藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ
2018年1月21日(日)

c0133422_334715.jpg 第40回記念となる池田母親大会が開催されました。本来ですと昨年10月の予定でしたが、台風襲来で警報が出たため今日に延期されました。

 今回は、記念講演に関西学院大学法学部教授の冨田宏冶先生を迎え、昨年7月国連会議で122ヵ国の賛成で採択された、核兵器禁止条約を学ぼうと企画されました。富田先生は原水爆禁止世界大会の起草委員長でもあられます。1時間15分の講演時間があっという間に過ぎ、レジメの半分くらいで時間が来たため最後ははしょられましたが、お話の内容は、納得と勇気を得られたものとなりました。

 2015年、NPT再検討会議に700万筆の署名を積み上げた多くのみなさんの声が、いかに妨害しようとも止められない流れとなった。60年以上の長い助走とこの間の運動が結実した。その展望を共有したいと講演が始まりました。

 何を禁止するのか、禁止するなら決定的に禁止する…めちゃくちゃ厳しくなっているそうです。そして一気に核廃絶というよりも、まず禁止しましょう、禁止から廃絶につなげていきましょう、しかし廃絶に向けてという条文に踏み込んでいることで、この条約で廃絶できるようになった。…それが国連会議の目的でありようやく原水爆禁止の条約を実現した。これをてこにもうひと踏ん張り核廃絶へと進んでいきたいと話されました。

 核兵器禁止条約は、5月22日に第一次案が発表され、6月27日に第2案が発表されると内容は全然違うものになっていたそうです。富田先生は採択される禁止条約の翻訳を手掛け一時案から準備されたそうですが、あの努力は何だったのかと思うほどその内容が変わっていたそうです。さらに7月7日に第3次案が出され、また違う内容となって採択をされたんだとか。

 核兵器禁止条約とは、核兵器の法的禁止は、核保有国は非合法になるということであり、武器保有を禁止された日本で武器を持つヤクザのように、保有国はならず者ということになる。条約は非合法化を先行させ、完全廃絶につなげるための条約であること。その第1条には核兵器に関わるほとんどすべての活動を第1条で明確に禁止しているそうです。具体的には開発、実験、生産、製造、取得、保有、貯蔵、移転、受領、使用、威嚇、配備、設置、展開…これらがすべて禁止です。

 実験は当初核実験としていたそうですが、そうすると核開発を始めた北朝鮮のような国は爆発の実験をしなければならないため対象になるけれど、すでに実験済みのアメリカやロシアのような大国はすでに実験結果が集約されており、禁止されてもコンピューターでシミュレーションできるため、条約の効果が薄れてくるため、核開発につながるすべての実験を禁止したんだそうです。

 核開発を進める北朝鮮は当然ならず者です。しかしすでに実験済みの核保有国アメリカもならず者であることを堂々と主張できる条約にしたということです。

 「使用の威嚇」の禁止は「核抑止力」への明確な否定と禁止されています。当初は草案に入っていなかったそうですが、日本のように「核の傘」の下にある国への配慮で7月3日の第3次案で加えられたそうです。「使用の威嚇」とはまさに北朝鮮にアメリカがやっている事であり威嚇し合っているときに本当に核のボタンを押してくることが怖い。威嚇を禁止することはとても重要なことです。そして日本が条約にサインしない最大の理由としている「核抑止力」は「抑止力」には「抑止力」をと相手を威嚇するだけでなく際限ない軍拡競争ににつながり、一触即発の緊張をもたらすことになります。「核の傘」のもとにある日本は「核抑止力」に頼っているため条約にサインできないのが現実。

 広島、長崎で21万人がその年までに亡くなったそうです。そのうち女性と子どもが7割。女性と子どもを狙い撃ちにする兵器であること。被爆者の叫びそのものが核兵器の本質。核兵器禁止条約は被爆者の声をもとにつくられていると言われます。前文で核兵器の非人道性を強調し、「被爆者の受け入れがたい苦痛と被害に留意」とあり、第6条で、被爆者と核実験被害者への支援を義務化し、加害者にも支援の責任を負わせるものとなった(7月3日に追加された)とのこと。

