2017年4月26日(水)

c0133422_146352.jpg 政府閣僚の不祥事は今に始まったことではありませんが、さすがに安倍首相も謝らざるをえないほど情けない今村雅弘復興相の発言。結局「震災がまだ東北でよかった。これが首都圏に近かったりすると甚大な被害があった」の発言で野党だけでなく与党からも批判の声が相次ぎ、辞任せざるを得なくなったようです。しかし復興相が被災者のために支援する立場でありながら、先日も原発事故の自主避難者について「本人の責任」などと発言し被災者の怒りを買ったばかり。とても被災者に寄り添う気持ちを持っているとは思えない。

 トップがトップですから閣僚も緩み切っているのではないか、こんな人たちに、国民の暮らしを、税金の使い方を任せたくない…これ国民の正直な気持ちです。議員は辞めないそうで厚かましいですね。首相の口先だけでない任命責任が問われます。同様に復興相に今村氏を推薦したとされる派閥の長・二階氏に至っては、マスコミが悪いかのような、今村氏をかばう発言をしたことも問題です。ひどい発言をしたという認識がないようです。 
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2017-04-26 18:10
2017年4月24日(月)

c0133422_1412679.jpg
 先日、2021年春に中学で実施される新学習指導要領の本文に、保健体育で必修の武道の選択肢として「銃剣道」が初めて明記されたとの毎日新聞の記事を紹介しましたが、今日は池田で銃剣道を選択する可能性があるのか、教育委員会に尋ねてきました。

 池田での武道の時間は年間10時間程度(1・2年生)。武道の種類は柔道、剣道、相撲、空手、薙刀などあるそうです。基本的には各学校に教育課程編成権があるそうですが、協議の上、池田の5中学では柔道を選択しているとのこと。府下でも柔道と剣道が9割を占めるとか。

 指導者は体育の先生。教員免許取得の際柔道を履修されている先生が多く、大阪府でも講習があるし、池田市の講習も行われているようです。授業を履修するには教員でなければ教えられない、だから外部指導者では履修となならない…なるほど。

 柔道の授業は、畳を敷くところから始まり、柔道着を着る、座る、初歩的な受け身、所作、寝技(たまに立ち技もあるかも)と基本的なもので、男女一緒にやるそうです。

 問題の銃剣道は、指導者もいないし防具の準備など考えると現場としては難しい、毎年教育課程編成があり指導者が変われば別の武道に変わる可能性はあるかも。しかし、人を殺す目的でつくられた銃剣道に教育的見地があるのだろうか?学習指導要領に加える意味が分かりません。

 また、教育勅語を教えてもいいとの政府の発言について、池田市で教える可能性があるのかと聞きますと、道徳の時間があるので今更との感がある。あくまで「使ってもいい」というだけで「使え」ではない。道徳は特別の教科なので数値化ではなく文章評価を行う。検定教科書を使うとのこと。私にすれば、何をいまさら「道徳」の時間が教科として必要なのか、と思いますが…。

 教科書選定は4年に1度行われるそうで、小学校の道徳、中学校の道徳、小学校の教科書、中学校の教科書と毎年選定が行われることになるようです。どんな教科書が選ばれているのか見ておく必要がありますね。
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2017-04-25 01:34 | 教育
2017年4月23日(日)

c0133422_234913100.jpg
 先日、大阪府都市監査委員会の定期総会・研修会に出席してきました。33市4組合1連合、38団体すべて出席のもと、29年度の会議等の報告事項、平成28年度の決算、平成29年度予算、会長都市、監事都市などの審議事項、会議等開催連絡など承認されました。

 研修は、公認会計士の森田洋平氏による「統一的な基準による公会計制度の概要と実務(監査)のポイント」。
 1、地方公会計制度とは 2、複式簿記・発生主義について 3、公会計の財務書類作成について 4、財務書類作成の実務 5、固定資産台帳更新の実務 6、財務書類の活用 の6つのテーマで説明がありました。 
 平成30年3月末までには統一的な基準による財務書類等の作成ができるようにすること、つまり平成27年から概ね3年間で移行することになっているようです。

