藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ
2017年12月10日(日)

c0133422_029038.jpg 今日は医療と介護の連携事業を進めるにあたって、滋賀県東近江市の永源寺診療所所長の花戸貴司先生の講演が保健福祉総合センターで行われました。

 「住み慣れた地域で安心して暮らし続けるために~永源寺の地域丸ごとケア~」と題して、地域丸ごと、チーム永源寺として支え合い、当初は「先生はようまいらしてほしいわ(死なせてほc0133422_0302499.jpgしい)」と言っていた患者さんが、年老いても自分らしく過ごしたいと言えるように、一人暮らしであっても、認知症であっても、障がいを抱えておられても、みなさん笑顔で生活されていますと言うまちになってきた、この間の取り組みについてお話されました。

 永源寺診療所は三重県と接する滋賀県南東部、東近江市永源寺c0133422_0311878.jpg地域(旧永源寺町)にある公立国保診療所(昭和59年に調律診療所として開設)。対象人口は5400人。高齢化率は34%(池田より約10%高い)。医師は1人、看護師5人の無床診療所。平成12年より現所長が着任。平成2年4月から民営化され指定管理となったようです。

 寝たきりや認知症であっても、老夫婦、一人暮らしであってもc0133422_032284.jpg在宅で生活することを可能にするには、医師、看護師、薬剤師、リハビリスタッフ、ホームヘルパー、デイサービススタッフ、ケアマネージャー、行政、家族、ご近所の方々など多種多様の連携が必要だとして、15年かかったとおっしゃってましたが、まち全体でチーム永源寺として支え合う地域づくりをすすめてこられたそうです。

c0133422_032398.jpg エンディングノーなる話はよく聞きますが、倒れてからでは本人の意思が伝えられない。例えば救急車を呼び搬送されるようになれば、助けてもらうために呼んだということになりますから、家族がいくら、もう手を尽くせないのであれば家に連れて帰りたいと思っても、本人の申し出がないと引き返すことは出来ないことになっているそうです。

 ですから、普段から元気なうちに「どのような場所で、誰と生活するか、どのような治療や療養を希望するか?」をきちんと家族と話し合っておくことが大切です。

 花戸先生は、80人の在宅患者さん(4歳~103歳)を担当しておられるそうですが、すべての患者さんに ①ご飯が食べられなくなったらどうしますか? ②寝たきりになったら病院かしせつにいく?と聞くそうです。何度もしつこいくらい聞くと、「老後は出来るだけ在宅で生活したい」という本音がでるそうです。

 池田市もプロジェクトチームが「あなたが伝えたいこと。あなたに聞いておきたいこと」という共に医療を話し合うためのガイドブックをつくりました。中には、「私の医療に対す希望」という記載ノートで、終末期の医療に対する希望のチェックシートをつくっています。
 私も母を送った経験から、これは必要なパンフレットだと思います。

 永源寺では、地域包括ケアというより地域丸ごとケアのイメージで、三方よし研究会というのがあるそうですが。私もあなたも地域もみんなよしとなるよう連携パスで「チーム永源寺が出来たとのこと。連携パスの中心は「患者さん」、支援から共生へという考え方です。 

 自助、互助、共助、公助という様々な資源が地域にはあると先生は語ります。要介護2で認知症のおばあちゃんが、犬と毎日散歩することで、要支援になったということもあったとか。何よりも花戸先生のようなへき地医療から逃げ出さず、一人ひとりの健康を守るために、何が必要かと考えてくれるお医者さんは貴重な存在です。

 地域の助け合いは必要ですが、行政が、自助、共助、公助という時には、公助の役割まで、自助・共助という言葉で安上がりにできるよう地域に任せ、必要な支援まで切り捨てていくケースが多く、注意する必要があります。

 都市部では、共働きでご近所とのつながりが希薄です。競争教育で助け合いの精神が薄れ、過労死を生み出すほど異常な長時間労働、正社員の非正規化、低賃金、低年金という現実を放置したままでは、なかなか支え合える「チーム池田」にはなれないのではないか、上からつくる地域コミュニティではなく、昔ながらの、ご近所さんとのつながり、見守りという自然に生まれる助け合い精神が出来るまちづくりこそ必要だと感じました。

