藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:徒然なるままに・雑感( 48 )

2017年2月1日(水)

c0133422_29484.jpg 週に一度発行される全国商工新聞1月30日号に面白い記事を発見。

 「スナック研究会」(スナ研)をご存知でしょうか。スナックの歴史や現代的役割などを学術的見地から考察するのだそうです。2015年10月に発足。メンバーは9人で憲法、歴史学、刑法、政治思想史、政治学、日本文学などそうそうたるメンバーだとか。もちろん研究会の場所はスナック…と語るのは同研究会代表で、首都大学東京教授の谷口功一さん。

 スナックの成り立ちは東京オリンピックが開催された1964年前後。最初はスタンドバーと言われていたようです。オリンピックを前に様々な規制がかけられ、深夜営業がダメになりますが、食べ物を出していれば深夜営業ができる、ということで軽食(スナック)を出したのがスナックの最初だとか…(そうだったんだ!単純なネーミング(;'∀'))

 当時、地方から多くの人たちが単身で工事のために東京に出てきており、地方から離れた地で仕事を終え、安らぎの場所を求めて立ち寄ったのがスナック。そこには伝統的な共同体や疑似家族を求める姿があり、その点では「ママ」と呼ばれるのもしっくりくる…と解説されています。

 日本のスナックは世界的にも類をみない、日本独自のものだそうです。仕事の基本はコミュニケーションで、話題の引き出しが少ない人には、簡単にできない仕事です。これは私も聞いたことがあります。新地のママさんたちはどんなお客さんにも話題を合わせられるよう情報をキャッチし勉強されている…と。クリエイターや編集者は、スナックは日本が誇る文化だと言って、外国の人たちをつれていっているそうです。まさに「おもてなし」。


 スナックが多い場所ほど、犯罪発生認知件数が少ないというデータ分析もあるとか。総店舗数は東京が最も多いですが、人口当たりにすると、1位は何と宮崎県そして青森、沖縄、長崎、高知、大分、鳥取、秋田、山口、佐賀と続き、東京は44位。市区町村で全国一は福岡市博多区、2位は札幌市中央区、3位に広島市中区、4位に大阪市北区、中央区は7位だそうです。

 そうです。スナックは地方に多い。そしてスナックは地域の人たちが集まる重要な場所になっています。情報も交換される。地域の大事なことも話し合われる。

 スナックは、地元の人たちが夜ごと安らぎを求め、愚痴や悩みを言ったり、打ち明けたりしながら緩やかにつなぎ合っていく場所です。日本独特の「夜の公共圏」、法的な規制を厳しくするのではなく、地方創生のために意義あるものとして見つめなおしていくことこそ大事だと締めくくっておられます。

 ただ飲みたいだけだったりして(笑)、いやいや決してそんなことは申しません。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2017-02-02 01:40 | 徒然なるままに・雑感
2017年1月31日(火)

c0133422_058747.jpg バイクの免許更新手続きに行ってきました。2月18日までに更新手続きしなければ失効するとあり、気にしながら今日まで時間が取れず、ようやく時間確保。

 交通安全協会で写真を撮り、警察で手続きを済ませ視力検査も無事クリア。再び交通安全協会に戻って30分の講習。3週間後くらいに新しい免許証が届くそうです。壊れたメガネが治っていてよかった(*^^)v

 5年前の講習は、ビデオが繰り返し流れ途中からでも一通り見ればそれでOKでしたが、今回は、時間が決められ、担当の方がところどころプロジェクターで、交差点の衝突事故などの動画を挟みながら説明。11時50分からの講習には6つの椅子が一杯になってました。たまたま女性ばかり。1月生まれの方も結構いるもんだな~…と。

 最後はなぜか自転車の話になり、自転車は車道を走る(分かってますが…?)から気をつけろというのかと思えば、自転車が走っても良い歩道の標識と、普通の歩道でも走れるのは子どもと高齢者です…でした。確かに子どもや高齢者が車道を走っていたら危険です。

 しかし池田は古い街ですから狭い道路が多く、自転車&歩行者専用の道路標識はあまりお目にかからない、狭いだけに危険度は高いですから運転する側はさらに注意が必要ですね。さらに気を付けて走ることにしましょう。

