藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:選挙関連( 62 )

2015年11月29日(日)

c0133422_0283792.jpg 池田市長選挙がスタートしました。

 応援弁士に清水ただしさんを迎え、池田駅・ダイエー前で出発式。清水議員は、どうして知事選挙と一緒にできなかったのか、それは前職がやめて知事選挙に出たとき、落ちたらまた出られるように日程を設定したため、この時期の選挙となってしまった、党利党略、自分のために税金を使うような候補者ではなく、清潔で市民のために頑張ることができる山元たけし候補をと訴えられました。

 ママの会のIさんからは自分たちの声が届く市政にしてくださいと訴え、前回の市長候補だった柴田さんからも行革推進の市政を変えようとエール、一緒に議会活動をしてきた私からはその横顔を紹介させていただきました。

 山元たけし候補は、憲法をくらしの隅々に生かした政治を勧めたい、福祉先進都市、少人数学級で行き届いた教育を、地元中小業者を応援する制作を進めたい、土砂災害、水害対策進めたい、何よりも平和でなければならない、戦争法廃止、9条守れと全国に発信して住民の命を守りたいと訴え、元気よく出発しました。

 池田にお住まいの方、お知り合いがおられる方、超短期決戦ですがご支援よろしくお願いいたします。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2015-11-29 23:59 | 選挙関連
2015年11月28日(土)

c0133422_23341063.jpg いよいよ明日から、池田市長選挙が始まります。昨日出馬表明をして、12月6日投票まで実質1週間の超短期決戦。

 山元たけしの出発式は明日、11月29日午前9時から、池田駅前・ダイエー前で行います。休日の朝ですが、是非お越しください。清水ただし衆院議員も応援にかけつけていただく予定です。

 憲法が、今ほどないがしろにされているときはありません。

 多くの国民が反対していたにもかかわらず戦争法を強行し、消費税増税、TPP参加、原発再稼働、社会保障制度の改悪、貧困と格差が拡大し国政、市政のあり方が問われます。

 山元たけしさんは私と同時期に市議会議員に当選し、2期8年市民の暮らし最優先の市政をと、頑張ってきたためされずみの政治家です。今回、みんなのための新しい池田市政をつくる会・通称みんなの会と政策協定を結び無所属で立候補します。

 憲法を暮しに生かし、子育て支援、福祉・教育優先の「福祉先進都市」をめざし、会のみなさんと一緒に頑張ります。54歳働き盛り、どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2015-11-28 23:36 | 選挙関連
2015年11月27日(金)

c0133422_1415522.jpg 11月29日告示、12月6日投票で池田市長選挙が行われます。

 現職市長と前市長が既に立候補を表明していますが、今日「みんなのための新しい池田市政をつくる会」(みんなの会)から山元たけし前市議(54歳)が立候補することになり、豊中の記者クラブで出馬表明の記者会見。出馬に当たっての決意、横顔(素顔)についての質問、写真撮影が行われました。

 超短期決戦となりますが池田にお住まいの方、お知り合いのある方ぜひご支援お願いいたします。

c0133422_1375937.jpg
c0133422_1384843.jpg

[PR]
by michiko_fujiwara | 2015-11-28 01:48 | 選挙関連
2015年11月21日(土)

c0133422_2311279.jpg いよいよ明日は大阪府知事選挙の投票日、くりはら貴子さんをよろしくと最後の宣伝。

 今日は栄本町の池田民商からスタートをしてハローほんまち商店街を通り、UFJ銀行から国道176号線を渡って駅前へ。サンシティビルの前で少し宣伝。そこからいつものダイエー前へとパレードです。

c0133422_23123283.jpg 今日は愉快な助っ人登場。「維新政治に困っトラ」「オール大阪で府政変えるワン」「民主主義破壊の政治はサル」「トリのように新しい大阪に向かって羽ばたこう」な~んちゃって、あっ!スマートなクマちゃんもいました。5つのぬいぐるみさんたちが子どもたちに大人気。ときには冷めた目で「これって何か意味があるの?」とお母さんに聞く子どもが…。

 
c0133422_2314255.jpg ダイエー前からさらに高架下を練り歩き、観光案内所前でしばらく通りかかる人たちに「くりはら貴子さんをよろしくお願いしま~す!」。引き続きバスターミナルからてるてる広場まで歩きながら訴え、池田駅から石橋駅へ電車移動。トラさんとイヌさんは車で送り迎え。電車に載ったキジさんとおサルさんは電車でどんなまなざしを受けたでしょう(笑)


c0133422_23152266.jpg 練り歩きの最後は石橋商店街。駅東側(箕面線側)で宣伝隊とぬいぐるみが合流し、国道から赤い橋商店街、さらに駅西口からサンロードを通りスーパートーエイでUターンして西口駅前へと歩きます。池田・石橋の通し行進を含め約50人の隊列となりました。



