藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

今日は節分!みんなが恵方巻を丸かじりすれば、戦争などなくみんな幸せに暮らせるかしら

2015年2月3日(火)
                        c0133422_23521623.jpg      
 切れたコーヒーを買いに行き、向かいの店を見てはたと気づきました。「そうだ、今日は節分だった」…と。向かいのお店はそうですお寿司屋さんでした。

 店頭にあった最後の恵方巻を買って帰りました。今年の恵方は「西南西」。恵方に向かって無言で丸かじりをすると、その年は家庭に幸運が回ってくるとのこと。みんながかじったc0133422_2353848.jpgら、テロも戦争もなく世の中みんな幸福になるかしら。

 ところで、節分って年に1回だけではないんですね。節分の由来・意味は季節を分けるという意味であり、春夏秋冬の季節の始まりはすべて節分ということになります。つまり1年に4回、それぞれの季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前の日が節分の日となります。

 この中で一番有名なのが立春の前の日にあたる2月3日。日本では昔から立春が一年の始まりとされていたので、この日が一番良い日とされ行事としていまも残ったと言われています。一年の始まりが立春ということは、その前の日は昔でいえば『大晦日』ということになります。この日に一年の厄を払って、次の年を迎えるということで厄除け=鬼に豆まきをしてやっつけるようになったんだとか。

 「鬼」という字を「おに」と読みますが、「おに」という日本語は「陰(おん)」に由来 するらしい。「陰」とは目に見えない気、主として邪気のことをさします。また、隠れているこわいものとして「隠人(おんにん)」が変化したという説もあり、形の見えない災害、病、飢饉など、人間の想像力を超えた恐ろしい出来事は鬼の仕業と考えられていたのです。

 つまり、新しい年(立春)を迎える前日(立春の前日・節分 )に、鬼に豆をぶつけて邪気(おに)を払い、福を呼びこもうというわけです。

 私は小学生まで愛媛県で育ちましたが、節分と言っても豆まきくらいでした。大阪に来て初めて恵方巻だのイワシを食べるのだと知りました。

 恵方巻の名称・由来は1998年(平成10年)にセブン-イレブンが全国発売にあたり、商品名に採用したことによるとされており、それ以前は「丸かぶり寿司」などと呼ばれていて「恵方巻き」と呼ばれていたという文献等は見つかっていないようです。

 巻き寿司のまるかじりは、海苔の販売業者さんが商品を売るために始めていったのがきっかけと言われています。恵方巻きは2002年には50%くらいしか認知度がなかったのが、2006年には90%以上の認知度となっているそうです。バレンタインデー同様に、商魂たくましく販売業者さんが頑張ったことで、これほど日本に広まったんですね。

 しっかりそれに乗せられている私でございます(笑)
[PR]
by michiko_fujiwara | 2015-02-03 23:58

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara@wombat.zaq.ne.jp


by michiko_fujiwara