藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

18歳以上の有権者はみんな ゛選挙に行こう!”

2016年6月20日(月)

 「いけだ広報」選挙臨時号が届いています。6月22日公示、7月10日投票の参議院選挙の案内です。

 今回の選挙から、18歳選挙権がスタート。池田では新たに約2000人が対象となります。昭和20年に20歳以上の男女が選挙権を有することになり、70年ぶりの選挙権拡大。大人まかせではなく、自ら政治を変えることが出来る権利です。どんな政治のあり方を求めるのか、決して無駄にせず必ず選挙に行きましょう。

 期日前投票の案内ページを見ると、投票日当日に仕事や旅行、冠婚葬祭などのために投票所へ行けない人は期日前投票ができることが書かれています。ただし、投票日に18歳になる方は有権者ですが、期日前投票をする日に17歳であれば、市役所で不在者投票という形になるそうです。

 市外の滞在地で行う場合も病院や施設などで投票する場合も、郵便投票も期日前投票と言わず不在者投票なんですね。不在者投票が期日前投票になったのかと勘違いをしていました。

 期日前投票とは、選挙人名簿に登録された住所地で直接投票箱に投票する方法。不在者投票とは、仕事や旅行の滞在先などの選挙管理委員会で投票用紙を提出する方法…ということのようです。

 今回の期日前投票は、公示日の翌日・6月23日~7月9日、市役所の7階大会議室で午前8時30分~午後8時まで実施しています。自宅に送られる入場整理券をお持ちください。

 他市に滞在中の場合は滞在先で投票できますので、池田市の選挙管理委員会にお申し出ください。投票期間は期日前投票と同じとのこと。指定病院や施設に入院・入所中の方は各施設の事務局に、不在者投票が可能かどうか確認してください。

 郵便による投票の場合は、寝たきりに近い障がいや病気、要介護5など一定の条件がありますので市の選挙管理委員会に問い合わせの上、「郵便投票証明書」の交付を受ける必要があります。7年間有効ですから、すでに交付されている方は、7月6日までに証明書を添えて市選管に投票用紙の請求をして下さい。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2016-06-21 01:20 | 選挙関連

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara@wombat.zaq.ne.jp


by michiko_fujiwara