 被爆者には医療、リハビリ、精神的ケア、を行い、社会的、経済的に差別するなという条文もある。日本では被爆者は体も心も暮しも、苦しみの中にあり、医療費補助を受けられる人は1%程度で、この面からもますます条約に参加できない状況が明らかとなっています。

 冨田先生は「核の傘」から離脱して核兵器禁止条約にサインするためには、非核の政府をつくらなければならない。非核三原則を実施し、非核日本を実現することこそ日本国民の課題であり、唯一の被爆国日本が世界への責務を果たすことになる、と日本のあるべき姿を示唆されました。

 世界がここまで真剣に議論をしてきたこと、本気でより良いより厳しいものに変えていく努力がなされたこと、国際社会は思っている以上に民主的に議論されてこの核兵器禁止条約がつくられているんだということが良くわかりました。

 核兵器を禁止し廃絶する条約の締結を求める「被爆者国際署名」日本国民の過半数を集めようと運動が始まっています。是非ご協力くださいますようよろしくお願いいたします。

 
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2018-01-21 23:59 | 平和へ
2018年1月18日(木)

c0133422_242287.jpg 来週の1月26日(金)夜、市民文化会館で新春の集いでAKBになります(笑)

 AKB48ならぬAKB8ですが、女性後援会が、A…あくまでも、K…憲法を守る、B…ビューティレディ(ばーちゃんズ???)で 憲法総選挙を行います。

c0133422_16123695.jpg AKB8が、憲法の条文のここが大事と1分間スピーチを行い、センターを狙います(笑)もちろん旬は憲法9条でしょうが、生存権を謳う憲法25条、両性の平等を謳う憲法24条は女性後援会ならではです。30代の女性は憲法99条を選びました。しぶい!…そう、とても大事な条文です。

 憲法99条は、「憲法尊重擁護の義務」を謳っており、その条文は「天皇または摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ」…ですから権力を持つ位置にある人たちを憲法で縛るものとなっているんです。安倍政権が軽々に改憲を口にしていますが、何よりも憲法に沿った政治を行うべきで、憲法を変える時は国民の大多数が変更が必要だという時に限ります。だって主権は国民にあるのですから。

 その前文では、再び戦争の惨禍が起こることの無いように、主権在民、恒久平和を謳っています。

 憲法25条は、「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」…そう、健康で文化的な生活でなければならないのですが現実はどうでしょうか。憲法26条では「すべて国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じて等しく教育を受ける権利を有する」とありますが、学校に通えず人として生きて行くための教育、知識が得られない子どもたちもいます。

 憲法27条では「すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負う。賃金、就業時間、休息その他の勤労条件に関する基準は法律でこれを定める」とあります。失業、アルバイトや派遣など不安定雇用で低賃金、過労死を生むような働かせ方ではダメなんじゃない?

 私は憲法14条・法の下の平等でセンターを狙います(笑)あらゆる差別を禁止しているのですから、女性への差別的見方、扱い方を根底から一掃したもので多くの女性ゆえの問題解決も家父長制度の名残もこの中に禁止すべきこととして含まれています。

 難敵なのはフォーチュンクッキー。手も足もバラバラ、う~ん! 「やめとけ!」との声も聞こえてきますが、何でもやろうと言ってきた手前、後に引けなくなってきました。あと1週間!せめてリズムには乗りたいものです。高い投票率で是非参加者の皆さんのご協力を願います。AKB8のフォーチュンクッキー、衣装もできました。乞うご期待! (笑)
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2018-01-18 23:49 | 演説会、つどい、市政報告会
2018年1月17日(水)

