「お母さんに優しい国」のトップはやっぱりノルウェー、日本は先進7か国の中で最下位の32位!

2015年5月6日(水)

c0133422_1442632.jpg 子どもの日が終われば、次の日曜日が「母の日」。

 「お母さんに優しい国」ランキングがある事を知りました。
 国際NGO(子ども支援専門の国際組織)のセーブ・ザ・チルドレンが今年のランキングを4日に発表しました。トップはノルウェー、最下位はソマリア、日本は順位を一つ下げて32位。
 ランキングは、世界179か国を対象に、母子保健や教育、所得水準、女性の社会的な地位などの項目を調査して比較します。

 1位・フィンランド、2位・ノルウェー、3位・スウェーデン、4位・アイスランド、5位・オランダ、6位・デンマーク、7位・スペイン、8位・ドイツ、9位・オーストラリア、10位・ベルギー、11位・イタリア、12位・オーストリア、13位・スイス、14位ポルトガル…上位を北欧諸国が独占。

 日本の32位は先進7か国(G7)の中で最下位(韓国31位、アメリカ31位)だそうです。保健・栄養・教育・経済の分野ではトップの国々と同水準であるにもかかわらず、女性の政治への参加の指標となる女性議員の割合が昨年の11.3%よりもさらに少ない10.8%となり、ランキングトップのフィンランドの42.5%から大きな開きであるだけでなく、最下位のソマリアよりも低い数字となっています。

 下位を占めたのは、ソマリア、マリなどアフリカ諸国や中南米の発展途上国。紛争状態にある国の順位が低い傾向にあり、これらの国で母子の置かれている状態が悲惨を極めています。

 セーブ・ザ・チルドレンの幹部は、経済的豊かさだけが母親の幸福度を左右するものではないとしつつ、ノルウェーについて「経済的に豊かで、その資産を母子支援に投資している」と評価しています。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2015-05-07 01:46 | 福祉・社会保障