石橋プラザで住民票と印鑑証明のみ予約取り置きサービスを開始

2017年4月2日(日)

c0133422_1414448.jpg 石橋プラザの市民サービスコーナーは、結局、マイナンバーカードによるコンビの交付と引き換えに、3月31日をもって廃止となりました。市民の皆さんの願いはあえなく否決。

 しかし、石橋地域の皆さんの声を受け、「予約取り置きサービス」を4月3日から開始することになりました。

 市役所総合窓口課(072-754-6243)に9時から17時までの間に電話予約をすると、翌日10時から20時までの間に石橋プラザで受け取りができるようになるというもの。ただし翌日が土日・祝日・休館日の場合はその翌日となります。

 取り置きできる証明書は、住民票の写しと印鑑証明書。

 受け取りの際には身分証明書、印鑑証明書の場合は印鑑登録証が必要です。

 受け取り予約日の時間内に受け取りができなかった場合は廃止となりますので改めて予約しなおしてください。

 また、市役所窓口なら17時までに電話予約をすれば予約当日の17時半~22時までの間に、市役所1階宿直室で受け取ることが出来ます。

 しかし、これまでのように、市民サービスコーナーに行けばそこですぐに発行できるわけではなく、戸籍謄本などは取れなくなります。

 私の娘も市民サービスコーナーを活用した時、「何に使われますか?」と職員さんに聞いていただいたので間違えることなく受け取れたといっていましたが、コンビニでは自分で判断しなければならず間違えれば、もう一度取りに行かなければならないということも考えられます。

 マイナンバーカードは現在8.5%の発行状況で、9割以上の市民は市役所窓口を利用しています。

 コンビニ交付を活用できる方にとっては利便性が高まるでしょうが、マイナンバーカードを持っていても、機械の扱いは苦手という方もあり、石橋地域の人たちにとっては利便性の後退は否めません。マイナンバーカードの普及のために、せっかくオンラインで使えていた設備を廃止するなど本末転倒。今後石橋駅前会館建て替えを機に石橋の拠点をつくると言っていますが、拠点なら拠点らしくより利便性を高めることが求められます。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2017-04-03 01:43 | 議会報告