 そのためには、政治のあり方、税金をどの分野を中心に置いた使い方にするのか、戦闘機や戦艦を大量に買う一方で、社会保障費を自然増の分まで削減するような使い方を見直す必要があります。

 8時間働いたら普通に暮らせる賃金体系にし、休日は家族そろって過ごせるような余裕があってこそ、お互いを思いやるやさしさも生まれるというものです。
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2017-12-10 22:33 | 議員活動
2017年12月8日(金)

 7日、本会議でした。12月議会のスタートです。
 
 本会議は、10月に開かれた平成28年度の決算委員会の報告と討論から始まり、水道、下水道事業、病院事業の企業会計と国保、介護、後期高齢、財産区の各特別会計、一般会計を合わせて8会計のうち、国保、介護、一般会計に反対。他会派はすべて賛成でした。保険料の値上げ、保険証の取り上げ、介護では保険サービスから要支援1・2を切り離し地域支援事業にしたことなどが理由です。

 一般会計は16年連続の黒字で財政調整基金をはじめとする基金合計も増え続けています。確かに今後老朽化する建物が多く、建築関連の事業が目白押しで、財政を無駄遣いすることは出来ません。しかし何が無駄なのか、必要以上の事業にしようとしていないだろうか。優先度はどこに軸足を置いて考えるのか、などよく見ていく必要があります。

 今、国の方針そのものが福祉削減に向かう中で、地方自治体本来の役割である、住民の福祉と健康が脅かされていないか。行革の推進で、民間委託、民営化、指定管理制度などアウトソーシングの結果、非正規労働者が増えています。行政のスリム化の裏には福祉事業までも民間や地域住民のボランティア精神に任せ、地域も市民も疲弊しつつあります。そんな中で住民サービスを維持するどころか、削減されているのではないかなどと思いつつ、具体的事例をあげ、暮らしの安定や教育の充実を求めて反対討論をおこないました。

 12月議会の議案の中には、ほそごう学園を義務教育学校にするための条例が出ています。学校現場はどうなのか、子どもたちは、保護者はどう考えているのか、行政の役割は教育環境の整備を行うこと、教育の自主性は守られているのか、などなど気になるところです。

 給食センタ―用地の買収が終わり、東山町140番地他58筆、14262.07㎡を1億8251万120円で取得する議案も出ています。さらに給食センターの建設に先行して道路拡幅工事のための補正予算1億4000万円が提案されています。

 五月山児童文化センターのプラネタリウムは、TVにも取り上げられたらしく市外からの利用が増えているそうです。利用していただくのは有難いことですが、そのことで市民がたびたび利用できない時があるようで、市外の利用者から14歳までは100円、15歳以上の利用は200円を利用料として徴収するという案が出ています。

 近隣でプラネタリウムがあるのは、大阪市立科学館、伊丹市立子ども科学館、茨木市立天文観覧室、猪名川天文台などがあるそうですが、大なり小なり市外料金を取っているという説明でした。

 9月議会で、福祉医療助成制度は老人医療を障がい者医療とし、1ヶ月の上限額を1000円から3000円に引き上げ、院外薬局も別料金を取られるようになりました。現在、限度額を超えた場合は、そのたびに申請して返金してもらっていますが、口座登録をしておけば自動的に超過分を振込んでくれるという、自動償還払い制度にするための補正予算が出ています。

 五月山動物園近くの公衆トイレの洋式化予算も出ています。これで15公園のうち13の公園に洋式トイレが設置済みとなります。残るは宇保第2公園と日の丸展望台のトイレがまだとなりますが、どうするかは今後の検討となるようです。

 詳細は、11日から始まる委員会でそれぞれ関係議案を審議することになります。

 11日は土木消防委員会、12日は厚生委員会、13日は文教病院委員会、14日は総務委員会です。それぞれ10時から開催されます。委員会は3階の第3委員会室で行われ、傍聴は5人までとなっています。それ以上になると抽選で別室で音声を聞くことになりますが、暮らしに直結した議案がどのように審議されるのか、お時間がありましたら是非傍聴にお越しください。