 これまでの地方自治体の会計制度は「単式簿記・現金主義会計」で実施されており、家計簿のような金銭出納帳に近い現金の動きを中心にした会計処理が行われています。3月末まで入出金処理が行われ、出納閉鎖後の処理で4月5月の入出金のうち前年度分を加えて決算処理がなされています。しかしそれだけでは、資産や負債の管理が把握しにくい。借入金の返済がいつまで続くのかなど、将来負担に対応するために民間企業で採用されている「複式簿記・発生主義会計」を取り入れるということのようです。

 地方公共団体の官庁会計は、住民の福祉の増進という地方自治体の役割を果たすため、予算の執行が適正に行われているかどうかがチェックポイントですが、民間企業の企業会計は利益の追求が目的であり、資産や負債の管理などをきちんと行う複式簿記の利点を生かすことは大事ですが、ともすれば利益追求のために予算の使い方の目的を忘れて住民の福祉を安上がりの行政にしてしまってはなりません。

 複式簿記は、現金の流れを見る損益計算書と資産負債の動きを見る貸借対照表が同時に作成でき財政状況を正しく把握できる優れもので、不正も起きにくいものですが、公会計としては会計の明朗性と同時にあくまで憲法の精神を忘れず、地方自治体の役割が果たせる視点での処理が求められます。

 私たち議員は、地域住民の福祉・暮らし・教育などの充実という観点でチェック機能を果たす必要があります。職員さんも新しい公会計に切り替える研修が必要でしょうし、私たち議員も正しく学ぶ必要がありますね。
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2017-04-23 23:57 | 議員活動
2017年4月19日(水)

c0133422_0464562.jpg 能勢2日目は、棚田100選に選ばれた能勢の棚田に上がりました。

 今は田を耕し、水をたたえた状況ですが、段々畑のように急傾斜地に畔の緑が縁取りのように弧を描いています。今の時期c0133422_039541.jpgと苗が育った時、冬の雪景色も美しいと教えていただきました。シラサギとクロサギが棚田でえさをついばんでいました。

 「この自然環境と能勢の農業を守りたい。自民・公明・維新が進める農業つぶしは許せません。c0133422_0404899.jpgTPPや二国間協定には反対します」などと訴えながら、いろんな花が咲き乱れる「春」の能勢の町を候補者カーで走りました。

 畑の中から手をあげて下さるc0133422_0475636.jpg方、家から出てきて手を振って下さる方などなどあたたかいです。

 小中学校統廃合で、能勢牧場の跡地に建っている学校は、ちょっと見、森友学園を思わせるようなたた住まい。同じ敷地ですが、小学校部分と中学校部c0133422_050383.jpg分は別棟のようですから、池田のほそごう学園のように、市小学生が廊下で走り回ったり図書館で走り回ることがないのかもですね。

 初めから少人数学級ですから、私たちのように、全学年で「少人数学級を」という必要もなく、それよりも通園バスが10台で峠の向こうから通わなくてはならないことの方が大事で、通学路の安全性の確保が課題のようです。車が行き交う道路を何とかしてほしいとの願いが出ているようです。
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2017-04-20 00:51 | 選挙関連
2017年4月18日(火)

c0133422_0441599.jpg 今日は能勢町会議員選挙の告示日。中西けんじ候補の応援に行ってきました。

 日本の原風景ともいえる山と川と田んぼ、さくらや梅、菜の花、こぶし、木蓮、タンポポ、水仙等々一気に春が来た感じです。c0133422_0494414.jpgたんぼの中につくったテント仕様の選挙事務所で、衆院比例候補のわたなべ結さんや山元たけし9区候補、地域の方々が、中西候補の人となりや実績、共産党だからできるチェックc0133422_0511921.jpg機能、野党共闘の島本町長選の結果、今国会で種子法の廃止が進められようとしていることなどなどそれぞれの立場から応援演説が行われました。

