藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

年金カット法案、自民・公明&維新が強行採決!

2016年11月26日(土)

c0133422_0464997.jpg 安倍政権の暴走はなりふり構わず、もはや開き直り状態。

 戦争法は南スーダンに向かった自衛隊に駆けつけ警護などの新任務付与、TPP批准に固執する一方、国民の暮らしに直結する年金カット法案も衆院厚生労働委員会で自民・公明と維新によって強行採決。今度は介護保険の改悪で年金収入383万円以上の方は利用料を3割負担にするという厚労省案を提案するなど、ハイスピードで進めようとしています。

 年金収入383万円が高所得というのか、何億円も利益を上げている企業や高額所得者には減税をしておきながら、庶民には負担ばかり押し付けていると思いませんか?医療保険は3割だからと言いますが、医療保険は病気になった時だけで、いったん要介護認定されれば毎日のように利用することになる介護保険制度と一緒にはできません。それでなくても高い保険料を納めなければならないのに、認定を受けても保険サービスを減らすなどの介護抑制につながりかねません。十数万人が3割負担になるそうです。

 年金カット法案は、物価がどうなろうと賃金に合わせて年金改定を行い、年金水準を引き下げる。
 年金を物価・賃金以下に抑制する「マクロ経済スライド」の未実施分を翌年度以降に持ち越し実施するなど、際限のない年金削減を押しつけるものです。十分な審議もなく参考人質疑でも抜本的改革を求めているにもかかわらず強行するなど民主主義もない数の横暴です。TPP同様、今国会中に何としても押し切る構えですが、国民の暮らしを左右する改悪は許せません。

 
[PR]
by michiko_fujiwara | 2016-11-27 00:49 | 福祉・社会保障

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara@wombat.zaq.ne.jp


by michiko_fujiwara