 
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2017-12-08 23:58 | 議会報告
2017年12月7日(木)

c0133422_016966.jpg 整骨院の不正請求で4回も逮捕・起訴され現在も公判中の羽田達也議員に対するリコール署名は、12月1日で1か月間の期限を迎えました。

 リコール署名実行委員会で集計が行われた結果、残念ながら解職請求に必要な有権者の3分の1である2万8612人には届かず、2万1569筆(有権者の25%相当)にとどまり解職請求することは出来なくなりました。

 実行委員のみなさんは、市民の思いが詰まった署名を12月6日に選挙管理委員会に提出されました。しかし必要数に満たないため、7名の代表者あてに還付するとの証明書を添えて返されました。実行委員のみなさんは、その足で市議会議長を訪ね、2万を超える市民の署名は重い。議会に対しても、この署名の重みを受け止め一刻も早く辞職をさせるように…との申入れがありました。

 議会でも、市民の皆さんの署名に託された思いをしっかり受け止め、出来うることを研究しながら引き続き羽田議員への辞職を求めてまいります。

 多くの市民の皆さんのご協力、本当にありがとうございました。 
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2017-12-08 00:31
2017年12月4日(月)

 12月議会の議案のうち、一般会計の補正予算は、民生費の社会福祉費と商工費、土木費、教育費は給食センター建設費といった提案が出されています。

 民生費では、福祉医療助成費が9月議会で老人医療・障がい者医療・ひとり親・児童医療費の福祉4医療助成制度が重度障がい者医療とひとり親、児童医療の3医療に整理統合され、重度障がい者医療は1か月間の上限額を1,000円から3,000円に引き上げられ、院外薬局にも一部負担がかかるようになりました(ひとり親と児童医療は1,000円で院外薬局の負担は無し)。

 この助成制度は、1か所の病院だけなら、限度額の1,000円(ひとり親・児童医療)や3,000円(重度障がい者医療)以上の負担はありませんが、複数の病院を利用される方は、それぞれ他の病院の状況は分かりませんから、合計して限度額を超えている場合、レセプトチェックが終わった後、限度額を超えた金額を窓口で返金してもらう手続きが必要です。

 しかし、いちいち窓口で返金手続きをするのは大変だと、社保協の自治体キャラバンでも自動償還払いを求めてきました。今回の補正はその自動償還払いをするための電算委託料と見受けられます。都道府県によっては窓口負担そのものがない(無料)ところもあり、償還の必要がない自治体もありますが、大阪府は一部窓口負担があるため、こうした要望が出てきたものです。

 給食センター建設費は道路拡張工事請負費として1億4,000万円の補正が組まれています。用地買収も終わって道路から先に工事が行われるようです。 
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2017-12-04 23:44 | 議会報告
2017年12月2日(土)

c0133422_1205744.jpg 約1年前に、菅原町の民間マンションが不法建築だと手紙をいただき、マスコミでも取り上げられた「マテリアル菅原」の件(7階建てで建築確認申請を出していたのに、建ち上がったら9階になっていた物件)で、当時私は担当者から事情を確認し、このブログでご報告をしたところです。
 一般質問でも市の対応を質し、市からは是正勧告を出し、建築確認申請通りに戻すよう指導、建設業者もそれに応じることになったとの答弁がありました。

c0133422_1222562.jpg その件で、1週間ほど前にまた、新たな手紙をいただきました。

 (株)ダイカイ建築の「マテリアル菅原」については、工事に取り掛かったように見えるが、1~2階をぶち抜きいわゆるスケルトン状態にしただけに見える。市はこのような措置で是正に従ったとみているのか。最後まで厳正な態度を…と言った内容です。工事中の足場を組んだ写真も添えてありました。

