藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

2017年 04月 17日 ( 1 )

2017年4月16日(日)

c0133422_137363.jpg 3月の終わりにひいた風邪でいつまでも咳が抜けずなかなか自力で治らないため、もう一度薬を出してもらいましたが、今年の風邪は花粉の影響もあるのか、長引く例が多いそうです。皆さんもご注意ください。

 さてその医院で「年金ニュース」創刊号を発見。「年金改革法が成立しました」という表題で、年金の仕組み、年金が今後どうなるのか(すでに年金を受けている人へ、もうすぐ年金受給される方へ、現役で働いている方へ)など簡単なパンフレットですが、しれっと平成16年に「マクロ経済スライド」を導入したとあります。

 現役世代が負担する保険料水準は固定した上で、現役世代の減少や寿命の延びに応じ、物価や平均賃金の伸びを一部差し引いて年金給付の水準を調整する仕組みです。前年度より年金額が下がる調整は行いませんが、平成30年4月からは、物価・賃金が上昇した際に、過去の未調整分も繰り越して調整します。とありますが、この間年金額は下がり続けています。そして物価・賃金が上昇した際に過去の未調整として引き下げるということでしょうか。物価が上がって年金下げられたら生活は苦しくなるのは目に見えています(前年より下がらなくても実質下がるのと同じですね)。消費不況が続くのでは?これで100年安心の年金と言えるのか…と疑問。

 なお、平成29年8月から、年金受給に必要な期間が25年から10年に短縮されることになります。すでに65歳以上で、今回の短縮により需給が可能になる方には、平成29年2月末~7月に日本年金機構から「年金請求書」が郵送される予定です。早ければもう届いていることになりますね。届いている方は必要書類を添えてお近くの年金事務所などにご提出ください。対象なのに7月末までに届かない方はお問い合わせください。

 年金が少なすぎて生活困難な場合新たに「福祉的給付金」(年最大6万円)が始まるそうです。給付金は必要でしょうか、基本的には最低年金制度で、生活できる年金額への引き上げが重要です。

 
[PR]
by michiko_fujiwara | 2017-04-17 01:37 | 福祉・社会保障

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara@wombat.zaq.ne.jp


by michiko_fujiwara