藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara@wombat.zaq.ne.jp

不正請求を認めても、罪を犯しても、まだ議員は辞めないそうです!…羽田達也議員

2017年5月12日(金)

 今日は、5月15日~16日の臨時議会に向けて、代表者会議と議会運営委員会がありました。

 先日・4月27日の読売新聞の記事で、整骨院の療養費を不正請求し詐欺罪に問われていた羽田達也議員(元大阪維新の会・現無所属)が、4月26日の公判で「社長就任までの刑事事件は認める」と述べ、これまでの無罪主張から一転し、起訴事実の大半を認めた…とありました。

 今日の代表者会議に、事の経緯と身の振り方について報告したいと出席し、語った内容は次の通り。
 現在6回逮捕・起訴されており、4月26日・第4回まで公判が進んでいる(全体で9回あるそうです)。昨年10月6日に逮捕されて以来黙秘を続け、公判では否認していたが、4月26日に初めて自分の意見陳述を行った。

 平成17年5月に免許(柔道整体師)を取得し平成19年5月に「にこにこ」を開設。平成21年11月に「スマイル整骨院(摂津)」開設。平成22年3月「(株)ときはる総研」の社長となり平成27年5月に辞任。

 不正請求は平成21年11月のスマイル設立以来始めた。レセプト代行の道友協会を紹介してくれた知人から指南を受け、良くないと思いつつ、みんなやってることだからと安易な気持ちで(不正請求を)始めた。「ときはる」までは全面的に責任がある。その後、増田氏などを取締役にし、運営も任せることになった。不正請求を続けていることを止めなければと考えながら黙認してきた。(自分が)代表に変わりはなく応分の責任はある。不正から離脱するために「ときはる総研」をやめた平成27年以降は関与しておらず刑事責任はない(と思っている)。(記事に出ていた)消防士とは会ったこともない。スタートは自分だと認識している。

 3月24日に大阪府警から拘置所に移管されたとき、「ここで認めて帰ろう」という気になった。今は捜査は終わった。議員辞職については迷っていた。今の今まで悩んでいた。応援してくれた人などいろんな人に相談した。好きなことを言われた。弁護士は辞めろといったが市民ではないので、結果「やってやろう」ということになった。自分の気持ちは何にも仕事しておらず、それが悔しい。やりたかったことをやるために志を持って議員になるためにここに来た。ひとりでも辞めるなと言ってくれた人のために自分は頑張りたい…と発言しました。

 「以前は、逮捕されたら辞職すると言っていたが、今不正を認めたのに辞めないということは矛盾するのではないか」との問いには、「あれは事案が違う」と答えました。事案が違おうと不正をしたことに違いがないのに、辞職しないというのは全く矛盾した答えで、不正が見つからなければ、だんまりを通そうとしていたということでしょうか。

 みんなから、不正を認めたのであれば犯罪者であり、選挙に出たこと自体がおかしい。あなたの支援者からは頑張れと言われたかもしれないが、自分たちが聞く市民の声は「まだ辞めていないのか」の声が圧倒的だ。「10万人の市民を敵にしても議員を続けるのか」の質問にも「ひとりの支援者のために頑張りたい」と意味不明。これって結局自分の保身だけではないのかと思います。

 何を言っても、「その通りだと思う」といいながら、辞職はしないと頑なに言い張りました。

 人間としてどうなのか、犯罪行為をしていても議員を続けるという、私たち庶民の感覚・常識は通じない、こんな人だったのかと、話を聞いた誰もが全く理解できない報告内容でした。

 15日の臨時議会では、再度辞職勧告決議を提案し、各会派から意見表明が行われます。本人が意見を述べるかどうかは未定ですが、彼に道理があるのかどうか、是非市民の皆さんの傍聴をお待ちしています。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2017-05-13 02:38 | 議会報告

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara@wombat.zaq.ne.jp


by michiko_fujiwara