c0133422_1282893.jpg 阪神淡路大震災からる23年経ちました。死者6434人、全半壊約47万世帯。火災も広がりました。

 どーんと揺れたときは動けなかったことを覚えています。幸いにもわが家での被害はありませんでしたが、池田市内にも建物の全半壊・一部損壊や道路に亀裂が入るなど少なからぬ被害がありました。当時民主商工会に勤務していましたが、会員さんのお店も食器類や酒類も落ちて壊れ酒に酔うほどだったと聞きました。通信も途絶え、大変でしたが、川向うの兵庫県は被害の度合いは数倍もの被害状況で、池田市のスーパーやコンビニ、銭湯に川を渡って沢山の被災者が食を求めて並んでおられたのを記憶しています。

 翌日から事務所に炊飯器を持ち寄り、おむすびをつくってポリタンクに詰めた水と共に男性事務局員がバイクを走らせ西宮まで届けたことを思い出します。民商事務所も一部損壊で建て替えを余儀なくされ、会員さんたちのカンパで建設したのが今の事務所です。

 その2年前には集中豪雨で池田市内は沢山の浸水被害を受け、立て続けの被災に、全国から沢山支援金や救援物資が届けられました。

 当時は備蓄などを用意しいざという時の対策を取っていたものですが、今ではすっかり忘れてしまったかのようにその対策もおざなりになっています。地震国日本ですから、今後南海トラフがいつ起こるかもわからない。各地で防災対策も行われていますが、いざとなったとき、迅速に動けるよう改めてそれぞれが気をつけなければならないと思うひと時でした。

 さあ明日から気を引き締めて、また頑張りましょう。
 
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2018-01-17 23:30
2018年1月13日(土)

c0133422_045157.jpg 今日は、年金者組合の新年会への参加と北摂チアリーディングクラブの10周年記念発表会を見せていただきました。年齢差はいかほどでしょうか(笑)

 年金者組合では手づくりのおでんや炊き込みご飯など1品づつの持ち寄りで、テーブルに並べられバイキング方式で昼食会。一息つくとお楽しみタイム。9マスのビンゴゲームは時間短縮にc0133422_053083.jpgばっちり。9つのマスに1番から20番までの好きな番号を書き込み、ビンゴ!と声をかけるとシュート!と元気な声が返ってきます。空くじなしで全員が商品ゲット!

 落ち着いたところで、女性部役員さんたちが茶摘み踊り、というところで失礼させていただきましたが、2人羽織などのかくし芸も披露されるとのことでした。

c0133422_063040.jpg 平均年齢70歳以上の元気な高齢者の後は、幼稚園や小学生、中学生という超かわいい子どもたちのキビキビとしたチアリーディングに思わず頬が緩みます。

 日頃どんな練習をしているんでしょう。柔軟さと軽やかさと力強さが相まって宙を舞うジュニアたちに拍手!体感がしっかりしていないと、ピラミッドの上で片足立ちやひねりや回転は出来ないですね。全くブレることなく素晴らしい演技を見せていただきました。

c0133422_072318.jpg 会場の入り口にはたくさんのトロフィーが並んでいましたが、パンフを見ると、2012年・第2回子ども大阪チアリーディング大会ジュニアスター部門金賞を皮切りに2013年は第19回西日本チアリーディング選手権大会ジュニアスター部門銅賞、2014年には小学4年生≁中学生部門で優勝、2015年にはホノルルフェスティバル出演、子ども大阪大会では4年生以上中学3年生部門優勝、ジュニアスター部門も金賞、2016年・西日本チアリーc0133422_082760.jpgディング選手権大会小学4年生以上中学生部門で優勝、2017年も優勝と輝かしい成績です。2017年はジュニアスター部門もついに金賞、ベストマナー賞というのもあるんですね。

 2016年はゲスト出演されたn-Relate、和太鼓集団 疾風、よさこい連 わ のメンバーと一緒に熊本に遠征、池田・熊本復興交流イベントにも出演し、熊本の被災者のみなさんを応援した来られたようです。子どもたちの明るい演技はきっと熊本の人たちに笑顔を与えたのではないでしょうか。まさに応援団ですね。

