藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ
2017年9月19日(火)

c0133422_051061.jpg 連休明けの今日は、一般質問の通告と意見書の提出締切で正午までジタバタ。ま、いつものことですが(笑)

 今回の質問通告は14人(22名中)。質問は提出順ですから、9番目小林吉三議員、10番目が白石啓子議員。私は12番目ですから、おそらく3人とも、28日(木)の質問となるでしょう。

 私は、9月1日の防災の日にちなみ防災対策について質問します。平成6年の集中豪雨、平成7年の阪神淡路大震災、3年前の集中豪雨など、池田市も少なからず被災者を出したことから、南海トラフへの対策も含めて防災対策を進められているでしょうが、中央防災会議が予知による防災対策の見直しを求めたことも合わせて、市民の命を守るための施策について質問する予定です。

 また、給食センター建て替えについて現役ママさんたちから寄せられた、アレルギー代替食、各種警報時の対応、放射性物質の独自測定など児童生徒の食の安全も含めた質問をします。自校方式にい勝るものはありませんが、センター方式であっても、美味しい安全な食事の提供を追及すべきです。

 もう一つは、最近も相談を受けていますが、自宅で倒れ病院に搬送されても急性期病院はすぐに退院しなければならない、しかし自宅での生活はとても無理、という人は多く、入れる施設はほとんどなく、待機児童の比ではない待機者がおり、とてもすぐには入れない現実をどう解決していくのか…などなど質問したいと思います。

 これらの内容と、委員会での新内容の一部を「議会速報NO.2」にして近く配布予定。

 お時間がありましたら、是非議会傍聴にお越しください。
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2017-09-19 23:43 | 議会報告
2017年9月18日(月)

 このほど、市立池田病院の出産費用が11万円も値下げすることになりました。
 
 10月1日以降に分娩される方から、現行の出産費用・53万6千円を41万9千円に引き下げ、出産育児一時金42万円の範囲内で出産できるようになるそうです。
 
 自然分娩で自費扱いとなった場合で、ただし各種自費割増及び新生児管理・介補料に係る加算は適用しない(帝王切開等で保険適用となった場合は対象外)とのこと。つまり、ごく普通に出産した場合の金額ということになります。

 池田市民の場合で約11万円の負担軽減(市外患者の場合は約7万円の減額)となるそうです。

 思い切った値下げの背景には、池田市内に出産できる民間の産婦人科医院が無くなり、市立池田病院の産科は市内で唯一出産可能な病院となっているにもかかわらず、最近は分娩件数が減少気味だとか。

 近隣の公立病院と比較して高額な出産費用や面会制限の実施、あるいは「出産の予約が取りにくい病院」とのイメージが定着しているのではないか、などなど件数の低迷につながっているのではないかと考え、「はぐくみ はばたけ いけだ Baby」プロジェクトと題して分娩件数増加に向けた各種取り組みを実施することになったようです。その一環として自然分娩の出産費用を大幅に引き下げることになりました。

 ちなみに、近隣の公立病院の出産費用は、箕面市立病院で49万2千円(6日)、市立豊中病院は50万5千円(5日)、市立吹田市民病院・50万5千円(7日)だそうです。

 しかし、近隣他市よりも料金が高く、面会制限があるなんて知りませんでしたが、その制限も緩和するようです。さらに病棟の美装化、各種PR(?)などと合わせて実施するとのこと。

 出産は病気ではありませんから豪華な食事が出るところもあるそうで、まるでホテルのスイートルームのようだとか。病気ではありませんが出産は結構危険もつきまといます。その意味では総合病院が安心ですが、いつのまにかホテルのような病室を競い合う時代なんですね。

 ただ、診察を待つ時間が長いとの声もあります。「子育て日本一」にするにはこれも改善させ、出産も、子どもの医療費も、学校給食も、少人数学級も、子育て世代が望む施策を実施させることですね。そうすれば次世代市民が池田に住み続けてくれることでしょう。

