藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

2015年 02月 15日 ( 1 )

2015年2月15日(日)

 昨年、池田母親連絡会の対市懇談会で、子どもの急病に対する診療について要望が出されていました。夕方子どもが発熱した時、近くの小児科医では「予約制なので見れない」と言われ、市立池田病院に連絡すると「診療時間が終わっているので受け付けられない」。箕面市にある子ども救命急病センターは「まだ診療時間ではな」といわれ、とても不安な2時間を過ごしたとのことでした。

 その後「救急車で来ていただければ市民病院で受け付けます」と答弁がありましたが、先日子どもの発熱で実際に救急車を呼ぶと、「市民病院は無理だから…」と豊中の病院に運ばれたとか。帰りは不便な場所なので結局タクシーで帰ったが、タクシー代を持っていなかったら大変だった、とおっしゃっておられました。バスや電車を乗り継ぐにしても熱を出している子どもを連れて2つも3つも電車を乗り継ぐのは大変です。

 市民病院が断ったのか、救急隊に連絡が行っていなかったのか? 受け入れられなかった原因について確認しなくては…。いずれにしても「約束が違うじゃん!」との思いです。大したことなかったらどうしよう?と気を使いながら救急車を呼んだのに「なぜ?」です。

 今度確認してみましょう。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2015-02-15 23:55 | 生活相談

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara@wombat.zaq.ne.jp


by michiko_fujiwara