 本日は、たわいのない免許更新シーンでした(笑)
[PR]
by michiko_fujiwara | 2017-02-01 01:01 | 徒然なるままに・雑感
2016年12月19日(月)

 どうも、控室のパソコンの調子が悪い。まだ新しいはずなのに。

 時々フリーズして動かなくなるし、手をキーボードに乗せるだけで字が大きくなったり小さくなったりする。

 今日は一般質問の本文作成中にフリーズ!上書き保存も閉じることも出来ない。どうしたことだ。とりあえずそのまま置いて帰ってきたけど、明日はどうなっているだろう。とても心配( ;∀;)

 
 在日(沖縄)米軍は13日のオスプレイ墜落からわずか6日間で飛行再開。事故の調査がまだ終わらないうちに、何の反省もなく「飛行士は飛んで成長する」なんて平気で言う。なんと傲慢な言葉でしょう。他国の領土を借りているという考えなどまったくなく、占領軍そのままです。

 翁長知事が墜落現場に行っても、近づけないし調査すらできない。日米地位協定はアメリカの言いなり協定だと誰かが言ってましたが、ほんとにそう思う。沖縄の県民ほとんどが反対している辺野古の基地建設も同様。日本政府は誰のための政治をしているのか。どう考えても国民を売る、国民の命をおろそかにする売国奴のように思える…のは私だけだろうか(怒)

 
[PR]
by michiko_fujiwara | 2016-12-20 01:06 | 徒然なるままに・雑感
2016年12月14日(水)

 今日は赤穂浪士の討ち入りの日。

 先日、古館伊知郎氏と大石内蔵助の末裔という大学の先生が、討ち入りを事実に基づいて検証すると、浪士は吉良邸に表門から堂々と入ったわけではなく、山鹿流の陣太鼓を鳴らしたわけではなかった…といったTVを見ましたが最後に古館さんは、赤穂浪士は見事仇討ちを果たした忠義者たちで、吉良上野介はにっくき敵として悪者となっているが、どう考えてもこれは殺人であり戦であり、戦争であると考えるとどうなのか、といった問いかけがありました。

 自衛隊についに駆けつけ警護の新任務。誰一人殺し殺されることなく帰国することが出来るだろうか?

 TPPに続いて年金法案、カジノ法案の強行採決。オスプレイが沖縄・名護沖に墜落、日本は今本当に異常事態です。討ち入りは出来ないけれど、国民の怒りの声はあげられます。私たちの税金は、私たちの暮らしに使うのが当たり前。政治家の懐を増やすためのものではない。どうしてもっと国民の声に、真摯に耳を傾けないのだろうか。

 な~んてぼやいてみました。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2016-12-14 22:21 | 徒然なるままに・雑感
2016年10月20(木)

 平尾誠二さん死去の報にびっくり!平尾さんは、神戸製鋼ゼネラルマネージャー・元ラグビー日本代表監督として1999年のワールドカップの指揮もとられた方。53歳だったそうです。早すぎますね。

 私は、ラグビーの事はさっぱりわかりませんが、平尾さんは昨年11月の大阪府市議会議員研修会の講師でした。今日は彼の冥福を祈りつつ、昨年のブログを再掲したいと思います。

               キーワードは「理不尽」と「心の目」

c0133422_1304011.jpg 「気づかせて育てる」へ…というテーマで自身の経験を踏まえ、リーダーの条件とはなにか、選手たちのスキルをアップさせる、壁を乗り越えさせるためには何が必要かなどなど約1時間の講演は、びっくりポンの話に笑いっぱなしでした。キーワードは「理不尽」と「心の目」。

 五郎丸選手の活躍で広がったラグビーブームにも触れ、優れた監督・リーダーに共通するのは極めて「理不尽」であるこc0133422_1313284.jpgと。超自己中心的で普通じゃない。まともな人ではリーダーシップを発揮できないとの話に驚きつつも、選手に世界で闘える力をつけさせるには分らなくもないと思いながら話に聞き入りました。また、選手たちが間違ったことをしているときに「やめろ間違っている」と指摘できない(放置する)人は最も秩序を壊すので、リーダーは務まらない…これは至極納得。