 
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2017-09-18 22:14 | 議会報告
2017年9月17日(日)

 台風18号が近畿に接近しており、池田市には、すでに大雨警報、暴風警報、雷注意報が出ています。

 池田市は18時より順次下記6か所で避難施設を開設しています。市はエリアメールや広報車で避難勧告を行う予定。

 開設施設は、五月丘小学校、秦野小学校、細郷小学校、人権文化交流センター、池田会館、鉢塚会館です。

 五月山の麓、土砂災害危険区域にお住いのみなさん、大雨による浸水被害の危険がある地域のみなさんには特にご注意いただきたいと思います。

 風も強くなってきました。避難施設に近い方、危険だと思われる方は早めに避難をしてください。大阪府では竜巻発生の注意報も出されています。夜間になりますので外に出ることが危険な場合もありますので、十分にご注意ください。
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2017-09-17 20:09 | お知らせ
2017年9月15日(金)

 今日は総務委員会でした。

 一般会計補正予算に石橋会館等再整備事業の設計業務委託料3200万円が計上されています。

 石橋会館は、電車から見える石橋南小学校の隣にあり、なかよしこども園の保育所部分が1階にあり、スロープで上ってその2階・3階を共同利用施設・石橋会館として近所の方たちが利用されています。年間2万人もの利用があるとのこと。

 議案書によると、1階の保育所部分を石橋南小学校校舎内に移設し、石橋会館については石橋地域の拠点となるよう建替えを行う等の整備を実施するとあります。

 しかし今日の話では、設計の委託先はこの予算が通ってから、委託先を決め設計の段階で小学校への保育所移設も、一時的なものになるか継続的なものか、建物もどういったものにするかを決める予定だそうです。

 ただ、市長の話では、3階建の建物から、なかよしこども園(保育所部分)を会館から除きどこへ移設するかは調整中。会館は老朽化し耐震基準に不足しており、耐震化には2億円近くかかるため建て替えの方向。平屋建てにして約500㎡くらいのものを考えている。細河コミセンのように、自主的に管理していただく普通会館といったことも検討。保育所の移設については、第1案として石橋南小学校の北校舎に暫定的に移すかそのまま保育所として使うかは関係部局と話し合っていきたい、余裕教室はあると思うとも…。地元の方々からも概ね了解がとれているとのこと。

 部長の話では、地域管理の普通会館にするか、共同利用施設にするかは、建て替えの財源を、交付金の活用か地方債を使うかによって変わるため検討中とのことです。

 学校の教室と保育所では部屋の使い方が違うため、いったん保育室のための改装をするとそう簡単に暫定的な移設とはいかないのではないかと思います。学校側も、教育やなかよし会などへの影響は少ないと答えていますから、詳細はこれからとしても、大枠は議案書通りに進むのではないかと思います。

 保育所の園庭は、どのような建て替えになろうと、必要な広さは確保できると考えておられるようです。いずれにしても、市の考えを元に設計士さんの提案も含めて具体化されることになりそうです。

 平成30年度の工事着工、
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2017-09-15 23:33 | 議会報告
2017年9月14日(木)


 12日の厚生委員会で、一般会計の補正予算審議中、「実は大変なことになっている…」と市長の弁。

 今回、授産施設・くすのき学園の移転建替えに関連して半年分の土地借上料・272万円が計上されています。国有地(産業総合研究所宿舎跡地)を長期借地で借り上げ、五月丘保育所の建替えも含めて建設することになっています。
 
 補正予算では、鑑定士が正当に評価した価格ということで提案されていますが、ここに来て近畿財務局が無理難題を押し付けてきている様子です。

 50年の長期借地で話がついていたと思っていましたが、急に入札にすると言ってきたそうです。入札そのものが悪いといっているわけではありませんが、近畿財務局はこちらが正当に評価した金額よりも高い金額にしようとしている様子で、入札するも不調に終わっているとか。鑑定士さんも責任をもって鑑定した評価額なのに不当なやり方だと言っておられるとか。

