藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

2012年 03月 28日 ( 2 )

 2012年3月28日(水)

 明日最終本会議となりますので、討論原稿の仕上げを行いました。

 私は、介護保険の値上げを示す「介護保険条例の一部改正」と「国民健康保険特別会計予算」、「介護保険事業特別会計予算」、「後期高齢者医療事業特別会計予算」の3会計予算の反対討論と、池田保育運動連絡会から出された陳情に対する賛成討論を行います。

 一般会計の反対討論は山元議員が、学校施設再編整備計画に関する請願の賛成討論は難波議員が行います。

 反対討論といえば、昨年8月に行われた池田市議会の議員研修会で、全国市議会議長会法制参事の廣瀬和彦氏が議会の権限について90分間講義されたことを思い出します。

 先生は、監視権・チェック機能をきちんと果たせば、予算を原案通り可決するなどありえない。一つも反対するものがないなんてありえない。議員には眼に見える形で議会の役割、立場を表明する権限があるのだとの話をされましたが、予算・決算の審議をするたび思い出します。

 また、別の研修会では、地方自治体は国会とは違い、首長も議員もともに住民から選出される2元代表制だから、与党・野党という考え方はないのだとの講義もありました。

 同じ話をみんな聞いているはずなのに、池田では、自分たちは与党だと思っておられる議員が多く、どんな議案にも賛成されます。逆に市民が必死であつめた請願署名には、市長でさえ見直しが必要かといったニュアンスで発言しておられてもあっさり反対。

 一体あの研修会はなんだったんだろうと思います。私たち議員は市民の代表ですから、市民の立場に立つと保険料値上げに「はいそうですか」とは言えません。しかし、私たちも全部反対しているのではありません。22議案と8会計に対し、1議案4会計には反対しましたが、その他は賛成しています。もちろん市民代表と言ってもいろんな考えがありますから多様な意見があって当然ですが、なんでも賛成でチェック機能が果たせるのかと疑問を感じます。

 他の自治体では一つひとつ賛否の数が違うようですが、それが当然だと思いますね。…な~んてことを考える今日この頃です。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2012-03-28 23:16 | 議会報告
 2012年3月27日(火)

 少し前に、市営住宅に夫婦で入居しておられた方が奥さんを病気でなくされ、「2人で入居の契約だったから出て行かなければならないのではと心配している」と相談がありました。
 担当者に問い合わせますと、「1人になったからと出て行けとは言いません」とのことでした。

 実は、今議会の議案に「池田市営住宅条例の一部改正」があります。

 単身世帯層の入居要件を廃止するという内容です。現在は同居する親族があることが入居の条件になっていますが、公営住宅法の改正により同居親族要件が廃止になったため、池田市の市営住宅も同居親族がいなくても入居申し込みが出来るようにしたようです。

 公営住宅法の改正には、地域内の住宅状況を考慮し入居資格に一定の要件を定めても良いとか、同居親族のあるものを優先しても良いといった弾力的な運用を認めていますが、池田市の場合は「単身世帯層の入居要件を廃止」するということですから、普通に申し込みが出来るということでしょう。単身の方には朗報です。

 冒頭の方のように、入居者の親族に変更があった場合は現行の条例でも、市長が必要と認めれば入居できるとありますから、出て行かなくてはならないという心配はなかったようです。ましてや今回の条例改正が決まれば単身でもOKということですから、収入オーバーなど他の要件に問題がなければ住み続けられそうですね。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2012-03-28 01:12 | 議会報告

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara@wombat.zaq.ne.jp


by michiko_fujiwara