 彼が言うには、リーダーの条件は4つある。①専門性の高さ…人を引き付けるのに必要な知識・技術、②人間性がないとダメ…人の痛み・気持ちがわかるヒューマンスキル、③一貫性がないとダメ…人によって態度を変えるようではだめ、④怒ったら怖いだろうと(実際にはほとんど怒らなくても)予想できる人。この4つのバランスをそれぞれ持っている人がいい…とのこと。

 平尾さんは選手時代に顔だけで60ヵ所、全身で100ヵ所以上の傷があるそうですが、昔の傷は酒を飲み赤くなると傷が浮き出てくるとのこと。それを見て監督が涙を浮かべて「お母ちゃんにあやまらな」というそうですが、その傷をおった時、大量な出血をしていたにもかかわらず試合に出続けさせられたという「理不尽」なエピソードや東京の目黒高校の監督の超理不尽さについて練習試合で結果が出ているにもかかわらず、勝つまで再試合を申し入れるという驚くような「理不尽さ」の応酬があったというエピソードを笑いを交えて紹介。最後は「暗くてボールが見えないので試合は無理だ」と相手監督に言われると「心の目があるじゃないか」といったという超理不尽な監督の言葉に唖然!しかし「理不尽さ」の中にも愛情がなければならない、ヒューマンスキルが極めて重要だと話されました。

 会場からいくつかの質問があり、「政治が市民にとって自分のものだと思ってもらえることが大事だと思うが、平尾さんはどう思うか」との問いに、「安保法など、国民の声が届いているのかと思ったが、若い人たちが政治に興味を持ったことがよかったと思う。身近に感じないと気がつかない。そこに臨場感がないと本当の意味でも民主主義はないと思う。メディアの在り方も問題があり、かなり疑ってみること、全部が間違いではないがそれぞれの思惑が働いている。それを読んで、裏には何かあるとみていくことが大事」などと自分の頭で考えることの大切さを伝えておられたようでした。

 また「昔の指導、今の指導の在り方について、お母さん方の感覚をどう見ておられるのか」との問いには、「最近の選手はみんないい子ちゃんばかりで、ひねくれた奴がいない。反発係数・「くそー!」と思うことは壁を乗り越えさせる力になっていたが、これが今は効果がない。今は叱るよりお前ならできると褒める。それで自信を獲得し壁を乗り越え成長する」といった変化についても指摘。

 私たち議員がヒューマンスキルをどのように身につけ、政治の在り方をいかに身近に感じていただくか、今日のお話が生かせるようにするのか…「理不尽さ」と「心の目」は難しい(笑)

 
 と書いておりました。とても病気でこの世を去られるなど思いもしない講演でした。恩師のこと、ライバル校との練習試合の話など、沢山のエピソードを有難うございました。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2016-10-21 01:34 | 徒然なるままに・雑感
2016年9月24日(土)

c0133422_128092.jpg 池田茶臼山古墳発掘調査の現地説明会に参加してきました。

 茶臼山はUR五月丘団地南側に隣接する場所にあり、私たちが古墳の周りで毎年お花見会を楽しんでいるなじみの場所。子どもが小さかった時は団地に住んでいましたからどんぐりを拾いに行ったりしていました。山元たけしさんも市議のとき専門的立場から土砂が流出する茶臼山古墳の修復を求めていたところc0133422_1323931.jpgです。
 
 いただいた資料によると、池田茶臼山古墳は、猪名川流域に点在する古墳時代前期(4世紀)の前方後円墳で、猪名川左岸で最も早く築造された首長墳の一つと考えられているそうです。
 昭和32年に古墳一帯の丘陵地が日本住宅公団により住宅開発が計画され、あわや破壊されるというところを、地元の方々が保存運動を展開され保存されることになったとのこと。
 
 近年の風雨で侵食が激しい茶臼山古墳の保存状態、墳丘範囲の確認のためc0133422_136245.jpg発掘調査が行われていました。今日は一定の調査が終わり現地説明会が行われたところです。昨年8月の説明会に続いて2度目です。

 調査は、前方部の範囲を把握するため、後方部を横断する第8トレンチを設定して行われました。北側トレンチは墳丘の下段に人頭大の葺石が残っていました。後円部と前方部が接するくびれ部の範囲を把握するため第9トレンチを設定し調査の結果、くびれ状況を確認。c0133422_1374523.jpg切り取った場所から葺石が見つかり、本来古墳に並べられていただろう円筒埴輪が葺石と一緒に転落した状態で見つかっています。