 本来こうした国有地を処分する場合、まず所在自治体に買取の意思を問い自治体が拒否をしたら一般に売却をするといった流れがあると聞いています。その流れにのっとって買取は無理だけれど長期借地でと話がついていたはず。ここにきて難題を押し付けてきたのは、森友・加計問題が影響しているのか。近畿財務局の理不尽なやり方に疑問と怒りを禁じえません。

 お友達には至れり尽くせりの大サービスをしても、市民サービスにつながる自治体には、鑑定士の責任を持った評価を大きく上回る賃料を吹っ掛ける、こんなこと許していいでしょうか。
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2017-09-14 23:39 | 議会報告
2017年9月13日(水)

 今日は文教病院委員会。一般会計補正予算の審議は給食センターの土地購入費と設計委託料が中心で審議されました。

 土地は公募8515㎡ですが、実測は約1.5倍…事業用地が約1万4千㎡(地権者は16名)、道路拡幅用地に1千㎡(地権者8名)。間もなく測量が終わり、協会の確定が出来れば土地の買収に入るとのこと。自治会の説明では大きな反対はなかったそうで、市長の話によると、ほぼ大方の地主さんの了解が得られているとのこと。

 ある議員が、公募型プロポーザルで入札の結果、応募1グループのみだったが、グループ化によって競争の原理が働かないのではないかと質問をしましたが、他者との比較はできないが基本計画に沿った提案が出されているとのこと。

 先日来要望で出ていた親子方式について白石議員が尋ねると、自校方式なら学校施設となるが、親子方式では工場となり、住宅地では建替えられないため中学校の敷地での方法は建設できないとのこと。複数に分散されていれば事故などがあった時リスクが分散されて検討に値すると思いましたが、やっぱり自校方式が一番いいということですね。

 畑や農地などが中心で、農地の場合相続税の納税猶予を受けている方が一部あるとのこと。そのまま売却するとこれまで受けていた納税の猶予が解けて相続税を支払わなければならないことになりますが、代替え地などの提供で猶予が続くため、関係機関と相談して具体的な対処方法を相談したいとのこと。

 市長のはなしによると、細河地域の今後の展望について10月3日に有識者懇談会を開くそうですが、給食センターは細河地域の核となる。10月から具体的買取に入るが、ついでに周辺の未利用土地が出てくると想定しており、今後第6次総合計画の見直し、工場立地可能な地区計画を年内に出したいなどと話されました。

 前市長は、細河の調整区域は外すつもりがなく、緑豊かな細河の自然を守りたいといっておられましたが、倉田市長はどんどん開発していくタイプに見受けられます。昨日の厚生委員会でも、敬老会館、白寿荘、万寿荘、母子市営住宅、石橋住宅などを一体にしたプロジェクトを考えている、といった話がだされていました。どれも老朽化など課題がありますが、立て続けのイメージで箱物復活行政となってきそうな気配?
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2017-09-13 23:36 | 議会報告
2017年9月12日(火)

 昨日は土木消防委員会、一日遅れの報告です。

 議案は「池田市火災予防条例の一部改正について」と「一般会計補正予算」の2つで午前中で終わりました。

 火災予防条例は、平成24年の広島県福山市のプリンスホテル火災、平成25年の長崎での高齢者のグループホーム火災が背景にあります。立ち入り検査をして、不足している消防用設備の設置を求めてもいうことを聞かない、指導しても是正されない建物は消防本部のホームページ等で公表することを定めるための条例改正です。

 30人以上人が入る建物(マーケットや飲食店、病院・診療所、遊技場、福祉施設など)を特定防火対象物と言い、利用者の安全を守るため、自動火災報知設備や屋内消火栓、スプリンクラーの設置が義務付けられています。市内では672件中、公表対象設備を有する者が504件設定されているようです。

