藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

思想調査アンケートは廃棄

 2012年3月2日(金)

 大阪市の職員アンケート(思想調査)は、ようやく廃棄することにしたようです。

 大阪府労委がいち早く、違反の可能性が高いとして「調査の一時中止」を勧告し、各界から批判の声があがり、大阪労連や民主団体など府民が大阪市役所を包囲するなど運動が広がりが増す中で、調査を担当した野村弁護士が「3月末までに府労委の結論が出なければ廃棄する」と述べたそうです。府労委の最終決定までには1年以上かかるらしく、事実上廃棄が確定したといえるようです。

 (本当に廃棄するんでしょうかね。そっと残して…なんてことないんでしょうか?)

 職員約3万4千人に対する組合活動・政治活動の実態を調査するとして、2月9日~16日の間橋下市長の指示で実施。勤務中かどうかなどは関係なく「特定の政治家を応援する活動に参加したことがありますか」と尋ね、「誰に誘われたのか」と職員だけでなく一般市民も含めた問いになっています。別途無記名で報告しても良いと密告も奨励。憲法で定めている思想信条の自由などどこ吹く風ですね。

 アンケートに順番に答えていくと、労働組合の意識が解体され権力者に無条件で従うのが公務員のあり方だと刷り込まれていく、一種のマインドコントロールでありそれが本当の狙いではないかと危険性を指摘する方もあります。

 作家の澤地久枝さんは、アメリカでかつて行われた「赤狩り」と同じだと言っておられます。その裁判記録を見られたそうですが、誰がどんな会合に参加したかを調べ上げ、被告になったのは共産党員ではない一般の労働者たちで、法廷闘争でも負け職場から追放されたりしたとのこと。

 アメリカは後に反省をしたそうですが、橋下市長は悪いことだとは思っていないのですから始末が悪い。この人に政治を任せて本当に市民、府民の暮らしが良くなるでしょうか。暗黒政治の幕開けのようで怖いです。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2012-03-02 23:25

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara@wombat.zaq.ne.jp


by michiko_fujiwara