 中西候補は、2期目に挑戦ですが、子どもの医療費助成は18歳までc0133422_0532521.jpg所得制限なしで拡充、昨年の大雪ではテントハウスが壊れた農家のために、農民組合と一緒に農林水産省と交渉し保障の道筋をつくる、ダイオキシン問題では他の議員と一緒に100条委員会を設置し追及するなど、実績豊かで頼れる候補者です。

 風邪の咳が残る中候補者カーで一緒に町内くまなく立候補のご挨拶。

 定数12に対し13名の立候補でひとりはみだしの選挙となりました。福祉、教育を守り、農業の改善とまちづくりを皆さんとご一緒に。平和でなければ実現しないことと訴えます。

 18歳の子どもの医療費助成の拡充や就学援助制度の入学費用を入学式までに支給することを国の通達通り実施することなど、池田にも実現させたいこと。しっかり学んで帰りましょう。

 
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2017-04-19 00:55 | 選挙関連
2017年4月16日(日)

c0133422_137363.jpg 3月の終わりにひいた風邪でいつまでも咳が抜けずなかなか自力で治らないため、もう一度薬を出してもらいましたが、今年の風邪は花粉の影響もあるのか、長引く例が多いそうです。皆さんもご注意ください。

 さてその医院で「年金ニュース」創刊号を発見。「年金改革法が成立しました」という表題で、年金の仕組み、年金が今後どうなるのか(すでに年金を受けている人へ、もうすぐ年金受給される方へ、現役で働いている方へ)など簡単なパンフレットですが、しれっと平成16年に「マクロ経済スライド」を導入したとあります。

 現役世代が負担する保険料水準は固定した上で、現役世代の減少や寿命の延びに応じ、物価や平均賃金の伸びを一部差し引いて年金給付の水準を調整する仕組みです。前年度より年金額が下がる調整は行いませんが、平成30年4月からは、物価・賃金が上昇した際に、過去の未調整分も繰り越して調整します。とありますが、この間年金額は下がり続けています。そして物価・賃金が上昇した際に過去の未調整として引き下げるということでしょうか。物価が上がって年金下げられたら生活は苦しくなるのは目に見えています(前年より下がらなくても実質下がるのと同じですね)。消費不況が続くのでは?これで100年安心の年金と言えるのか…と疑問。

 なお、平成29年8月から、年金受給に必要な期間が25年から10年に短縮されることになります。すでに65歳以上で、今回の短縮により需給が可能になる方には、平成29年2月末~7月に日本年金機構から「年金請求書」が郵送される予定です。早ければもう届いていることになりますね。届いている方は必要書類を添えてお近くの年金事務所などにご提出ください。対象なのに7月末までに届かない方はお問い合わせください。

 年金が少なすぎて生活困難な場合新たに「福祉的給付金」(年最大6万円)が始まるそうです。給付金は必要でしょうか、基本的には最低年金制度で、生活できる年金額への引き上げが重要です。

 
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2017-04-17 01:37 | 福祉・社会保障
2017年4月15日(土)

 森友学園・塚本幼稚園で「教育勅語」が唱和させられていることで驚きましたが、安倍内閣が「教育勅語」を教材として用いることを容認した答弁書を閣議決定(3月31日)したことに、いよいよなりふり構わず、戦争賛美、戦前回帰の安倍首相の本音をあらわにしてきたことを感じます。

 答弁書は、「憲法や教育基本法に反しないような形で、勅語を教材として用いることまでは否定される事ではない」としていますが、そもそも教育勅語は憲法と当時の教育基本法に反するから、1948年に衆参両院で排除・失効確認の決議が上がったものと言われています。当時の決議の趣旨説明で松本衆院文教委員長は「勅語という枠の中にある以上勅語そのものが持つ根本原理を我々としては現在認めることが出来ない」と述べておられます。