 立ち入り検査をして、屋内消火栓・48件、スプリンクラーの未設置が68件あったそうです。14日経っても是正されない場合公表の対象となり、設置が確認されればすみやかに削除するそうです。平成29年9月1日現在、市内で2件公表対象となっているとのこと。飲食店や診療所などが入っている雑居ビルで、自動火災報知設備が不足しているようです。

 スプリンクラーなどは、助成が受けられても一定の費用が掛かるので、知人の福祉施設では毎年積み立てをしてようやくつけたといっておられました。
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2017-09-12 23:57 | 議会報告
2017年9月10日(日)

c0133422_1203099.jpg 今日の毎日新聞の社説で、〝文科省が学校に代わり自治体が担当するよう促す方針を決めた”との記事を見つけました。金銭管理や未納の家庭への督促を教員が担うケースが多いため、との理由ですが、ようやくの感ありです。

 公立小中学校の給食費徴収については事務員さんや教員に負担がかかり、一時は池田でも多額の立替をしていた事があり問題となっていました。今でも事務員さんからは、何とかして欲しいとの声を聞きます。

 戦後、全国で始まった学校給食では、慣例的に学校が食材費の徴収を担ってきました。今でも全国の4分の3の市区町村で学校が給食費を徴収しているそうですが、もちろんその中には池田市も入っています。給食費そのものは銀行振り込みですが、最終的な金銭管理や未納者対応は教員や事務員さんが担当しています。

 給食費は1ヶ月4~5千円位。2012年度の文科省の調査によると半数近くの小中学校で未納者がおり、100人に1人の未納者となっていることが分かりました。家庭の経済事情や支払い拒否によるもの。
 この未納家庭への督促が教員の負担になっているといいます。文書や電話だけでなく家庭訪問も7割近くが経験しているとのこと。

 滞納する家庭に出向いて怒鳴られたり、保護者との関係悪化を気に病んだりする教員も多いといいます。子どもも担任が督促に来れば負い目に感じることもあるでしょう。

 長野県塩尻市では、2013年度から市内15小中学校の給食費徴収を始めたそうです。学校からは「負担が無くなり助かった」と歓迎されたとのこと。そりゃあそうでしょう。
 
 学校で徴収すると、未納者分の給食費を差し引いて、業者に支払いをすることになりますが、行政が担当すれば給食費を予算化でき、未納の家庭があっても給食費の水準を落とさずに済むというメリットもあるようです。

 学校での徴収は給食費だけでなく教材費や修学旅行費などもあり、教員が本来の仕事に専念できるようにするためには、これらの徴収業務も自治体が担当することが望ましい…と言った内容の記事でした。

 自治体業務になれば当然これらに対応する職員やシステム導入などの費用も必要ですが、給食費も食育なんですから、いっそ〝教育費は無償”の観点で徴収しなければ学校も保護者も喜ぶこと間違いなしです。

 先日発表された全国学力テストの結果は、30人学級を推進している秋田県がトップ、同様に少人数学級を実施している福井県や石川県が2位・3位と続き、大阪府は下から2番目という結果が出ていました。

 少人数学級の推進、給食費は無償…そうなってこそ教育日本一と言えるのではないでしょうか。池田市も是非そういう日本一をめざせる支援をしてほしいものです。
 
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2017-09-11 01:30 | 教育
2017年9月8日(金)

c0133422_1165758.jpg 「池田北高校 最後の文化祭」と今朝の読売新聞が報じていました。

 黒田革新府政の時代に「15の春は泣かせない」と高校建設が各地で行われました。その時代に伏尾台の開発と同時に建設を約束され、1984年に開校されたのが池田北高校です。1期生は12学級約560人が入学していたんですね。

 しかし、阪急電車で池田駅に降りてもさらにバス通学しなければならないという立地条件も影響してか最近は定数割れが続いていました。そのせいか少人数学級で「勉強が良くわかるようになった」との声も聞かれていましたが、維新府政のもとで、〝定数割れが3年続いたら廃校!” と切って捨てられ、府教委は2014年に廃校を決定。