c0133422_2316873.jpg みなさん約2時間のパレード、お疲れ様でした。最後まで「くりはら貴子」さんを訴えつくしましょう。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2015-11-21 23:22 | 選挙関連
2015年11月19日(木)

c0133422_033309.jpg 今日の池田駅の夕暮宣伝は、いつものダイエー前と、駅2階Nビルとの連絡通路の2ヶ所に分かれて宣伝。プラスターをじ~っと見て反維新を確認されたのか「もう入れててきたよ」と声をかけて下さるなど、何人かの方が投票済みの様子。「お知り合いにひろげてくださいね~!」と言いながら配布。

 明るい民主府政をつくる会は、知事選告示以降連日日刊ニュースを発行(土・日は別)し、今日で11号を数えます。8年間の維新政治がどうだったのか具体的事実を知るにつけそのひどさ、異常さが分かります。自分と意見が合わなければすべて敵とみなし、異常な攻撃をする、およそ民主主義とは相いれない独裁政治に終わりを告げなければなりません。 

 本日の「日刊オール大阪さよなら維新」vol.11は、表面が「オール大阪で前進」、裏面は、対立・混乱、くらし・経済を悪化させる大阪に「後戻りさせる維新」と、維新の会の言う「前進か後退か」に反論する内容です。この間、市民と自民党や共産党が「維新政治ノー」で共同し、勝利した市(堺、貝塚、岸和田、寝屋川など)で、国保料の値下げ、保育料軽減、市民病院の充実、高齢者のお出かけ応援バス拡充など市民サービスが良い方に変化している事実を上げ、一方で嘘とペテンで府民をだましてきた維新政治の実態を紹介しています。何が前進しているのか、後退しているのかがよくわかります。

 選挙戦もあと2日を残すのみ。福祉・医療・教育をつぶすのか充実させるのか、民主主義を破壊するのか守るのか、何を前に進めるべきかを考え選択していただきたいものです。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2015-11-20 00:37 | 選挙関連
2015年11月16日(月)

c0133422_1241311.jpg 今日から毎日新聞夕刊1面に「選択のとき」と題し、大阪府知事・大阪市長のダブル選について有識者に争点や課題を聞くコーナーができました。

 初回の識者は作家の雨宮処凛さん。次のように述べておられます。

 大阪は生活保護の受給率の高さや貧困の問題がかなり深c0133422_1251390.jpg刻なのに、打ち上げ花火のように派手な経済成長策ばかりが論じられてきた。政治で一番大事なのは、経済的にも社会的にも弱い立場の人たちに手を差し伸べ、生活水準を底上げすることだ。そういうことを手堅く地道にやっていくことが住民の安心につながる。

 生活保護の受給率が高いのは、それだけ貧困層が補足され制度が機能している証といえる。生活保護を受けるべき人に受けてもらったり、子育て世代の家賃補助制度を充実させたりすれば、貧困や少子高齢化の問題は改善されるはずだ。

 教育の問題では、橋下徹・大阪市長が市長に先立って大阪府知事に就いて以降、競争を通じた学力向上策が強化されてきた。最も大事なのは、いじめの被害者や不登校の子どもを起点にスタートすることだ。競争を激しくして学校を締め付ければ、「できないやつは足手まといだから、学校に来るな」というメッセージになる。学力だけをつけたとしても、それが何になるのか。学力があれば、良い就職ができ、幸せになるとは限らない。多面的に人材の育て方を考えるべきだ。

 この夏は、日本の民主主義が、がらっと変わったと思う。安全保障関連法制に反対する動きが強まり、若者を中心にデモや街頭演説に参加する市民の姿が目立った。政治を語るのが当たり前の日常になってきたのは、希望が持てる。聞こえの良い大阪の将来像であれば、候補者間のわずかな誤差しか比べられない。むしろ耳の痛いような課題について、それぞれの候補や陣営に見解を問い合せ、調べて見て欲しい。

 有権者のマイナスの気持ちをガス抜きさせ、熱狂させるような政治家の物言いが支持される傾向が見受けられるが、条件反射的に即応しないでほしい。一呼吸おいて、3段階先、5段階先に何が起きるのかを冷静に読み取る成熟さが求められている。

 という内容。

 本当にその通りですね。目先のパフォーマンスに惑わされることなく、自分たちの暮らしをどうさせていきたいのか、見極める必要があります。対立する相手を徹底的にののしり貶めるのではなく、正々堂々と政策論争すべきですが、どうもそうではなさそうですから、私たちはこれまでの8年間がどうであったか具体的事実を検証することが大切です。