 元気な高齢者とジュニアの演技に癒された一日でした。

 
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2018-01-13 23:58
2018年1月12日(金)

c0133422_1311615.jpg
c0133422_1314277.jpg
 

c0133422_1361314.jpg 昨年、市政報告会で、福祉バスについての意見が寄せられました。

 「バス乗り場の時刻表は行き先が書いてないのでどっちに向かうのかわからず、間違えたらいけないと思い利用できなかった」という内容でした。早速6月議会の一般質問で、すべてルートまで表示できなくても、せめて行き先が分かるようにしてほしいと改善を求めてきたものです。

 福祉バスだけでなく、阪急バスの減便で「病院の受付時間に間に合わなくなった」「買い物に駅まで出ると何日がかりになる」などの声が寄せられ何度かバスの利便性を求めてデマンドバス・タクシーやコミュニティバスの導入を求めてきましたが、この問題も東京オリンピックまでにはどのような公共交通のあり方が望ましいのか検討をするとの答弁も得ています。

 こうした全体のバスの見直しがあるため、抜本的な改善とまではいかないまでも、少なくとも池田に向かうのか、石橋に向かうのか行き先が分かるような表示にしたいとの答弁があり、このほどいつごろ直してくれるのかと尋ねますと、職員が少しづつ張り替えて回っているので年度内には張り替えたい、ただし一部の地域は阪急バスの時刻が変わるところもあり、来年度にずれ込むところもあるとのことでした。

 宇保町では、すでに昨年末に張り替えられていたので確認をしてきました。ずいぶんわかりやすくなったと思います。もう少し回数が増えれば言うことないのですが、福祉バスは3台のバスで今市内を回しているのが現状です。

 また是非ご意見をお寄せください。
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2018-01-12 23:54 | 生活相談
2018年1月23日(木)

c0133422_151098.jpg 京都先斗町の歌舞練場で開演中の「前進座初春特別公演」を観てきました。毎年恒例となっている日本共産党後援会の行事です。本来は橋向の南座で行われているものですが、改装工事のため、昨年同様歌舞練場での公演となりました。こじんまりしてますが、舞台と客製との一体感を感じます。

 開演に先立ち、宮本岳史衆院議員、辰巳幸太郎参院議員、清水c0133422_16160.jpg忠史前衆院議員の挨拶がありました。

 今年の演目は、前半が舞踊で初姿先斗賑(はつすがたぽんとのにぎわい)と狂言舞踊・棒しばり。初姿…は若旦那と太鼓持ちが、江戸の吉原でのんきに遊び、江戸の日本一の芸を観たら今度は今日の舞子を観たいと、東海道をいろいろな体験をしながら京へ向かうという芝居交じりの舞踊です。特別出演で先斗町の舞妓c0133422_165955.jpgさん2人も登場。

 棒しばりは、大名が出かける際召使の太郎冠者と次郎冠者が酒蔵の酒を飲む今年心配し棒で縛るというお話。棒で縛られた太郎冠者と後ろ手に縛られた次郎冠者の踊りが見ものです。

 後半は唐茄子屋というお芝居。糸問屋の放蕩息子が伯父に唐茄子(かぼちゃ?)を売り働いて稼ぐことを体験させるのかで貧乏長屋の人情に触れ、売り上げのすべてを貧しい親子に渡すが、家主が家賃の滞納分だとして全部持って帰り、自殺を図ろうとする姿を見て、放蕩息子がお金の使い方、働き方を学び「唐茄子屋でござい」と売りに行くところまでを演じています。

 笑いと涙を誘うお芝居。きちんとした芸、歌舞伎を身近に感じさせてくれる前進座公演でした。

 
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2018-01-11 23:56
2018年1月9日(火)

c0133422_14486.jpg 池田市は新年早々ですが、1月4日(木)から25日(木)まで「第6次総合計画の一部見直し(案)」についてパブリックコメントを募集しています。

