藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

人間、辛いことは忘れるから生きていける…?

 2012年12月16日(日)

 開票速報を見ると自民党圧勝の動き。人間というのは辛いことを忘れながら先に進むということを思い出すような結果となりました。

 小泉構造改革で貧困と格差が拡がり、もう政治を変えたいというのが3年半前の政権交代でした。しかし、民主は国民への約束を果たせず、まさか自民に戻るわけにもいかないと思っている方が多いと感じていましたが、結果は自民圧勝、2党での政局たらい回し、これが大政党に有利な小選挙区制の特徴かもしれません。比例代表は前回惨敗した時とあまり変わらないそうですから、小選挙区制度に支えられたということでしょうか。 

 維新の会は、大阪と全国では温度差がありました。橋下市長は多数決を重んじるとして首相指名は自民党に乗りそうな発言。自民でもない、民主でもない第3極としてもてはやされましたが、やっぱり自民党の考えに近いと本人が言う通り(既成政党はダメと言いながら)、第3極とはなりえないことが明らかになりました。大阪維新の会の参謀的な古賀氏が、多数決だといって自民党を丸呑みにするのは危険を感じると言っておられましたが、日本共産党が指摘していた自民党型政治の枠組みに入っていることは間違いありません。

 橋下氏は来年の参議院選挙に出る意欲をあらためて表明しました。もちろん市長をしながらです。選挙期間中市長の仕事はほとんど休んでおり、市民から監査請求を受けていますが、職員にあれだけ厳しく政治活動を規制したのですから、トップである市長はその規制に従うべきで直ちに市長職を退かなければならないのではないでしょうか。市長をしながら参院議員なんてとんでもありません

 未来の党は小沢氏が仕掛け人だとわかって国民の期待が引いた感があります。

 公明党の躍進は、維新の会と自民党との選挙協力があっての小選挙区分がそっくり増えたことによるもので、これも自民党型政治の枠内にあることに変わりはありません。

 この結果は、社会保障の改悪、憲法改悪の動きに拍車をかけることになりはしないか、とても心配です。 
[PR]
by michiko_fujiwara | 2012-12-16 23:01 | 選挙関連

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara@wombat.zaq.ne.jp


by michiko_fujiwara