端午の節句にタンゴを!(^^)! 宝塚ベガホールでチェ・タンゴ!

2017年5月5日(金)

c0133422_2264733.jpg
 端午の節句にタンゴを!(^^)!
 池田クレモナ・モダンタンゴ五重奏団の第3回定期公演を聴きに宝塚ベガ・ホールへ。
 
c0133422_2274133.jpg 阪急宝塚線清荒神駅に降りると目の前にありました。図書館と併設され、建物の入り口で、ワルツ王・ヨハンシュトラウス二世像が出迎えてくれます。約400席のこじんまりしたホールですが音響も素晴らしく素敵なホールです。舞台の高さが低く、c0133422_229110.jpg客席との一体感が得られるつくりになっています。池田にもこんなホールが欲しいですね。

 クレモナモダンタンゴは現役大学生と卒業生による5人、フルート、オーボエ、ソプラノサックス、ホルン、ファゴットの女性奏者ばかりのユニット。昨年プロへの登竜門と言われる横浜国際音楽コンクール・アンサンブル部門室内楽c0133422_2301996.jpg一般の部で堂々3位入賞。直後の大阪国際音楽コンクール・室内楽部門でも入選。第21回ブルクハルト国際音楽コンクール・室内楽部門で歴代最高位入賞と輝かしい成績を得ています。

 前半は五重奏団でそれぞれのソロを聴かせながら演奏。休憩時にはロビー演奏もあり休みなし状態、コーヒーやワイン、おつまみなども用意され、顔見知りの方たちと懇談も…。後半は古田かおる(ボーカル)&四方裕介(ギター)さんたちを加えて7人で、che tango che!—タンゴしなくっちゃ!— アストル・ピアソラの曲をたっぷり聞かせていただきました。ピアソラの曲はなんとなく場末のクラブや居酒屋を連想する曲が多く、いろんな人生を歩んでいる女性が出てくる曲もありました。

c0133422_2313161.jpg 先月再選されたばかりの中川宝塚市長からのメッセージも届いていました(*^^)v 
[PR]
by michiko_fujiwara | 2017-05-06 02:34