 その理由として、第6次総合計画は平成23年1月に策定され6年が経過した。この6年間の池田市を取り巻く環境の変化で、「伏尾台創生プラン2020」「細河未来夢プラン2030」「石橋未来夢プラン2030」を踏まえ「池田のまち みんなまとめてテーマパーク構想」の策定に取り組むなど新たなまちづくりの機運が高まっている(市民の中にどの程度の機運があるのか、私にはまだよく見えていません)。また、昨年12月に供用開始された新名神など交通の利便性の向上が見込まれるため(そんなに利便性が上がるのか、ほとんど通過だけではないのか、など、ちょっと疑問)地域特性に応じた土地利用に資する環境整備が期待されている…として総合計画の見直しを行うためのパブリックコメントということのようです。

 これらの仕掛人は、市長に他なりませんが、市民のみなさんの声をお寄せ下さいということです。

 見直し内容は、細河地域の土地利用について、「新名神の供用開始で、利便性が高まる地域となる」ため「自然環境・景観や農業との調和に配慮して」…などの文言を加え、地区計画を活用した土地利用の促進を図ろうとの考えではないかと思われます。具体化する意思がなければ急いで変える必要はないと思いますから…。

 同様に、駅周辺を中心とした市街地の整備に関する基本計画、高齢者福祉の充実 ステップの項目については老人福祉センター(敬老会館など)の文章も原文では「維持と運営の充実を図る」とあるところを「機能更新や整備に向けた取り組みを推進する」…と敬老の里プロジェクト構想の具体化のための文章にしようとしています。

 是非、パブリックコメントにご意見をお寄せください。
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2018-01-09 23:58 | 議会報告
2018年1月8日(月)

c0133422_233472.jpg 成人の集いが市民文化会館・アゼリアホールで開かれました。今年の新成人は1,089人。男性が583人、女性が506人と、このところ男性が女性を上回っています。すでに選挙権は与えられていますが、大人としての自覚が出るのは、自らの労働で収入を得始めてからのことでしょうね。

 毎年、ミニライブと吉本興業の漫才、抽選会が行われるというc0133422_25023.jpgパターンです。

 ミニライブは、五月山動物園の宣伝ガール「Keeper Girls」のオリジナル曲を3曲。それが終わると、恒例の抽選会。1回目は大阪北部農協の提供による印鑑入れと(株)ジェイエアからはペア航空券。航空券が当たった女性は彼氏と旅行に行きますと悪びれることなく答えました。
c0133422_262169.jpg
 市長と市議会議長のあいさつがあり、その後の吉本興業の漫才は「霜降り明星」。最近は漫才を聴く機会がなく残念ながら知りませんでした(みなさん知ってました?)。これが「わろてんか」の後輩たちか…なんて思いながら、「もっと努力をしてお客さんを笑わせるように努力をせよ」…と言う藤吉の言葉を思い出しました。

 このあと2回目の抽選会、祝電披露、ビデオレター3回目の抽選会と続いて終わる予定ですが、私は後のスケジュールとの関係で、漫才の後会場を後にしました。

 新成人にとっては初めての成人式ですが、毎年参加している私たちにとっては、毎年ほぼ同じパターンで、実行委員会形式の割には同じ流れなんだなと思っていました(基本の流れは決まっているんだ)。ただし、去年から始まったビデオレターはいい内容です。何よりも自分たちの元担任がビデオで成人式を祝うのですから、いろんなエピソードがとても新鮮に聞こえました。

 今年の先生方の声が聴けなかったのは残念でした。

 抽選会の商品を提供した企業・団体は北部農協とジェイエアに続き、日清食品、株式会社池田泉州銀行、株式会社リコー、ダイハツ工業(株)となっています。農協以外は毎年同じ顔触れです。例年旅行券が多いです…。
 

 