 この問題について記者会見された小池書記局長は。「ひとたび事が起これば、天皇のために命を捧げるべし」が勅語の核心であり、「親孝行」など12の「徳目」は全部そこに向かっていると強調。

 森友学園で、子どもが暗唱する姿を異常に思った人は多いはず。それが全国の学校で再現される風景をだれが想像できるでしょう。道徳が復活してきていることも不気味です。
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2017-04-16 03:12 | 教育
2017年4月13日(木)

c0133422_1553236.jpg
 フィギアスケートの浅田真央ちゃんがついに引退を表明し、昨日記者会見をしたため、この数日間は真央ちゃんのニュースが飛び交いました。その一方で中学新学習指導要領に銃剣道を取り入れるなどとんでもありません。

 いつの間にか真央ちゃんも26歳になっていたんですね。伊藤みどりさんのようにトリプルアクセルを跳びたいとの思いが、今の真央ちゃんをつくりあげたんですね。伊藤みどりさんのオリンピック、私も成功を祈りハラハラしながら見た記憶があります。真央ちゃんが年齢制限でオリンピックに出られなかったことが今となっては残念ですが、2度のオリンピックで金メダルこそ得られなかったものの文句なしの世界チャンピオンでした。

 真央ちゃんのスケート人生に金メダルをあげたいですね。新たな道を楽しんでいただきたいものです。

 さて、菜種梅雨と言われるほど、4月は雨が多い月ですが、雨の日晴れの日、突風の日などそれぞれの入学式も無事終わり新学期が始まりました。

 新聞の山を整理していると、2021年春に中学で実施される新学習指導要領の本文に、保健体育で必修のブドウの選択肢として「銃剣道」が初めて明記されたとの記事に目を疑いました。

 そもそも銃剣とは小銃の先に装着する短剣のこと。第二次世界大戦で旧日本軍が使っていたものです。その銃剣の使い方を武道としたのが銃剣道。相手に突きを入れるんだそうですが、つくば署は致命傷を与える左胸と喉などで、これをスポーツとして実施している全国の連盟会員3万人のうち大半が自衛官か元自衛官。部活をしている中学校は全国でただ一つ、神奈川県平塚市の市立中学校のみ。

 なぜこんな人を殺すためのような銃剣道を学習指導要領に入れるんでしょう。文科省が2月に公表した新指導要領案には、文科省の諮問機関「中央教育審議会」の伝統や文化を重視する答申を踏まえ、武道に力を入れる表現が入ったとのこと。当初は銃剣道は授業の実施率が低いとして省かれていたものが、3月末の完成版指導要領に銃剣道が入っていたそうです。

 なぜそんなことになったのか、安保法制の議論の時に見かけた「ヒゲの隊長」こと元陸上自衛官で自民党の佐藤正久参院議員が、自民党議員や自衛隊OB、自分の支援者にパブリックコメントで賛同の意見を組織した結果、銃剣道に明記することを求める意見が数百も寄せられたそうです。そして指導要領にしっかり加えられたということです。

 秘密保護法の強行、安保法制の強行、いま「共謀罪」の審議入り…ひたひたと戦争に向かう国会。戦前のように教育からすべて戦争賛美で、若者たちが戦場に行く事が当たり前だった時代に引き戻そうというのか?とても気持ち悪いです。

 ネット上では「武道として公平に扱え」という声もありますが、「戦前回帰だ」「兵隊になる訓練を学校でやる」「中学生に人殺しの仕方を教えるのはおかしい」など疑問や不安の声が上がっているようです。中学生に訓練させ自衛隊に取り込もうというのでしょうか。

 こんな安倍政権では安心して中学校にも通わせられないですね。

 