 墳頂の竪穴式石室は、すぐそばの木にスズメバチの巣があるとのことで、公開は危険だとブルーシートで覆われていました。見ることができず残念でしたが資料で状況を聞きました。昭和33年の調査後コンクリートで固められたc0133422_145373.jpg写真でした。盗掘されたのではないかと言われていますが、周辺に埋葬施設は認められなかったとのこと。

 前方部とくびれ部での葺石状況から、前方はまっすぐ伸びることがこの調査でわかり、「柄鏡式」(えかがみしき)の前方後円墳であることが確認されたそうです。また調査の結果62mと言われていた全長は57mだったそうです。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2016-09-25 01:45 | 徒然なるままに・雑感
2015年12月3日(木)

 「トリプルスリー」と言われて何それ?

 2015ユーキャン新語・流行語大賞の、年間大賞でした。プロ野球の柳田悠岐選手(ソフトバンク)と山田哲人(ヤクルト)選手が達成した「打率3割・30本塁打・30盗塁以上」のトリプルスリーだったんですね。野球に疎い私には理由を聞くまで解りませんでした。知る人ぞ知るでしたが(知らないのは私だけ?)大賞なんですね。

 「爆買い」…これは私にもわかります。中国人観光客の大量の買い物。これを見ていたら中国との緊張関係も政治の責任で、それぞれの国民にとっては関係ない、そんな気がします。

 そしてトップテンに選ばれた「安倍政治は許さない」「SEALDs」…私たちにとってはこちらが大賞になった方がしっくりきます。あらゆる階層の人たちが「戦争法」は憲法違反と立ち上がった日本の歴史の1ページを飾る程の出来事だったから…。

 「安倍政治は許せない」は毎月3日の日にプラスターを掲げて午後1時きっかりに全国各地でスタンディング行動が提起され、この運動は安倍政権が倒れるまで続きます。池田でも石橋でスタンディング行動が行われました。

 「SEALDs」は学生さんたちが、戦争法について学び、許せないと行動をおこし、その運動は全国に広がりました。戦争法が強行された後でも決してあきらめず、次の選挙で賛成した議員を落とすために「野党は共闘!」に発展しています。

 こうした諦めないと意思を示した彼らの声を受け、共産党がそれに応えようと「国民連合政府」を提案するに至りました。疑心暗鬼の政党もあるようですが、

 私たちにとってはこの2つが「大賞」ですね。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2015-12-04 00:15 | 徒然なるままに・雑感
2015年10月20日(火)

c0133422_0405540.jpg 瀬戸内寂聴さんがSEALDsを題材にした恋愛小説を書かれたそうです。文芸誌「すばる」11月号「さよならの秋」。

 主人公の千秋が瑛太という彼に散々バカにされながら、SEALDsのデモに参加しそこで新しい男性と出会い恋をする話らしい。「今好きになった涼は、このまま今の政治の好きにさせれば、アメリカのおしりにくっついて、私たちは戦争で殺される羽目になるって言ってます」
 な~んてことが書かれているそうです。

 瀬戸内さんは病気療養を押して、黙ってはいられないと戦争法案反対を訴えてこられました。93歳の瀬戸内さんが国会前で運動を展開するSEALDsを題材にし、しかも瑛太という元枯葉ラグビー選手という設定ですから、W杯予選で競合南アフリカを倒した日本の活躍も視野に入れた物語のようです。

 「だって今の総理の断行しようとする戦争法案が通ったら、瑛太も戦争に引っ張られるのよ。女だって応召されるのよ。私たちの未来はつぶされるのよ。そんなのイヤ、絶対イヤよ」「瑛太は笑うけど、デモってるときって体の中が透明になって、自分の事なんか無くなっちゃう。みんなで生きようよって、高揚した気分が体いっぱいにみなぎってくる…」と瀬戸内さんが若い女性の主人公に自分の想いを託すかのような小説。