 
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2018-01-08 23:59 | 市関連行事参加
2018年1月7日(日)

c0133422_1854.jpg 今日は消防の出初式が猪名川運動公園で行われました。

 突然のお葬式で、途中から参加しました。すでに優良消防団員や小中学生の防火作品の表彰が終わり、来賓あいさつが始まるところでした。

 訓練は毎年内容を変えて行われます。今年は中高層マンションc0133422_195682.jpgの建物火災という設定。屋上に逃げ出した被災者を40メートル級のはしご車が救い出し、地上からは火災現場に放水し消火活動をするというドラマ仕立てです。

 火災発生と同時に消防自動車が現場に駆けつけ、ポンプ車や救急車が走ります。見学に来ていた子どもたちが一生懸命見ていました。例年男の子が多いですが、今年は女の子も沢山見かけましc0133422_1193140.jpgた。
 
 最後は各分団の一斉放水が猪名川に向けて行われます。出初式ならではです。

 平成29年度の火災件数は12件、平成28年度が19件でしたから7件少なくなっています。しかし救急件数は平成28年度5,591件c0133422_122244.jpgに対し平成29年度は5,619件と28件の増加で年々増えている気がします。高齢者人口が増えているせいでしょうか。

 今朝告別式だった知人は、体調が悪かったとは言え、救急で病院にも行かないまま、ご自分の布団の中で無くなられていたそうです。早めに病院に行っていたら…などと悔やまれますが、これが人生なんでしょうか。救急車を足代わりにする人がいるとの話もc0133422_125617.jpg聞きますが、病気の重さは医師が見立てなければ救急搬送されることで、病気を食い止めているのであれば、早期発見早期治療で良しとしなければなりませんね。

 比較的暖かい一日で、ストーブのそばにいてても寒かったこれまでとは違い、猪名川沿いの冬の寒さはス漉緩んでいた様子でした。
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2018-01-07 23:57 | 市関連行事参加
2018年1月5日(金)

c0133422_213122.jpg 商工会議所の新年賀会に出席。

 会場の入り口に「万博誘致に賛成の方は名刺を入れて下さい」と書かれた箱があり、議員の多くが名刺を入れていました。会頭のご挨拶の中にも万博に期待の言葉が感じられました。でも誰もカジノがセットだなんて言わないんですね。ギャンブルで本当に景気が良くなるとは思えないしそれどころか治安も悪くなるのではないでしょうか。カジノ万博で莫大な税金を使ってそれ以上のものが得られるのかは疑問です。

 年賀会参加者の9割以上が男性というのは毎年感じること。女性は去年よりも少ない感じでした。海外のようにどうして夫婦一緒に参加しないのか、日本のジェンダーギャップが世界の中で、しかも先進国の中では最下位と言ってもいいくらい低い水準のままに、今年はさらに順位を落としていましたが、社会に出るのは男性で、男性が働きやすいように女性は家庭を守る…という根強い考え方が、こうした場所への社会参加にも表れているようです。

 中小業者では、特に女性は夫と共に営業を守る上でも大きな役割を果たしており、その上、妻として母として3倍も働いている女性になかなか陽が当たらない。かく言う池田市議会も21名中(定数22)女性は日本共産党会派の2人のみですが…。もっと女性が各分野で活躍してもらうためにも、女性の地位向上と権利擁護が欠かせません。賃金格差をそのままにして女性を安上がりの労働者として働かせるような「働き方改革」では日本のジェンダーギャップは埋まりません。

 また男性にしても過労死を生むような働かせ方が問題です。家事労働を共同で行うことが出来ないほどの長時間労働では、男性も女性も疲れ切って、余暇を楽しむどころではありません。8時間働けば普通の暮らしができる賃金体系にすべきです。

 あっ、新年早々、またぼやいてしまった。「冷静に、冷静に」…(笑)
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2018-01-05 23:59 | 議員活動

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara@wombat.zaq.ne.jp


by michiko_fujiwara