 
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2017-04-14 01:56
2017年4月11日(火)

c0133422_1312268.jpg 昨日10日は小学校の入学式。私は呉服小学校にお邪魔しました。前日までの雨も上がり桜の花もまだしっかり残っています。

 「一年生になったら~ ♬」の曲にのって、3クラス94名の1年生が入場してきました。校長先生からは「あいさつをしっかりできる子になって下さい。あいさつには魔法の力があります。あいさつもらう人もする人も笑顔になり、友達も沢山できます。朝は…おはよう、助けてもらったら…有難う 」などのお話しに、子どもたちはすぐに反応して答えていました。私たちが「おめでとうございます」とあいさつすると、みんなが「有難うございます」と声を合わせて返ってくるのが小学校の入学式ならではの可愛いさです(^^)

c0133422_1314551.jpg 今日は幼稚園の入園式。ひかり幼稚園に出席しました。昨日と一転して、雨と強風が吹き荒れる中、隣接する神田小学校の体育館で開かれました。学校と幼稚園の門は背中合わせ。突風で、傘が飛びそうなので(議員の傘の骨が折れました)園児は通園バスで学校側に運ばれ会場入り。

 今年は53名の新入生(ゆり組、もも組)と5歳児が2人入り、在園性51名を加え106名の児童数となりました。園長先生は「かわいい子どもたちが来ることを祝って雨さんや、風さんがやってきました」と語りかけ、園での楽しみを絵にして(パネル)「みんなはブランコが好きかな?、砂場でお山をつくることかな?それとも部屋遊びで、積み木やブロック折り紙かな…」と話しかけると「は~い」と声が返ってきます。

 今日はお母さんと一緒に座っていましたが、「明日からは早起きして一杯ご飯を食べてひかり幼稚園に来てください」と話されていました。式典の間、じっとしていられない子もいましたが、1年経って年長さんになると、集団行動が出来る様になるんですね。
 今日はそら組さんとほし組さんが、歓迎の歌を歌いました。このころの1年1年の成長はとても大きく、かわいい(*'▽')

<お知らせ>
横ブログで見にくいため、一つずつ記事を見るには、表題をクリックしてください。
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2017-04-12 01:35 | 議員活動
2017年4月9日(日)

c0133422_05319.jpg 昨日は、ほくせつ医療生協の池田支部総会に出席。若干議会報告を兼ねてご挨拶させていただきました。

 この間の取り組みとして、毎月市内各地で健康チェック(血圧や骨密度など)、転倒予防体操、健康マージャン(結構、頭の体操になるらしい)、歩こう会や民謡踊りの会など開催、これらのサポーター養成も実施し、組合員さんたちの健康で楽しい取り組み報告がありました。

 休憩時間には、脳トレゲームや替え歌紹介。お座敷小唄の替え歌で、「ボケます小唄」…何もしないでぼんやりと、テレビばかりを見ていると、のんきなようでも年を取り、いつか知らずにボケますよ。「ボケない小唄」…風邪もひかずに転ばずに、笑い忘れずよくしゃべり、頭・足腰・使う人、元気ある人ボケません、などなど。みんな色々考えますね(笑)ほかにも青い山脈や北国の春バージョンも…。

 また、「支えあいの会」の紹介もありました。子育て支援のファミリーサポートセンターのように、手助けをする支援会員とそれを利用したい利用会員を登録し、コーディネーターがつないで行く役割です。草引きや布団干し、話し相手などの利用が多いそうです。

 しかし高齢者同士の助け合いだけでは、すべて解決とはいきません。適切な、医療、介護サービスによる専門的援助も欠かせません。高齢化が進む中でそれらを支えるしっかりとした予算配分が求められます。戦争しない国であるはずの軍事予算が増え続ける一方で国民の命を守る政治の根幹、福祉予算が削減されるという逆転現象を止めなければなりません。

 
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2017-04-10 01:06 | 福祉・社会保障