 リコール署名などで少し遅れましたが、先日担当部署に現状について確認してきました。

 現状は、外目完了で建物の中はまだ改修工事が残っているとのこと。
 具体的には、8、9階の床を剥ぎ、外側の増築部分を撤去に加え、耐火対策などの是正指導が行われている様子ですが、今は外側の増築部分の撤去が行われた段階で、まだ全部終わっていないため、工事が終了すれば、12月~1月頃には、消防と一緒に検査に出向くことになっているそうです。その上で、構造計算など是正されているか再確認をするとのこと。

 また、手紙には、消防の点検が一度も行われていないのではとの疑問も書かれていましたが、この件は当時、数人の方からのご指摘で、消防にも確認したところ、建築完成時に点検に入った時に7階より上にも部屋がありそうであることが分かり、中断をしたそうです。しかしその後、あらためて点検をした結果、消防については要件を満たしていたとの報告があった事を申し添えておきます。

 「マテリアル天神」は菅原が終わってからになりそうです。
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2017-12-03 01:28 | 議員活動
2017年12月1日(金)

c0133422_1382042.jpg 昨日は、12月議会の告示があり、議案書が届きました。

 報告案件1件、条例の制定1件、条例の一部改正3件、不動産の取得1件、指定管理者の指定1件、財産区管理委員の選任、補正予算3件(病院事業会計、介護保険事業会計、一般会計)の11件。

 報告案件は、衆議院の解散による総選挙と最高裁判所裁判官に対する国民審査が10月に執行されたため専決処分が行われ、今議会で承認するものです。補正金額は3782万3千円。

 条例の制定は、学校教育法の一部改正に伴い、新たに義務教育学校が追加されたため、12の関係条例に義務教育学校などの文言が加えられるものです。一般的に義務教育とは、小学校・中学校で学ぶ内容が義務教育であると認識していますが、ここでいう義務教育学校とはなにか、これまでの学校とどう違うのか、どんなメリットがありデメリットがあるのか・・・などなど気になるところです。

 もう一つの議案、池田市公立学校設置条例の一部改正では、小学校(池田、秦野、北豊島、呉服。石橋、五月丘、石橋南、緑丘、神田)、中学校(池田、北豊島、渋谷、石橋)のくくりに加え新たに義務教育学校を加え、そこに小中一貫校として統廃合され分類上は細郷小学校、細郷中学校となっていたものを、新たに統合し、義務教育学校・ほそごう学園として設置する(平成30年4月1日施行)という一部改正が提案されています。

 簡単に言い換えれば、ほそごう学園を平成30年度から義務教育学校にするということになります。

 給食センター条例の一部改正は、給食センターの移転に伴い、その位置が変わることと対象となる学校に中学校と義務教育学校を加えるというもの。

 不動産の取得は、東山町140番地他58筆を、給食センター用地として取得する旨の議案です。

 各補正予算の内容については、後日ご紹介します。

 議会日程等詳細は、12月5日に開催される代表者会議と議会運営委員会で決定されます。12月7日から12月の定例議会が始まります。ここで休会中に開かれた決算委員会での報告と討論が行われるというのが例年の内容です。年末ですから12月議会は通常より早めに終わりますので準備もあわただしくなります。

 公報ですでに紹介されていますが、呉服小学校吹奏楽部の議場コンサートが開かれる予定です。ぜひお越しいただき、音楽鑑賞と同時に、その前後に行われる各議員の一般質問もぜひお聞きください。
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2017-12-01 23:58 | 議会報告
2017年11月28日(火)

c0133422_2144195.jpg 国保新聞によると、厚労省は2018年度からの国保料の限度額を4万円引き上げて93万円(医療分・58万円、後期高齢者支援金・19万円、介護納付金・16万円)とする案を8日の社会保障審議会医療保険部会で提示したとのこと。

 最高限度額の引き上げは、中間所得層の負担軽減につながるとは言うものの、国保加入者の8割近くは所得200万円以下ですから、4人家族で500~600万円の所得で最高限度額になります。600万円の所得といっても一般的にはまさに中間所得層、ましてや子育て世代にとって93万円もの保険料負担はとても重いものとなります。