 でも93歳・大正11年生まれというと私の母が大正10年でしたから、とてもLINEとか既読とか使うなんて想像もできませんが、それをさらりと小説にするなんてすごい方ですね。(10月20日付毎日新聞・コラムより)
[PR]
by michiko_fujiwara | 2015-10-21 00:43 | 徒然なるままに・雑感
2014年10月27日(月)

 「AS YOU LIKE」、9月初旬に知人が亡くなれれ、お香典返しが届きました。

 私も、夫と母を送りましたが、18年前の夫の時には初めての体験ばかりで葬儀に参列していただいた方の名簿の整理などに追われながらこの方には何をお返ししようか悩んだものでした。その後葬儀事情はどんどん変わり、8年前の母親の時には「AS YOU LIKE」のような冊子を送りました。ご本人に好きなものを決めてもらうことが一番合理的だと思ったからです。 最近は、お香典を受け取らない方も多く、家族だけで送られる方もいます。

 しかし、優柔不断な私にとってはこの「AS YOU LIKE」は、何でも選べるようで何を選んでいいのかわからない というのも正直なところです。以前、結婚祝いのお返しで、返事するのを忘れていたら、そういう人のために「何も選ばれない方はこの品物を送ります」と中華鍋が届いたことがあります。今回は「有効期限が過ぎたら商品との交換は受けられません」と書いてありました。

 さあ何を選ぼうか、時計、器、傘、食器、バッグ、アートフラワー、小銭入れ、玩具、調理器具、クッションカバー、タオルセット、スイーツもあります。魚介類、肉、洋食セット、ラーメン、梅干し、おかき類にお茶、入浴券もあればネックレス、スポーツ用品、家具類と何でもありです。
あ~目移りします。明日にしよう…(笑)
[PR]
by michiko_fujiwara | 2014-10-28 00:12 | 徒然なるままに・雑感
 2014年7月22日(火)
                        c0133422_0336100.jpg                        
 朝日新聞夕刊で懐かしい記事を発見。

「廊下109㍍ 雑巾がけ競う」…寄り道遍路・四国発…というコーナーです。

 標高500㍍の歯長峠を越えて、宇和島から西予市に入った。43番札所の明石寺は小高い山の中腹にあり、境内は緑に囲まれている。
 参拝の後、白壁の旧商家が軒を連ねる卯之町を歩いた。この町には、1882(明治15)年に建てられた旧開明学校がある。重要文化財で、洋風をまねた校舎は現存する学校建築では四国で最も古い。
c0133422_0335887.jpg 近くに宇和米博物館という施設があった。こちらは1928(昭和3)年に建てられた旧宇和町小学校の木造校舎を利用して91年にオープン。国内外の稲の標本や明治以降の農具を展示している。
 この博物館を有名にしたのは長さ109㍍の板張りの廊下だ。ここを舞台に雑巾がけのスピードを競う「Z-1グランプリ」が2004年から開催されている。

と言った書き出しで、記事はまだ続いていますが、実は私が卒業した小学校がこの宇和町小学校。いつの間にか施設になっていたんですね。この廊下、私たちは100間(けん)廊下と言ってました。外側には雲梯の輪っかがぶら下がっていたような記憶があります。当時クラスは、月組、花組、松組、雪組、星組とまるで宝塚みたいな名前で、私は6星(6年星組)でした。近くには松葉城という城跡が…。開明小学校の近くには高野長英が隠れ潜んでいたという小屋が保存されていました。

 父母、祖父母たちのお墓参りに帰った時、開明小学校が観光化されているのに驚きましたが、今では宇和町小学校まで施設と化しているとは…。100間廊下が珍しく、つぶされることなく保存されていたんですね。

 この地は、少し先の宇和島が伊達のお殿様ということですから、その影響か、東北・仙台と似た風習があります。例えば七夕飾りも規模は小さいですが商店街の2階から1階にかけて垂れ下がり壮観でした(七夕は当時は7月7日ではなく旧暦でひと月後れの8月7日だったような)。秋祭りには鹿踊りもありました。今では懐かしい思い出です。

 四国を旅することがあるようでしたら、是非卯之町にお立ち寄りください(笑)。
 
[PR]
by michiko_fujiwara | 2014-07-23 00:36 | 徒然なるままに・雑感

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara@wombat.zaq.ne.jp


by michiko_fujiwara