大阪選挙区はとても残念でしたが改選議席倍増、新たな憲法守る戦いのスタートです。

2016年7月11日(月)

 参院選、開票の結果がようやく午前中に出そろいました。

 日本共産党は、野党共闘と市民の共同の力で、戦争法を廃止し、憲法に沿った政治をおこなうこと。貧困と格差を広げてきたアベノミクスではなく、税金の集め方、使い方、働き方を変えて暮らしや経済を立て直そうと3つのチェンジを訴え、野党共闘の勝利と日本共産党の躍進をめざしてたたかいました。

 野党と市民の共同は、全国32の1人区すべてで統一候補が実現し、そのうち11の選挙区で競り勝ちました。また日本共産党は、比例代表で、市田忠義副委員長(現)、田村智子副委員長(現)、大門みきし(現)、いわぶち友(新)たけだ良介(新)の5人と東京選挙区(改選数6)の山添拓(新)が当選し、改選3議席を倍増する6議席を獲得しました。

 残念ながら大阪選挙区は、わたなべ結候補が454,502票(得票率12.18%)とほぼ前回・3年前の得票を確保しましたが、官邸からの要請でおおさか維新の会が2人の候補を立てるという政府の介入により、大激戦を競り勝つことが出来ず、悔しい結果となってしまいました。(ちなみに池田市では5,937票・12.73%で、3年前の参院選より得票数452票、得票率も0.75%とわずかですが上回りました。公明党候補を上回ったものの5位にとどまり、押し上げることが出来ませんでした。比例は4位)

 日本共産党、わたなべ結候補にご支持をお寄せいただいた市民のみなさんに感謝申し上げます。また大阪でも野党共闘が実現し、社民党や生活の党をはじめ多くの市民団体にみなさんからもご支援いただいたことに心から御礼申し上げます。

 比例代表・大阪では日本共産党は421,790票(得票率11.37%・前回比96.5%…池田は5387票・11.58%・前回比101.7%)を獲得し、全国的前進に貢献しました(全国的には515万4000票.9.6%から601万6195票.10.7%に躍進)。

 政権与党の自民党が前回比91.5%、公明党が91.1%に後退する中、野党の民進党、社民党、生活の党は得票を伸ばしました。同時に大阪維新が前回比122.8%に伸ばして第1党。

 野党共闘は始まったばかりですが、落選した地域でも競り合うところが沢山ありました。安保法制の廃止、立憲主義の回復はこれから新たな闘いとなります。3分の2以上の数の力で押し切らせることの無いよう、さらに力を強めていきましょう。

 

 
[PR]
by michiko_fujiwara | 2016-07-12 01:15 | 選挙関連