藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

2012年 03月 25日 ( 1 )

運命の人

 2012年3月24日(土)
                                  c0133422_1335634.jpg
 昨日からの雨が残る1日、時折あられまでぱらつきました。
 久しぶりに事務所に顔を出すと、裏のお家のさくらんぼの木が一足早く満開になっていました。数ヵ月後には、たわわに実がなるんです。ちょっと楽しみ。

 今年のさくら祭は、4月7~8日(土日)五月山公園で行われるようです。ライトアップで夜桜も楽しめます。まだ街の桜はつぼみが固いようですが、このころには満開になるでしょうか。

 議会準備で見ることが出来ず、取り溜めしていたTVドラマの中の「運命の人」最終回を見ました。原作は沖縄返還にまつわる密約問題を扱った山崎豊子さんの作品、ドキュメンタリーに近い小説です。

 アメリカとの密約を暴こうとして政府権力に逆に犯罪者にされてしまう主人公(新聞記者)が、失意の末にたどり着いた沖縄で命を助けられ、沖縄の苦悩を知ります。権力の力はウソやでっち上げを平気で行い人の人生を狂わせるということを見せつけました。

 沖縄では日常に基地があるが故の理不尽な事件が次々に起きます。
 少女が米兵に暴行されても裁けない、軍用機が小学校に墜落する。米兵の強盗事件。ついに県民が立ち上がります。8万人の決起集会で高校生が発言するシーンをみて、思い出しました。あの時は本土にいる私たちも怒りを共有し、大決起集会に感激したものだと。

 沖縄返還後の今でも、沖縄はアメリカに占領されているも同然で苦しみ続けています。生き恥をさらしてでも沖縄の現実を本土に伝えたいと再びペンを持つ主人公。主人公に係った人たちの人生も大きく変わりました。一方密約の渦中にあった総理大臣は沖縄返還を理由にノーベル平和賞を受賞することになります。

 最後に、アメリカで密約の事実を示す書類が公開され、日本がひた隠しにしていた事実が国民の知るところになりますが、政府はそれでも知らぬ存ぜぬ。

 今も全く同じ状況にある沖縄。政府は沖縄の痛みを取り除くことよりアメリカの顔色が大事。1年ほど前にNHKで「沖縄の密約」と題したドキュメンタリーがありましたが、それを思い出しこのドラマがオーバーラップしました。
 
 
[PR]
by michiko_fujiwara | 2012-03-25 01:33 | ドラマあれこれ

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara@wombat.zaq.ne.jp


by michiko_fujiwara