 府政は直接市民の暮らしに見える形ではなく、市町村を通じて事業が行われているので、各自治体が補てんしたりすると、なかなか真実を知ることが難しいですが、日刊ビラや丸わかりパンフなどでその実態を検証してみてください。変える方向性はどこへ向いているのか、暮らしにどう影響するのかきちんと見極めましょう。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2015-11-17 01:32 | 選挙関連
2015年11月12日(木)

c0133422_151529.jpg 今日は午前中生活相談、午後は久しぶりに民商の会員さんを訪問、高齢で廃業され一人暮らしをしておられる方も訪ねると、「最近自宅で倒れていたの」とヘルパーさんに発見され救急搬送された話から、国民年金だけで今後一人暮らしがとても心配だと相談を受けました。約1時間強話を聞き、時間切れとなったのでここで訪問を打ち切り、駅頭宣伝に参加。明るい会日刊ビラ11月12日号はすべての子どもに寄り添った教育を求める内容とまとはずれの「野合」攻撃への反論です。宣伝が終わるや否や呉服地域コミュニティの「小南市長の出前講座」に参加し、続いてバイクを石橋の市民文化会館まで走らせ自民党主催の「くりはら貴子個人演説会」に飛び込むというあわただしい一日でした。

c0133422_1523062.jpg 小南市長の出前講座では、ガーデンシティ構想のパンフをいただきました。しかし参加者の顔ぶれを見て、知事選投票日の1週間後に市長選挙の告示と選挙が続く点で、投票日をなぜ一緒に合わせられなかったのかについての説明からスタート。

 4年前の11月8日、前市長が知事選出馬で辞職され、最大50日以内の投票日を設定する必要があり前市長の出来るだけ伸ばしてほしいとの意向で12月25日投票になった。知事選と一緒に投票日を設定すれば費用は半減するそうですが、前倒しで投票日を設定できるのは30日以内となっており、知事選に合わしたくても合わすことが出来なかったようです。自分が引退するときには一斉地方選に戻すか知事選に合わすようにしたいとのこと。

 この間の取り組みとして、学校施設再編整備計画の見直しで耐震化を優先し子どもたちの安全を第一にしたことが述べられ、次は学校トイレの改修が必要であること、給食センター老朽化で建て替えの際細河小学校跡地を活用し中学校給食もデリバリーから食缶方式に変える方向であること、英語教育にさらに力を入れること、人口減少予測に対する対策として子育て支援をすすめたい。18歳まで子どもの医療費助成を拡充、妊婦健診は10万から12万円へと全額補助へ、市民病院の診療内容の充実、地域包括ケア病棟、看取り病室の設置など今後の抱負を述べられました。

 これらの内容は私たちの要望とほぼ一致できるものとして歓迎ですね。

 出前講座の後は文化会館へ。

c0133422_1534614.jpg 生まれて初めて自民党の演説会に参加しました。維新府政を終わらせるために、オール大阪でくりはら貴子候補を知事にしようと私たちも自主支援しているため直接訴えを聞きたかったからです。
会場では「演説会始まって以来初めて共産党の議員が出席してくれている」と紹介もされました。

 原田府会議員、原田衆院議員、小南市長、そしてご本人の登場(箕面から池田、能勢へ)。どなたからも公認会計士・税理士として数字に強いだけでなく、中小業者の経理を見てこられただけに中小業者への支援で元気な大阪をつくりたいと言っておられること、大阪から企業が流出していること。二重行政の解消と言いながらWTCビルを買い取り咲州庁舎と大手前庁舎を行き来しなければならない事こそ二重行政ではないか、しかも防災拠点とはなりえないことも指摘。大阪国際空港を無くせといったのは誰だったか(橋下氏)などなど語られました。

 くりはら候補は声こそかすれ気味でしたがとても元気、勝負服の赤いスーツで登場。厳しい選挙だけれど確実に追い上げている。自分だけでは府民のみなさんに語りつくせない。参加された皆さんが語り広げて押し上げて欲しいと訴えられました。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2015-11-12 23:43 | 選挙関連
2015年11月11日(水)

c0133422_113766.jpg 「明るい民主府政をつくる会」は、維新政治の8年間を検証する日替わりビラを連日発行しており、それぞれの駅頭で配布しています。

 11月11日号(オール大阪 さよなら「維新」vol.5)は維新流「身を切る改革」って何だ?⇒これだ!…維新議員の政務活動費不正使用が何人も続いていることを具体的に紹介。また、維新の党の分裂騒動で政党助成金をめぐる泥仕合をc0133422_120653.jpg行っている実態、退職金ゼロのまやかしを伝えています。