 当時高校生たちが池田駅で「政治の都合で私たちの学校を無くさないで下さい!」と訴えていたのを思い出します。生徒や保護者のみなさんが沢山の署名を集めて府教委に提出されましたが、覆されることなく廃校が決まり、今年最後の高校3年生約90人が、明日最後の文化祭「第33回池北祭 いけきた ざ ふぁいなる ~おわらない いけきた~」を開くそうです。

 模擬店だけでなく、生徒たちが学校への思いを叫ぶ「大声コンテスト」、卒業生が代表を務める太鼓集団「疾風(かぜ)」の演奏もあるそうです。茶道部のお茶、池北らしい軽音楽部や現学部・コーラス部の演奏をはじめ各クラブが日ごろの活動の成果を披露します。参加自由。午前10時から催しが行われ体育館での大声コンテストは午後1時からとか。生徒たちの最後の思いを是非お聞きください。

 今議案に出ている福祉医療の負担増(対象者の拡大分は受益者負担で、との考え)も同様ですが、教育にも福祉にも税金をつぎ込む考えのなさそうな維新府政。

 それを象徴するような、大阪府立病院機構「大阪母子医療センター」の保育器クラウドファンディング…命の危険がある新生児を搬送するのに必要な専用保育器(耐用年数10年を全部過ぎている・1台250万円)を、予算がないから買い換えられないと、インターネットを通じて資金を公募する…との記事にも唖然としました。赤ちゃんの命を守る保育器を買うお金がなくてもカジノ万博には平気でお金をつぎ込むんですね…お金がないんじゃないんです。いのちを守るために使うお金をけちるんですヽ(`Д´)ノプンプン

 カジノも万博もいらないから、子どもたちの命を守るために、教育を守るためにこそ、私たちの税金を使って欲しい…と声を大にして言いたい!
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2017-09-08 23:58
2017年9月6日(水)

c0133422_1344740.jpg 8月の終わりに、自宅の留守電に市民の方から1件の相談が入っていました。遅がけでしたがすぐに連絡を取ると、自宅前の水路の管理について、自宅を建てたときからの経緯を聞かせていただきました。

 翌日現地確認のためお家を訪ねると、こんなに早く来てくれたのかと喜んでいただき、前の水路は今は使われていない農業用水で建設当時は水利組合が管理をしていたそうです。家の横の角地は駐車場にしておられ、辻の角地なので角きりをするように言わc0133422_137739.jpgれたそうですが、北に向かう車が左折するとき水路が見えなくて脱輪する危険があるため、使っていない水路を埋めるか一部土やブロックなどを入れて危険を知らせる看板を掛けて欲しいと相談されたそうですが、水利組合からは管を入れるのなら構わないと言われたそうです。

 でも、なぜ自分がしなければならないのかと悩み、しかし通行車両の脱輪を避けるために、角から一部に鉄板をかけたそうです。今は市が管理されているため泥や草などの掃除は市から来るようになったそうですが、自分がかけた鉄板がいずれ傷んできたとき誰が責任を取るのかと心配になってきたとのことでした。

c0133422_142344.jpg 水路管理は市の責任ですから、曲がり角の危険回避も市がすべきだと担当課を訪ね、現地を確認して適切な対応をするよう求めました。

 早速その日のうちに市職員が現地確認に行かれたようで、その際ご主人がこの間悩んでいた話も聞いて下さったそうで、水路沿いに2mの白いフェンスを設置すると同時に市道の括れて狭くなった部分を修復すると言ってくれたとの喜びのハガキをいただきました。

 この場所を見に行った時、ご近所の方からも「ここは危ないんよ」と声をかけられましたが、市民の方々の安全対策のため、素早い対応をしていただいた担当課に感謝です。

 
[PR]
# by michiko_fujiwara | 2017-09-06 23:58 | 生活相談

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara@wombat.zaq.ne.jp


by michiko_fujiwara