赤川次郎さんの投書

 2012年12月15日(土)

 総選挙は明日が投票日。原発問題も大きな争点のひとつです。昨日の朝日新聞に、作家の赤川次郎さんがまた次のような投書されました。

 三つの光景 安全を選ぶ原点と題して

 三つの光景を思い出そう。第一は昨年3月11日、東北地方を襲った大津波の人間の想像力を遥かに超えた凄まじい破壊力。第二は福島第一原発の原子炉建屋が爆発し、屋根が吹っ飛び白煙が上がった瞬間の見も凍る恐怖。第三はその原発を「安全だ」と言い続けてきた専門家たちの、現実の事故を前になすすべもなく、ただ、茫然自失していた姿。

 その後の言いわけや責任転嫁を消去すれば、その三つの現実こそが私たちの安全を選ぶ原点である。狭い地震大国に原発を作り続けてきた政党が政権をとれば、原発を再稼動させる可能性が高い。首都直下型地震も南海トラフの地震も、すべてはこれからなのだ。必ず近い将来、日本はまた大地震を経験する。

 次の大地震が起きればすべての原発が無傷でいられるなどと信じる人はいないだろう。再び原発が大事故を起こせば、どれだけの国土が汚染されるか。自衛隊を軍隊にすれば、放射能が防げるとでも言うのだろうか?

 再び原発が爆発したら、子や孫までも放射能の恐怖にさらされるのだ。有力な政党のスローガンは「日本を取り戻す」だそうだが、ならば福島の人々に元通りの故郷をとりもどさせるのがが先決だろう。

 という文章です。

 また、別のページには立命館大教授(環境経済学)大島堅一氏の書いた「原発のコスト―エネルギー転換への視点」が、第12回大佛次郎論壇賞に決定との報がありました。

 これまで、原発は安定的で高出力、二酸化炭素を排出しないクリーンエネルギー、何より最も安価な原子力発電と宣伝されてきましたが、大島教授の著書では立地に係る費用から、政策コスト、廃棄物処理コスト、事故による損害コストなどを考慮すれば原発コストは安くないと主張。過去40年の発電コストを1kw時あたり10.25円と計算し、火力や水力より割高だと論証しているそうです。

 この二つの記事は、原発をなくし子どもたちの未来を安心できるものにしたい、と考えておられる方にとってとても大事な「ものさし」となるでしょう。

 原発敷地内に活断層が走っていることを考え合わせても、やっぱり原発は即時ゼロですね。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2012-12-15 23:41 | 選挙関連