 裏面では、咲州庁舎こそ二重行政の象徴であることを訴えています。

 もともと大阪府庁舎の咲州への移転は、2009年2月と9月の2度とも府議会で否決されましたが、自分の意見を押し通すのが橋下流。結局2009年9月議会で大阪市が持てあましていたWTCビル購入議案を可決しました。そして性急に一部の部局(職員の4割・2000人)を移転させましたが、3.11東日本大震災で大阪でも震度3を計測しスプリンクc0133422_1204872.jpgラーが壊れ、天井や壁など360ヵ所が損傷するという事態となりました。今ではゴーストタウン化しています。

 防災拠点にするどころか救出されなければならなくなるような被害を受けたにもかかわらずいまだに存続に固執。職員は片道40分かけて咲州と大手前の庁舎を行き来しているそうです。咲州庁舎は、これまでの5年間で購入費などで134億円、今後30年間で維持補修費用が1201億円かかるとのこと。咲州庁舎から撤退する方が145億円も安くなるといった試算もあります。

 維新の会はしきりに二重行政の解消といって大学も病院も体育館も2つは要らないと言っていますが、これらは市民の利用がどちらもほぼ満杯状態にもかかわらず減らせと言って市民サービスを奪おうとしています。必要なものを削り、危険な咲州庁舎は存続。これこそ二重行政の象徴ではないでしょうか。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2015-11-12 01:23 | 選挙関連
2015年11月10日(火)

c0133422_1505599.jpg 日本共産党や多くの団体個人が参加する「明るい民主大阪府政をつくる会」はくりはら貴子さんで対立と混乱を持ち込み、福祉・教育を切り捨て民主主義を破壊してきた維新政治を終わらせようと、維新府・市政の8年間を検証する「Wの焦点 まるわかりパンフ」を発行し、連日日替わりの日刊ビラを発行しています。

 11月10日付ビラには、維新の松井知事が言う「身を切る改革」は市民サービス切り捨ての入り口だと次のような記事を載せています。

 維新政治は「身を切る改革」と言って知事の退職金をゼロにした、職c0133422_1521017.jpg員を削減したなどと宣伝しています。しかし実際はそれを入り口にして゛いのちとくらしを守る本来の仕事”をばっさり切り捨ててきました。維新政治の7年間で1551億円の削減、維新市政の3年間で469育円も市民施策が削減されました。

 退職金ゼロ。実は手取りは348万円増(知事)

 知事退職金、全国初の「ゼロ」と宣伝していますが、実際には受け取る額が増えます。1期4年の退職金1257万6000円をなくすかわりに48ヵ月の報酬に分割して上積みます。これが夏冬のボーナスの額につながるため4年間で348万円も手取りが増えます。

 身を切るどころか…ですね。松井知事や橋下市長の言葉をうのみにせず、具体的事実を見て判断することが大切です。この8年間の真実をよく見ていきたいですね。

 プレートや缶バッジなどのグッズも出来ました。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2015-11-11 01:58 | 選挙関連
2015年5月17日(日)

c0133422_042429.jpg 大阪市を無くすかどうかの住民投票は、17日の投開票の結果、反対705,585票、賛成694,844票で10,741票という僅差で存続が決まりました。これで5年にわたる「都構想」は白紙に戻されました。出口調査の結果はほんの少し賛成が多かっただけに、本当に最後まで不安でした。

 カジノ構想に近い此花区や港区、大正区、西淀川区、住吉市民病院の廃院を決めた住之江区や住吉区、橋下さんが名指しで「都構想で西成という名が無くなる」と差別発言をした西成区、生野区、旭区、阿倍野区、天王寺区、東住吉区、平野区で反対が賛成を上回りました。

 これを受け、橋下、松井両氏は記者会見を行い、「大変重く受け止める。残された任期を精いっぱい務め任期満了以降は政治家はやりません。敵をいっぱい作るぼくのようなタイプはワンポイントでいい」と将来も政治家をやることはない、維新の会の顧問弁護士をしたいと申し入れているとも言っていました。

 むむ、顧問弁護士で後から糸を引く?

 出口調査の結果によると、高齢者、特に70歳代、50歳代が反対多数だったようです。賛成を投じた方も、今よりも良くなることを期待しての改革を求めているのであって住民サービスが低下することを望んでいたわけではないと思います。そういった意味で今後の市政の在り方が問われることになります。無駄な大型公共事業ではなく、政令市としての権限と財政を、高齢者も若者も安心して暮らせる住民サービスの充実した市政に使うことが求められているのではないでしょうか。

 年末の知事選挙と大阪市長選挙、加えて池田の市長選挙の行方が今後どうなりますか…・
[PR]
by michiko_fujiwara | 2015-05-17 23:56 | 選挙関連

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara@wombat.zaq.ne.jp


by michiko_fujiwara