藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

笑顔あふれる住みやすいまちに! 大嶺さやか奮闘中♡

2017年1月20日(金)

c0133422_0182894.jpg 1月22日投票の茨木市議選は、28の議席に対し43人の立候補者という多数激戦。

 自民・公明政権と維新の悪政推進は、国政でも茨木市政でも、国民・市民には冷たく無駄な大型開発に市民の大切な税金を使う構図は同じです。「税金は市民の暮らしに生かされていると実感できる市政c0133422_0194334.jpgに」と奮闘中の大嶺さやか候補と一緒に宣伝行動に参加しました。

 前維新市政のもとで、急病診療所の小児科が無くなってしまい、「子どもの急病で高槻まで行った」とか「子ども急病があるから茨木に引っ越してきたのに裏切られた思い」といった声が寄せられていまc0133422_0212324.jpgす。保育所の待機児童も、全員喫食の中学校給食も、子どもの医療費助成の拡充も子育て世代の切実な願いです。

 高齢者にとっては、年金がカットされる下で、国保料、介護保険料の負担はとても重い。高齢者のバス運賃助成やバス乗り継ぎ兼発行、コミュニティバス運行など安心して出かけられる街づくりは元気な高齢者をつくることにもつながります。

 宣伝中に、高齢の男性が「若者の給料を増やしてやってくれ」と声をかけてくれましたが、通りかかった若い男性2人がにっこり笑っていました。

 安心して子育てができるまち、高齢者が元気で暮らし続けるまち、若者たちが希望の持てるまち、そんな街づくりを日本共産党と一緒に、茨木では大嶺さやかと一緒にすすめましょう。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2017-01-21 00:23 | 選挙関連

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara@wombat.zaq.ne.jp


by michiko_fujiwara