藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

2012年 10月 20日 ( 1 )

ふくしま作業員日誌

 2012年10月19日
                                     c0133422_0424696.jpg
 フェイスブックでシェアした「東京新聞」の記事に新たな怒りが…。記事は「ふくしま作業員日誌・まだ安全じゃない」

 文章を紹介しますと、

 ふくしま第一原発にバスで向かう途中、警戒区域が解除された楢葉町に、住民が普段着で来ているのが気になる。
 除染もほとんど進んでいない状態で、解除前と何も変わっていない。それなのに、マスクもせず草むしりをしている人もいる。窓を開けっ放しで走っている車も。そのまま帰れば汚染を持ち帰ることにもつながる。

 警戒区域が解除されただけで、安全になったわけじゃない。たとえ空間放射線量が低くても、汚染も低いとは限らない。雨どいや側溝、草むらや土は汚染も高い。口から埃などを吸えば内部被ばくもする。発表されている空間線量だって、少し場所が違うだけで数値はかなり変わる。マスクも防護服も自分を守るためのもの。装備はきちんとした方がいい。

 楢葉町の警戒区域解除の後、作業員も移動中の車内で、防護服を着ないように言われた。「住民が怖がるから」と説明された。本当の解除はまだまだ先。それなのに、安全より解除に向けた体裁ばかりととのえられている。


 怖いですね~。一体何を基準に警戒区域を解除しているのか、除染はどうなっているのか疑問だらけです。原発事故への反省も無く、住民の命より体裁のほうが優先されるなど信じられません。

 こんな状態をそのままにしておきながら、大飯原発を再稼動し大間原発の建設再開などとんでもありません。一日も早く除染を急ぐこと。復興増税は被災地の住民の暮らしのためにこそ使え。原発は即時ゼロに。原発が無くても電力が足りたことはこの夏証明済みですし、原発マネーで自然エネルギーへの転換はかれば良いじゃないかと思うのですが…。

 今日は金曜日、東京官邸前をはじめ全国的に宣伝行動が行われたことでしょう。池田では毎週金曜日池田駅前・石橋駅前で宣伝行動を行っておりますが、私は決算委員会前で風邪をこじらせないよう休ませていただきました。咳をゴホゴホ言わせてたんでは演説にもなりませんしね。

 そのかわりその時間は、介護保険特別会計をチェック。要介護3と4の認定割合が毎年下がり、要支援1の割合が増えています。認定チェック項目が減らされた事など影響していないでしょうか。紙おむつ支援や高齢者への配食サービスも減少…。

 介護保険は制度始まって以来ず~っと黒字です。

 
[PR]
by michiko_fujiwara | 2012-10-20 00:49 | 原発・平和問題

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara@wombat.zaq.ne.jp


by michiko_fujiwara