 また、応能割(所得割)と応益割(均等割・平等割)との割合、は池田の場合5:5ですから所得割の率は下がるかも知れませんが、最も苦しい層である所得がない人にはその恩恵は得られません。

 都道府県化によって保険料に大幅な値上げが試算されていますが、各自治体で一般会計からの繰り入れが行われなければ、限度額引き上げで下がるはずの中間層も相対的に値上げになる可能性が高いと言えます。

 地方サイドからは、自治体によっては500万円程度の所得で限度額に当たる保険者もあるとして、「引き上げは考え直してもらいたい」との声が上がったそうですが、保険料が高くなれば、払いたくても払えない国保加入者が増える可能性は高いと思います。収納率が下がれば国保財政にも影響が出ます。

 限度額を上げるだけでなく、国や府・市の負担割合を増やす事なしには加入者の負担は増えるばかりです。

 トランプさんとは簡単に戦闘機などの購入を約束し、一機数百億円もの購入費用をポンっとつぎ込む…軍事費には湯水のごとく税金を費やしても、社会保障の充実には消費税増税が必須だという、カジノ万博なんかいらないと言っても強引に押し通し、これまた税金をつぎ込む。なんかおかしい、税金の使い方が間違っていませんか。憲法に沿った政治をすすめるなら逆でしょう?
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2017-11-28 23:59 | 福祉・社会保障
2017年11月27日(月)

 駅頭でリコール署名中、私のブログを見ていると声をかけて下さる方がありました。

 「この署名を、羽田氏が見るのではないかと心配して署名を躊躇している方がいるが、実際どうなんだろう」との質問がありました。

 「3万筆集まり住民投票に足りるだけの署名が確認されれば、本当に正しいかどうか確認したいと申し出があれば、閲覧は可能だと思う」と答えました。同時に「必要数に満たなければ見る必要も理由も無くなるので逆に見れないでしょう」とも答えました。

 今日改めて確認しましたが、やはり住民投票に足りるだけの署名が集まれば、7日以内であれば理由によっては縦覧は可能だそうですが、満たなければ署名簿は返され縦覧することは出来ないとのことでした。

 しかし、3万筆もの署名者全部を敵にすることが出来るでしょうか。逆にこれだけ多くの人が自分をやめさせようと思っているのかとショックを受けるでしょう。どんな友人であっても犯罪を犯した人には償っていただかなければ、悪いことをし得にしては本人のためにもなりません。ましてや子どもたちに何と言い訳するつもりなのか、万一逆恨みでもしようものなら新たな、罪を被ることになりますから、もうこれ以上罪を犯すようなことはしないでしょう(そうあって欲しい)。

 彼を改心させるためにも、より多くの署名を突き付けましょう。
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2017-11-27 23:57
2017年11月25日(土)

c0133422_0525583.jpg 25日・26日とてるてる広場で「いけだまつり」開催中で開会のセレモニーに出席。市長・議長あいさつに続き、原田衆院議員、つい最近も暴言で問題となった足立衆院議員も挨拶(自ら自分の言葉がお騒がせしているといった挨拶をしていました)。

 例年は伊居太(いけだ)神社の境内で新町通商店会が中心に行われていましたが、今年は5周年を記念して、織姫伝説の「あやはとり・くれはとり」にちなみ下の宮となる呉服神社を結んで、さらにサンシティ30周年ともタイアップして、それぞれの商店会も一緒に開催され、駅の北側と南側でイベントが行われています。

 織姫伝説は、昔呉の国からあやはとり(穴織)とくれはとり(呉服)が来て機織や裁縫の技術を伝えたということですが、先月の宗像市での視察で、元は4人だったところを中国から渡来した時に宗像の地に降り立ち、そのうちの2人が宗像に残っていただいたc0133422_0541881.jpgというのです。視察に行った私たち一同もびっくりのお話。
 綾羽町にある伊居太神社(上の宮)にあやはとり、室町にある呉服神社(下の宮)にくれはとりがやってきたということでしょうか。呉服の字が呉の国の名残でしょうか。

