藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

市立池田病院の出産費用が11万円も値下げとなります♡

2017年9月18日(月)

 このほど、市立池田病院の出産費用が11万円も値下げすることになりました。
 
 10月1日以降に分娩される方から、現行の出産費用・53万6千円を41万9千円に引き下げ、出産育児一時金42万円の範囲内で出産できるようになるそうです。
 
 自然分娩で自費扱いとなった場合で、ただし各種自費割増及び新生児管理・介補料に係る加算は適用しない(帝王切開等で保険適用となった場合は対象外)とのこと。つまり、ごく普通に出産した場合の金額ということになります。

 池田市民の場合で約11万円の負担軽減(市外患者の場合は約7万円の減額)となるそうです。

 思い切った値下げの背景には、池田市内に出産できる民間の産婦人科医院が無くなり、市立池田病院の産科は市内で唯一出産可能な病院となっているにもかかわらず、最近は分娩件数が減少気味だとか。

 近隣の公立病院と比較して高額な出産費用や面会制限の実施、あるいは「出産の予約が取りにくい病院」とのイメージが定着しているのではないか、などなど件数の低迷につながっているのではないかと考え、「はぐくみ はばたけ いけだ Baby」プロジェクトと題して分娩件数増加に向けた各種取り組みを実施することになったようです。その一環として自然分娩の出産費用を大幅に引き下げることになりました。

 ちなみに、近隣の公立病院の出産費用は、箕面市立病院で49万2千円(6日)、市立豊中病院は50万5千円(5日)、市立吹田市民病院・50万5千円(7日)だそうです。

 しかし、近隣他市よりも料金が高く、面会制限があるなんて知りませんでしたが、その制限も緩和するようです。さらに病棟の美装化、各種PR(?)などと合わせて実施するとのこと。

 出産は病気ではありませんから豪華な食事が出るところもあるそうで、まるでホテルのスイートルームのようだとか。病気ではありませんが出産は結構危険もつきまといます。その意味では総合病院が安心ですが、いつのまにかホテルのような病室を競い合う時代なんですね。

 ただ、診察を待つ時間が長いとの声もあります。「子育て日本一」にするにはこれも改善させ、出産も、子どもの医療費も、学校給食も、少人数学級も、子育て世代が望む施策を実施させることですね。そうすれば次世代市民が池田に住み続けてくれることでしょう。

 
[PR]
by michiko_fujiwara | 2017-09-18 22:14 | 議会報告

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara@wombat.zaq.ne.jp


by michiko_fujiwara