語っておられます。
  
 議会与党が応援してくれなければ何もできないと、自民・公明に擦り寄るタレント弁護士の「大阪を変える」は、決して庶民に良くなる方向であるとは思えません。消費者金融「アイフル」の元顧問弁護士であったり、財界のみなさんとは話し合いの機会を持つと言っている訳ですから…。本当に庶民の味方かしら??
 民主党の推薦候補も、太田知事が出ていれば出馬しなかった、と福祉施策を後退させてきた太田府政を認めている上に、関西財界からマニュフェストが良いと褒められているのですから、大阪再生どころではありません。
 
 国に政治のあり方がおかしいとぶつけられるのは、1人しかいないのではないでしょうか。 
 あなたは庶民派?それとも財界派?
[PR]
by michiko_fujiwara | 2008-01-21 23:50

ラストサンデー

 2008年1月20日(日)朝のうち曇り、のち雨
                             c0133422_21233024.jpg
 知事選・ラストサンデーは、ピエロや怪獣とともに楽しく賑やかな宣伝行動となりました。チンドンの鐘と太鼓で注目を集め、ピエロや怪獣は小さな子どもと握手!!お店の中から手を振る人など反応は上々。
 
 しかし日曜なのに、シャッターの降りている店が増えています。休日は車で大型店に行かれる方が多く、平日より人通りが少ないため、はじめから休日にしているんだとc0133422_21242688.jpg聞いたことがあります。 数日前の酒屋さんではないですが、規制緩和や大型店舗法の改悪などで中小商店の営業は本当に厳しくなりました。資本力のある大型店とは品揃え・価格競争・24時間対応サービスなど太刀打ちできません。
 
 思わずのぼり旗に書いてあるように、「元気な大阪」をつくりましょうとメガホンを持っていました。「商都大阪」が一番不景気だなんて、恥ずかしいですね。c0133422_21364126.jpg大企業にはポーンと税金を出し必要のない開発をするんだったら、もっと中小業者を大事にして欲しいものです。
 府立高校のエアコン設置だって地元の電気工事業者はいっぱいいるのに、ダイキンと大阪ガスの合同会社に一括発注したわけで、中小業者に出来る仕事まで大企業に持っていく、こんな府政を変えなければ、どんどん営業も暮らしも悪化していくように思えます。

 中小業者の町大阪、福祉先進都市大阪をつくりたいですね。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2008-01-20 21:28