 市長の話によると、来年には里帰りをするそうです。蘇州の舘山c0133422_0552762.jpg寺で周年記念イベントに2人の織姫が出演するとか。またあいさつの中で、来年のNHK朝ドラにチキンラーメンの祖安藤百福さんの奥さんが主人公になることが決まったことが紹介され、かつての朝ドラ・てるてる家族(いしだあゆみさんご一家がモデル)が縁で今日の会場はてるてる広場と命名されたが、来年からはまんぷく広場になるかも…などと2度目の朝ドラを池田の活性化につなげたいと紹介されました。
 
c0133422_0565075.jpg セレモニーの後は子どもたちを交えた華やかでかわいいフラメンコや音楽ライブ、ゴリラ広場でもくまもんが登場するなど大人も子どもも楽しんでいました(^^) 

 屋台では焼鳥やおでんなどに加え、懐かしい「ポン菓子」製造機も登場(笑)…昔リヤカーでこの機会を積んで回ってこられ、お米が「ぽんっ!」とはじける音で「ポン菓子」(トウモロコシc0133422_0573798.jpgでポップコーンも)といって私たちのおやつになっていたことを思い出しました。今日は山田錦のポン菓子200円也。

 午後は商工会議所で開かれていた、池田更生保護女性会のバザーへ。キャピック製品(刑務所作業製品)の靴やカバンなど手作り作品の中からミニサイズの便せんや封筒、和菓子・せんべい、昨年も買った袋(最後の一つ)を買って帰りました。明日の署名行動(午後1時からダイエー前)に持って行こ(*^^)v

 
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2017-11-25 23:23 | 議員活動
2017年11月23日(木)

c0133422_0125846.jpg 毎年恒例となった後援会のみかん狩り。

 昨夜からの雨もすっかり上がり、寒いと思って着込んでいくと汗ばむ陽気。9時過ぎに池田を出発し、国華園経由で、みかん園へ。帰りは泉佐野漁港の青空市場へ…。

 国華園では菊の品評会が行われ、日本一とか〇〇大臣賞などいろいろc0133422_014220.jpgありましたが、どれも素晴らしく私には違いが分かりません。絵巻物風の展示や3本立て、盆栽などひと時目を和ませてくれます。今年は府立園芸高校の作品・太陽の塔も展示されていました。年末年始を彩る花々や苗木などの販売、地元野菜・果物などのスーパーもあり、地元の方だけでなく近隣市各地から買いに来られます。バスも収容できる広い駐車場が一杯です。

c0133422_015674.jpg 細河でもこれくらい人を呼びたいですね…。淡路島の花桟敷のように観光客を呼び込むやり方や、マンションが多い昨今それに見合った鉢植えやベランダ菜園などへ生活様式に合わせた対応が必要なのかもしれません。植木の迷路などはいかがでしょう。先日の議員研修会のイノベーションではありませんが、いろいろな組み合わせで山あり川ありの地形を丸ごと花絵巻にできないかな~なんて(*'▽')

c0133422_0155677.jpg さあいよいよ本日のメイン、みかん園へ。女性後援会とも合流し、お弁当を食べてみかんを食べて、自分で鋏を入れ籠に入れるのが子どもたちにはとても満足な様子。
 甘いと思われるミカンの木は残り少なく、沢山実が残っているのはやっぱり甘さが違います。日当たりのよい小粒で柔らかいみかんがいい味です。

c0133422_0163672.jpg 到着時間当てクイズの商品は国華園の多種多様な花々。それぞれの皆さんのお家で咲きほこっていただきましょう。

 みかんの収穫が終われば、泉佐野漁港へ。昔は本当に屋根がなく青空市場だったようですが今は建物の中でずら~と魚たちが並んでいます。私はすぐに食べられるよう揚げたてのてんぷらを買って帰りました。バスの中で食べた〝ゲソてん”はとても美味c0133422_0181298.jpgしい。

 大阪湾の夕日を見ながら、池田には夕方無事帰り着きました。
 みなさんお疲れ様でした。
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2017-11-24 00:21

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara@wombat.zaq.ne.jp


by michiko_fujiwara