藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

2017年 10月 03日 ( 1 )

2017年10月2日(月)

c0133422_0542833.jpg 民進党が事実上の崩壊。希望の党からは戦争法に反対した議員たちは受け入れられないといわれ、野党共闘の分断にまんまと乗せられた形です。枝野氏を中心に立憲民主党を立ち上げ残された人達を吸収する方向です。

 東の希望、西の維新は完全に安倍自公政権を支える立場は明らかで憲法9条改憲も戦争法容認も、何一つ安倍政権と変わりません。補完勢力であることが明らかになってきました。いずれも橋下人気、小池人気に何か新しい党が出来たと期待をしがちですが、政権選択と言いつつ過半数取るつもりがない(2~3年後で良い)のなら、安倍政権の下で協力体制を取ることは政策が同じですから当然です。決して対立集団ではないということになります。

 希望と維新が話し合って、東京に維新候補は立てない、大阪に希望の党は立てないとお互い協力体制を取っていますし、大阪では都構想を是認し、公明現職の選挙区には維新候補は立てないということは自公政権に対しても忖度をさらけ出したと言わざるを得ません。安倍政治を変えたいと願う人たちが希望や維新に期待しても、暮らしは良くならないと言えます。

 民進党の混乱の中で、2年間培ってきた市民と野党共闘の流れはつぶれてしまったわけではありません。今精力的に共闘の努力をしているのが日本共産党であり、社民党との共闘を最初に決めたのが大阪では私たちの住む9区ということになります。

c0133422_0552784.jpg 今日は共産党のもとに社民党の服部良一さんが挨拶に来られました。
 福岡県八女市で誕生したそうですが、大阪の機械メーカーで33年働き労組委員長や営業部長にもなられたそうです。しかし働きながら市民運動にかかわり、神戸被災地のつどい実行委員長や沖縄に連帯して活動をしてこられました。

 服部さんのめざす政治は、大企業・大金持ち優遇のアベノミクスではなく、個人消費を拡大して活気あふれる地域や中小企業にする。労働基準法の改悪を許さず人間らしい働き方の実現を目指す。憲法改悪を許さず平和を守ること。

 不公平税制を変え、子育て支援、教育予算の増加、脱原発と、殆ど私たちの政策と共通点が数多くあります。

 市民の「野党は共闘」の声を受け、都市部で初めての共同候補となる大阪9区では、予定していた山元たけしが、勇気ある撤退をし、服部良一さんに9区候補を託すことになります。安倍自公政権と補完勢力としての維新の会と正面から戦う服部良一さんを全力で応援し、比例で日本共産党の議席を増やすため超短期決戦に挑みます。

 4日夕方ダイエー前で服部さんが街頭演説します。是非お話をお聞きください。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2017-10-03 00:57

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara@wombat.zaq.ne.jp


by michiko_fujiwara