雨上がりの日曜日、辰巳コータロー参議院議員を迎えて街頭演説会

2015年3月31日(火)
                                                                    
c0133422_18513432.jpg 29日の日曜日は4年前と2回続きで雨の中の事務所開きとなり、「やっぱり雨女や」と言われています。しかしどんな時でも物事は言いようがあるもので、「振り込むと言って良いんだよ!」とか「雨降って地固まる」などと励ましていただきました。いやいや、足元の悪い中をよく足を運んでいただき有難うございました。ご挨拶やバイオリン演奏、頑張れコールなど頂き、いよいよ選挙目c0133422_18532292.jpg前!と身が引き締まる思いです。
                                                                    
 夕方には雨が上がり、久しぶりに辰巳コータロー参議院議員が来池。

 4:30から池田駅ダイエー前、5:20から石橋駅西口前で街頭演説会を行いました。池田では私が、石橋では山元議員が前座を務め、難波議員は27年間池田の教員として、また市c0133422_1855033.jpg議会議員として5期20年間、特に文教委員会で教育環境を整えるために、少人数学級、スクールカウンセラーやスクールソーシャルワーカーの配置、学校耐震化、空調設備、トイレの改修・洋式化など、求めて頑張ってきました。今度は大阪府議会で35人学級の推進など池田の少人数学級推進のためにも頑張りたい。また、維新府政が「都構想」などといっていますが、国の法律を変えなければとにならないこと、大阪市を解体し税収1兆円を無駄な公共工事やカジノ誘致に使おうとする。池田を含む府民は2兆円の借金をかぶることになる、大阪市解体構想を許さず福祉教育を大切にする政治を行うために難波進を府議会で働かせてください、と訴えられました。

 コータロー参議院議員は、昨年末日本共産党躍進させていただき、質問時間も増え、議案提案権を活用して政党助成金廃止法案を出したこと、いかなる企業団体献金も許されないこと、ブラック企業規制法案を出した途端に約5000件に調査に入り是正勧告を行ったけれど、議員が増えて追求の力が増える中で指導勧告を受けた企業名を公表するとまで約束をさせたこと、福島の災害補償打ち切りを辞めさせたことなどなど、まだまだ小さいながらも日本共産党が伸びればみなさんの声が届くようになっていることを、わかりやすく訴えられ、行き交う人たちの足が止まりました。危険な戦争立法許さず、大阪市解体構想をストップさせるため、今度は一斉地方選挙でも日本共産党の議席を伸ばしてくださいと訴えられました。

 がんばって~!と声がかかるなど買い物客の空気が一変。
 さすが国会議員、話を聴かせますね~(^^♪ 

 
[PR]
by michiko_fujiwara | 2015-03-31 19:02 | 選挙関連